大型ビジョンは明らかに違法です
いろいろ調べてみて、一つ大きな勘違いをしていることに気づきました。
東京都の「環境確保条例」
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/noise_vibration/rules/speaker.html
は、「車から商業宣伝目的でスピーカーを鳴らす行為」だけでなく、「商業宣伝を目的とする拡声機の使用」なら種類を問わず対象としているので、「アドカー」はもちろん、「大型ビジョン」もこの条例による規制の対象となるはずです。
これは「アメニティ」19号掲載の「次々に建てられる大型ビジョンを廻って」(山岸輝誉香さん)を読んで気づきました。

そうすると、渋谷や新宿、その他もろもろの地域に乱立している大型ビジョンは、ほとんどがこの条例のうち、少なくとも、

1 午後7時から翌日午前8時までの間は、拡声機を使用しないこと。

2 拡声機を使用するときは、使用時間は1回10分以内とし、1回につき15分以上の休止時間をおくこと(同一場所において使用する場合に限る。)

4 拡声機(携帯用の拡声機を除く。)の間隔は50m以上とすること。

に違反しているとみて間違いなさそうです。
さらにビジョンによっては、

5 地上10m以上の位置で拡声機を使用しないこと。

6 地上5m以上の位置で拡声機(携帯用の拡声機を除く。)を使用するときは、拡声機は道路方向に平行にし、かつ、水平方向から下方30度から45度までの角度で使用すること。

に違反しているものも多いでしょう。

3 幅員5m(自動車による等移動して拡声機を使用する場合にあっては4m)未満の道路において拡声機を使用しないこと。

だけは、さすがに「道幅5メートル未満」という細い道路に面した場所に設置された大型ビジョンというのがあるかどうか知りませんので、なんとも言いようがありませんが。

また、

7 拡声機から発する音量は、別表に掲げる音量の範囲内とすること。

を見ると、地域の用途によって許可される音量が段階的に変化していますが、もっとも大きな音量が許されている「第3種区域」で上限が75デシベルですから、まさに本日計測した渋谷と新宿の大型ビジョンが、そのギリギリの線を狙ったものである(らしい)ことがわかります。

いずれにせよ、いくつかの点においては間違いなく条例違反であることが明白なので、いずれ都や各区市に対してなんらかのアクションを起こしてみるべきかもしれません。

なお、これら大型ビジョンを取り扱う業者の団体で「一般社団法人日本パブリックビューイング協会」というものがあるようです。
http://www.jpva.or.jp/index.html
「災害発生時には、屋外を往来する人々に直ちに緊急災害情報を発信いたします。その為の送受信の設備と情報源との連携体制を整えます。」などとご立派なお題目を並べて行政に取り入っている姿勢が見え見えです。
取り入れられて甘い汁を吸っているのは、どこの誰なのでしょうか?
関連記事


カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
TOP PAGE

 <<(次)リーフブロワーの音がすさまじい

渋谷、新宿、原宿で騒音測定をしました、その2(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  池袋・新宿・原宿・渋谷 >  大型ビジョンは明らかに違法です

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad