スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「いらっしゃいませ」は「通ります」じゃないよ
イライライライライライライラ!

最近のスーパー(ほかの小売店でもそうでしょうが)の店員というのは、なぜ「売り場で台車を動かすとき、客に『いらっしゃいませー、いらっしゃいませええええーーーー』と連呼」しながらやるのでしょう。
そのシチュエーションで客に向かって言う言葉で正しいのは「失礼しまーす」とか「台車通りまーす」とか「ちょっとよろしいですか」といったセリフでしょう。「いらっしゃいませ」の中のどこに「どいてください」「通してください」という意味が含まれているのか。
その場の状況にまったく合っていない「いらっしゃいませー」なんて言葉を乱発できる神経がまったく理解できません。

たぶん、「客に直接『通してくれ』と言うと、どんなにていねいな言い回しをしても『失礼なことを言うな! こっちはお客様だぞ!』と怒り出すバカがいるからなあ。とりあえず『いらっしゃいませ』と言っときゃ無難だろう」という考えなんでしょう。
店員が無意識のうちに「いらっしゃいませ」をそういう「逃げの言葉」にするから、そんな使い方が自然に蔓延してしまったのか、それとも店のもっと上のほうから、「どんなときでも、とりあえず客には『いらっしゃいませ』と言っときゃいいよ」と指示されているのかわかりませんが、本当にこういう言葉遣いはくだらないしイライラするし、逆に客をバカにしているだけだと思います。
まるで、食事の前に「いただきます」ではなく「おやすみなさい」と言って「今のが『いただきます』の意味なんですけど」と、わけのわからないことを言われているのと同じようなものです。

もちろん、こういう状況を招いているのは店の責任だけでなく、行き過ぎた「お客様社会」のせい、つまり「どんな場所でも、とことんご丁寧に扱われないと気がすまない人間ばかりになってしまった」弊害も大きいんでしょう。
客が店に「もっとかしずけ!」と要求するからそうなるのか、店が客に「うちはこんなにかしずいてますよ!」と率先してアピールしたがるからそうなるのか、それは社会学者にでも分析してもらわないとわかりませんが、いい加減、こんな負のスパイラルはそろそろやめないと、日本人は全員「失語症」になってしまうんじゃないでしょうか(ま、日本人というのはもともとある意味で失語症を患っている民族だと思うのですが)。

「もっとかしづけ!」という客からの要求については、先日、あるスーパーでもうびっくりするような出来事に遭遇したので暇があったら書きます。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)ほん、ほ、ほ、本川越行きです

驚異のシンクロ率ファミリーマート(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  「いらっしゃいませ」は「通ります」じゃないよ

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。