政治家に「うるさい!やめろ!」と言おう
選挙期間中はもちろんのこと、選挙とは関係なくても政治家というのは本当にうるさい。
これまでにも、この「政治家や団体がうるさい」のカテゴリでさんざん書いているとおり、本当にうんざりしています。

私はときどき、「政治家というのは『落ちるために』わざと、駅前や住宅地で騒音を撒き散らしているのではないか?」と思うのですが、彼らに決してそんな気持ちはないんでしょう。本気で「人様が迷惑に思おうがどうしようがかまわずに、大声で喚き散らすのがいいことだ」と信じているんでしょう。
まあ、それは政治家に限らず、駅のアナウンスや防災無線の放送、廃品回収車や移動販売車のスピーカー騒音など、いろいろなところで「同じ」なのだから、政治家だけを取り上げてああだこうだ言ってもしょうがないことなのですが。
要するに、日本人全体のメンタリティの問題でしょう。

住宅地で演説をしている政治家にわざわざ寄って行って、「がんばって!」などと握手を求める「アホな人」というのは、よく観察しているとけっこういるものです。
私はそもそも、政治家のがなり声など聞かされるのは苦痛なので、駅前などで政治家が演説をしていても避けて通りますが、特に選挙のときは、そこへむらがるように聴衆が集まっているのをテレビの画面で見ることがあります。
そういう光景を見ると「信じられない」としか思えないのですが、そんなふうに「騒音を自ら聞きに行って喜んでいる」連中が多いからこそ、政治家は「やはり演説は票集めに有効だ!」などと思うのでしょう。

こうした「政治家の騒音」にノーを突きつけるには本来、多くの人がまとまって苦情を言う必要があるのでしょうが、残念なことにその機運はまったく高まらないようです。
日本で唯一の「スピーカー騒音」をターゲットにした本会の会員がわずか50人程度で、しかも年々少しずつ減りつつある。
選挙に関していえば、「選挙カーからの名前の連呼を止めて」と呼びかけているツイッターがあるようですが、
https://twitter.com/NoMoreSenkyoCar
ここは2009年で更新がストップしています(Webサイトに至ってはすでに閲覧できない)。
「そろそろ静かに選挙しようよ」という、選挙騒音の告発に的を絞ったブログもありますが、
http://blog.livedoor.jp/mmatiko1/
もうほとんど更新されていないようです。

今年の夏から「ネット選挙」が解禁されるそうですが、にも関わらず政治家や役人には、「ネットでの選挙運動を認める代わり、野蛮でうるさい街頭での演説や連呼は禁止しよう」という発想がまったく思い浮かばないようですし、マスコミレベルでは知識人と言われる人ですら、誰もそういう発言をしようとしない。
唯一、選挙カーを使わない地方政治家のグループ「NO!選挙カー推進ネットワーク」
http://no-senkyo-car.com/
というのがあって、これに少しずつ参加者が増えているところに希望が持てますが、それにしても微々たる動きでしかありません。

「多くの人がまとまって苦情を言う」のはもちろん理想ですが、現実としてできることは、一人ひとりが具体的に声をあげることしかないのでしょう。
具体的に声をあげるというのは、演説や連呼をしている政治家に「うるさい! やめろ!」と言うことです。
これまでのエントリーに書いたとおり、私は共産党の政治家やその後援会を名乗る連中が演説をしているときに「うるさい!」と怒鳴りつけたり、事務所に電話して苦情を言ったりということを何度もやっています。
その結果、どうやらこの連中は、演説で住宅地を回っていても、私の家付近だけは避けて通るようになった気がします(まだ「そうなった」と言い切れるわけではないのですが)。

一人では無理だというなら、近所の人に声をかけて仲間を集めるなど工夫して、どんどん「やめろ!」と言わないと何も変わらないでしょう。
何せこの国は、「静かに暮らしたい」という人として当たり前の望みを、政治家や役人やマスコミが率先して潰しまくる国なのですから。
もう間近に迫った都議選や参院選の騒音が、本当に怖いです。
関連記事


カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

 <<(次)某スーパー店長と膝詰め談判

また来た迷惑騒音「チャルメラ」(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  政治家・団体・デモ >  政治家に「うるさい!やめろ!」と言おう

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad