某スーパー店長と膝詰め談判
つい先ほど、買い物に行った某スーパーの店長と、膝詰めで「最近、売り場のモニターやスピーカーの音声がうるさい。どんどんひどくなる一方です。これでは落ち着いて買い物ができません。もう少し考えてほしい」と、15分近く話し合ってきました。
このエントリー、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-184.html
にも名前を出している準大手のスーパーなのですが(今後のこともあるので、とりあえず名は伏せます)、店長の答えは「確かに、少しボリュームを上げすぎているかもしれません」。そして「実はつい先日、ほかのお客様からも、同じ苦情をいただいたばかりなんです」とのこと。
「ならばなおさら、よく考えてみてください」と、念を押して帰ってきたところです。

こっちは名前を出してしまいますが、何度、苦情を言ってもまったく話が通じないイトーヨーカドーに比べれば、今回ははるかに有意義なやりとりができました。
きっとそれができたのは、私のほかにも「うるさい」と苦情を言ってくれた人がいたからでしょう。
私だけなら無視されてしまうようなことでも、ほかに同じことを言う人が1人でもいれば印象が変わってくる。
スーパーに限らずですが、騒音に対処するには、やはりまず「ちゃんと苦情を言うこと」。黙っていては伝わりません。
そして1人より2人、2人より3人と、同じことを言う人が多ければ多いほど相手も理解してくれるものなんだと、当たり前のことをあらためて感じました。

もちろん、これで本当にその店が静かになると、楽観的には考えていませんが。
そういう期待をしたあげく何十回も裏切られてきたので、そこまで甘ちゃんではありません。今回はどうなることやら。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)こんな世の中でよいのでしょうか!

政治家に「うるさい!やめろ!」と言おう(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  店・施設・商店街 >  某スーパー店長と膝詰め談判

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad