スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
談合坂の騒音地獄巡り
鉄道の駅ではありませんが、似たようなもので高速道路のSAやPAのうるささについて。

たまに人の車に同乗して高速に乗り、SAやPAに寄ることがありますが、先日、談合坂SAに行きました。
もう騒音地獄としか言いようがない。SAなんてどこもうるさいのはわかっていますが、談合坂、前からあそこまでひどかったか?

SAの建物内はもちろんのこと、外にまで大きな音でBGMを流し、トイレの前にもモニターを設置して、なんだかわけのわからん宣伝を放送し続けている。トイレの中にもわざわざスピーカーを付けてBGMを流しているので、BGMと入口から入ってくる宣伝放送が合わさって、落ち着いて出すものも出せません。

みやげ物屋や飲食店の店員もキーキー大声を張り上げて呼び込みをするのが多く、イライラさせられっぱなし。
下りSAでは館内に入ったところに大きな人形が置いてあり、そのスピーカーから「イラッシャイマセ!」というようなセリフが本当に大音量で流されていたので耐えられず、一回りしただけで何も買わずに退散しました。

特にパン屋「リトルマーメイド」の店員さんよ! 私は「と、とりあえずこの轟音を我慢しながら、パンだけでも買おう」と思っていたのに、あんたが私にターゲットを絞り「いらっしゃいまぜええええーーーーーどーぞご利用くだざいまぜーーーーーー!!!」と金切り声を上げるから、その瞬間に私は店を立ち去りました。
言われなきゃ利用していたのに。ま、どーでもいいことなんでしょうが。

建物から逃げ、敷地の外れのほうにある喫煙所のベンチでひと息ついていたとき、私の耳に「チュン、チュン」という鳥のさえずりが聞こえてきました。鉄道の駅で無理やり聞かされる鳥の鳴き声に毒されてしまっているので、一瞬「これも人工の鳴き声か!」と思ってしまったのが悲しい。もちろんそんなことはなく、談合坂は山の中にあり、ベンチのすぐ後ろは森なのですから、これはそこから聞こえてくる本物の鳥の鳴き声でした。実にすがすがしい。

ところが、そこからわずか10メートルも建物のほうに歩くと、そこはもうBGMがとどろいているので鳥のさえずりが聞こえなくなってしまいます。
BGMさえなければ、もっと鳥の声を楽しむこともできるのに、わざわざ山の中で自然の音を消し、人工の音だけを狂ったように流して何が楽しいのか、聞かされて何がうれしいのか、私にはまったくわかりません。
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)2度迷惑な公明党の演説

ぶんぶんうるさくなる府中駅(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  駅・車内 >  談合坂の騒音地獄巡り

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。