スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
ほん、ほ、ほ、本川越行きです
西武新宿線の「この電車は、時の鐘と蔵のまち本川越行きです」というよけいなアナウンス(私が最初の頃に聞いたときは、間違いなく「川越」と言う間違いアナウンスに何度も遭遇したのですが、いつの間にか「本川越」と、駅名だけは正しく言うようになった様子)。

先日、西武新宿駅から乗った列車の車掌は、「時の鐘と蔵のまち」を省いて、ふつーに「この電車は本川越行き」と言っていたので「あれ?」と思いました。
もしかしたら、「時の鐘と蔵のまち」を言わないことになったのか?
ところが、次の高田馬場を出たあとのアナウンスで、「この電車は、ほん、ほ、ほ、本川越行き急行です」と、駅名のところで妙につまづいていました。
たぶん、「本当は『時の鐘と蔵のまち』とつけなければならなかったのに、うっかり忘れてしまった。アナウンスの途中でそれに気づきあわてていた」のではないかと、勝手に推測しています。

そんなふうにアナウンスの途中で泡を食ってしまうくらいなら、最初から妙な宣伝文句などつけなければいい。車掌がアナウンスを「正確に、的確に」言えないなら、それは安全運行にも差し障りが出てくる問題でしょう。
西武鉄道は年々、よけいな観光案内やイベント案内の放送が徐々に増えて、どんどんうっとおしくなりつつあります。
基本的なアナウンスを間違うリスクを犯してでも、車掌や職員によけいな宣伝文句を放送させることを義務にするというのは、鉄道会社としてまったくおかしな姿勢だと思います。

それにしても、いちいち「時の鐘と蔵のまち」とつけるこのアナウンスについて検索してみたら、「おかしいだろ」と言っているブログがわずか1件しか見つからなかったというのが残念です。
関連記事


カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 <<(次)駅メロ制作者は単なる「雑音屋」

「いらっしゃいませ」は「通ります」じゃないよ(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  駅・車内 >  ほん、ほ、ほ、本川越行きです

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。