スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
ますます客を「子ども扱い」する鉄道アナウンス
先日、またしても私に言わせれば「奇妙」としか言いようのない、新種の鉄道アナウンスに遭遇しました。

西武鉄道の車内で聞かされたのは、
「最近、車内で具合を悪くされるお客様が増えており、その介助のため列車の運行が遅れることが増えています。具合を悪くされたお客様は遠慮なく、早めに駅員までお申し出ください」
というような内容でした。
……なんつーか、まるで小学校で担任や保健の先生が、新入生に「具合が悪くなったら、早めに先生に言うんでちゅよー」と指導しているみたいです。

鉄道会社は利用者のことを、そこまで「指導」してやらなければいけないほど「バカ」だと思っているのでしょうか。
利用者も、こんな「ご指導」を聞かされて、「なぜ、そんなことまで偉そうに言われなきゃならんのだ」と、どうして怒らないのでしょうか。
このアナスンス、表面的には「具合が悪くなったら、駅員に言うんでちゅよー」と「ご指導」する「やさしさ」をよそおっていますが、その本質はしょせん「具合が悪くなったら早く言えよな。列車の運行を妨害するような判断ミスは絶対に許さねえぞ。そんなことまで言ってやらなきゃならないって、ほんとにガキなんだからてめえらはよ!」と言っているに過ぎないでしょう。
大の大人に向けて発する言葉じゃないですよ。
私はその日のうちに西武鉄道に電話して「こんなアナウンスはやめろ」と抗議しましたけど、そういう人、ほかに一人でもいますか???

まあ、いないんでしょうね……。
毎日毎日、「つり革におつかまりください」「荷物をお引きください」「座席は詰めてご利用ください」などと、浴びせかけられるように「ご指導」「ご注意」を聞かされて平気でいる人たち、あるいは「ご注意されてうれしい! これがやさしさだ!」などと、子ども扱いされることを積極的に喜んでいるような人たちは、こんなアナウンスが一つ増えたからといってどうということもないか、もしくは「やさしさが一つ増えた!」と喜んでいるに過ぎないんでしょう。
そもそも、車内で絶え間なく流れ続けているこうしたアナウンスを、99%の人は「ハナから聞いちゃいない」んだから、この放送だって聞こえていないんでしょう。そういう、何を聞かされても「馬の耳に念仏」でいられる人たちが、本当にうらやましいです。

同じ日にJRの駅で聞かされたのは、
「最近、駆け込み乗車が増えており大変危険です。電車をご利用の際は、あらかじめ余裕を持ってご利用ください」
という駅員のアナウンスでした。
はあ……。

何かあると「駆け込み乗車は危険です!」とヒステリックに叫ぶ駅員のアナウンスは、もはや駅や車内の風物詩ですが、それだけじゃ飽きたらず、ついに「余裕を持ってご利用ください」などと、駅員が人のライフスタイルにまで口出しをしてくるようになりましたか。

そもそも、「余裕を持って駅に行っていれば駆け込み乗車をしなくてもいい」はずだし、「駆け込み乗車をせざるを得ないのは時間に余裕がなかったからしてしまう」ものでしょう。
ならば、駅で「あらかじめ余裕を持ってご利用ください」などと、あまりにも「当たり前」のことをアナウンスしたってなんの意味もないことは、少しものを考えればわかるんじゃないのかな?
西武鉄道のアナウンスと同様、こういうバカげた放送を聞かされると、「そんな子どもに言って聞かせるようなことまで、いちいち説教するな」と本当に腹が立ちます。

このアナウンスは、JRの複数の駅で聞かされました。今後はこうした「利用者を、まるで頭の悪い子ども扱いする」ようなアナウンスが、今以上に増えていくんでしょう。
こういうアナウンスを平気で流す鉄道会社も、流されて平然としていられる利用者のほうも、ほんとにどうかしています。
日本人の精神年齢は終戦時に12歳レベルだったようですが(笑)、今は7歳くらいにまで下がっていて、今後も加速度をつけ、年に0.5歳くらいずつ下がり続けるんじゃないでしょうか。
あ、そうするとこの国はあと14、15年くらいで新生児並みの知能の人間ばかりになってしまうということで、それはもう日本が国として成り立たなくなり滅んでしまうことになるわけですが、私は別にそれでもいいですよ全然。

大日本子ども帝国ばんじゃーい! ばぶばぶ。
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)「ここがキヨスクだあー!」の金切り声

騒音テロリストには投票しない(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  駅・車内 >  ますます客を「子ども扱い」する鉄道アナウンス

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。