廃品回収車への110番回数(2013年3月)
●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回

3月の廃品回収業者(不用品回収業者)への110番回数は4回。そのうち3回は、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
にも書いた、「毎週、決まった曜日の決まった時間に現れる廃品回収業者」に対してでした。
それ以外の業者もたまに現れるのですが、通報したのは1回だけ。現れたこと自体が一月で3、4台くらいだったと思います。
数年前は、朝、目が覚めるとまず「今日はいったい、何台の廃品回収の騒音に悩まされるんだろう。4台か、5台か……」と思ってうんざりした気持ちになっていたのですが、今では様変わり。過去の1日分が今は1カ月分にまで減ったのだから、この点に関してだけはとにかくうれしいです。

しかーし、この「毎週、決まった曜日の決まった時間に現れる廃品回収業者」だけはしつこい。これもすでに書いたとおり、去年、市の職員に「この業者を廃棄物処理法違反で調査してくれ」と言い、何度かハッパをかけてようやく「業者に電話で注意し、所轄警察にナンバーを伝えて警戒するよう連絡を入れた」という返事は聞いたのですが、結果としてはなんの意味もありませんでした。業者は一時期だけ「家の近くを通るときはスピーカーの音量をかなり小さくし、スピードを出し、すり抜けるように過ぎて」行くようになっただけで、すぐ元の状態に戻って騒音を撒き散らしながら現れ続けました。

それではしょうがないので、その後も市の職員と「廃棄物処理法違反の観点から、もっときちんと対応してほしい」と交渉を続けました。
するとまず、職員は市の広報誌に「廃品回収業者を利用しないでください」と書いたチラシを挟み込み、市内全戸に配布してくれました。

画像
廃品回収を利用しないでくださいチラシ

でも、こんなことをしても、市民に「廃品回収業者を利用しないように」と啓発する意味ではやらないよりやるほうがましですが、しょせん「ある特定の業者をなんとかする」効果はないでしょう。
私から具体的に「チラシを配布してくれ」と要求したわけではないのに、わざわざ一市民の話を受けてチラシを作り、広報誌に挟み込んで全戸に配るということまでしてくれたことには驚きましたが(なんでも話してみるものだ)、これではまだまだ物足りません。

そこで「チラシを配布したのはいいことだと思いますが、私はもっと、具体的にこの業者に対応してほしいんですよ」と交渉を続け、ようやく、市の職員がこの業者が現れる曜日・時間に自宅近くで待機して、直接「あなたのしていることは廃棄物処理法違反の可能性が高いので、市内ではやめるように」と注意してくれました。

ところが、その翌週もこの業者は平気な顔をして現れました。
市の職員も、前の週にこの業者に注意したときの態度から「あれは一度言ってもやめないな」と予想していたということで、再び待機して今度は警察官の立ち会いのもと、「これ以上、市内で廃品回収を続けるなら、警察にも協力してもらい、本当に廃棄物処理法違反で調査する」と強く警告してくれました。

その結果、数週間たちますが、今のところこの業者は現れていません。
本当はまどろっこしい「注意」などではなく、本気で「調査」「捜査」をして「告発」するところまで持って行ってほしいのですが、いきなりそこまでするのは難しいという現状もわかるので、とりあえずこの状態が続くならよしとするしかありません。市の職員の対応には、途中、かなりイライラしましたが、結果的には(今のところ)感謝しています。

この業者が私の家の周囲や市内に来なくなったぶん、廃業でもしていない限り、ほかの地域がより「うるさく」なったかもしれませんが、それはその地域に住む人が自分の力で解決してほしいし、そのための法整備なども行政にしっかりやってもらうしかありません。
関連記事


カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

 <<(次)迷惑「駅メロ」に鈍感な新聞

駅メロ制作者は単なる「雑音屋」(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  廃品回収・移動販売 >  廃品回収車への110番回数(2013年3月)

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad