走り回るなうるさい広報車
私の住んでいる市では、警察の広報車が年に2~3回、「振り込め詐欺に注意しろ」と放送しながら走り回ることがあります。
去年は特に、私が(市が警察からの要請を受け流していた)防災無線からの「振り込め詐欺注意放送」に苦情を言いやめさせたので、その代わりかどうか知りませんが、警察の広報車が何度か走り回った記憶があります。どうやら、市内で大きな金額の振り込め詐欺被害があった直後に走らせているようです。

こうした警察の広報車による騒音のほか、うちの市では市の広報車が選挙のたびに「投票しろ」とおせっかいな放送をしながら走り回ります(その代わり、防災無線からの放送はありません)。まあ、これはどこの地域でも当たり前の光景なんでしょう。

数年前のことですが、いきなり「ゴミのポイ捨てをやめ、きれいな町づくりをしましょう」というような放送をしながら走り回る広報車が現れたので、すぐさま市に電話をし苦情を言ったことがあります(騒音で汚い町づくりをしているのはどっちですかね、と)。
すると市の担当者からの返事は「あの放送は、市がシルバー人材センターに頼んで、センターの広報車から流してもらっている。苦情ならセンターに言ってくれ」という内容でした(妙な方法があるものです。なんでシルバー人材センターが、スピーカー付きの広報車なんて持つ必要があるんだ?)。
私は「市が流すよう頼んでいるなら、それは市の責任だろう」と言いましたが、とにかく「やめさせたいならセンターに言え」の一辺倒だったので連絡先を聞き、すぐに電話をかけ直しました。
センターの担当者の返事は「おたくの家の周辺では音を小さくするよ」というものだったのですが、なんと「今後は月に3回、広報車を走らせていろいろなメッセージを放送する予定」とも言っていたので「そんなバカなことは頼むからやめてくれ」と強く抗議しました。
それ以来、シルバー人材センターらしき広報車が定期的に走っている様子はないので、もしかするとそのとき苦情を言ったかいがあったのかもしれません。

わたしゃ思うんですが、最近は、ケーブルテレビに加入している世帯も多いはず。私の家もケーブルテレビです(有料契約はしていませんが)。
ならば、都道府県や市町村、そして警察や消防などが地元のケーブルテレビ会社と組んで、日がな一日「注意しましょう! 気をつけましょう!」と言い続ける「防犯・防災チャンネル」みたいなものでも作って放送すればいいんじゃないでしょうか。
なんでもかんでもご注意されたくてたまらない人は、そんなチャンネルに好きなだけかじりついていれば満足できるでしょう。
私のようによけいなおせっかいをされたくない人は見なければいいだけなので、こんなに簡単な話はありません。

「この『一度かけたら絶対に外せない自転車のカギ』が3個で2000円! しかも今なら2つおまけして5個で2000円、5個で2000円です! さらに大人気の高枝切りバサミもおつけしますよ!」
「わお」
というような「●●警察署おすすめショッピング」でもやれば、警察の裏金稼ぎにもなって一石二鳥。
「我が署のミニスカポリス」とか「イケメン刑事」とか、視聴率がとれそうな企画だって、どんどんやりゃいいでしょう。
頼むからあらゆる「ご注意放送」は、そういうこちらに「受け取るか受け取らないか、取捨選択できる方法」だけで流すようにしてくれないか。本当にそう思います。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)ぶんぶんうるさくなる府中駅

迷惑「駅メロ」に鈍感な新聞(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  走り回るなうるさい広報車

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad