廃品回収車への110番回数(2013年5月)
●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回

5月の廃品回収車(不用品回収車)への110番通報回数は、久しぶりに「ゼロ」でした。

そもそも、5月は本当に廃品回収車が現れなかった。
うちから見える範囲にやってきたのは、わずか2、3台ほどだったような気がします。これらはタイミングが合わずに通報できませんでしたが。

面白いことに、うちから見えないほど離れた距離から、うっすらと「こちらは~」と聞こえてきたことが3、4回ほどあったような気がします。
そんな音が聞こえると、いつ、こちらに近づいてくるか予想しながら、「来たら110番しよう」と身構えるのですが、結局、うちの近くまでは来ない業者ばかりでした。

ある日、うちから数百メートル離れたところを歩いていたら、廃品回収車に出くわしてしまいました。「うるせーな」と思いながらナンバーを見ると、なんとなく見覚えがある。家に帰って確認すると、2年近く前に一度110番したことのある業者でした。

その業者の車は、廃品回収車にしてはかなり速いスピードを出していて、しかもスピーカー音も小さめで、私の家とは逆の方向に走っていきました。
まあ、これは私の希望的観測を含めた妄想でしかありませんが、この業者は私の家の近くで通報され、警察に職務質問されたことで、「音を少し小さくしよう。スピードも上げよう。そして、通報されたあたりには近寄らないようにしよう」と考えるようになったのではないだろうか?
やっぱり、廃品回収車対策に110番は有効なんじゃないか。そんなふうに思っています。

先日、本会の会員2人とお茶を飲みながら、「どこもかしこもうるさい、うるさい」といつものように愚痴をこぼし合いましたが、私を含めた全員が「廃品回収車の騒音だけは減ってきた」と口を揃えて話しました。
3人とも場所も、立地条件もまったく違うところに住んでいるのに、廃品回収車だけは減ったと言う。やっぱり、これはどこでも同じような傾向にあるんじゃないでしょうか。

もちろん3人とも、面倒でも業者が現れたときはこまめに110番しています。それが業者の騒音を減らすのに本当に有効か、そうでもないのかはよくわかりませんが、これからも有効だと信じて続けるだけです。
関連記事


カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

 <<(次)騒音大好き「ひび やすまさ」

「表現を伝える手段」は自由ではない(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  廃品回収・移動販売 >  廃品回収車への110番回数(2013年5月)

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad