品川区議・山内あきらの迷惑街頭演説
しばらく前に、東急池上線の戸越銀座駅を降りたとき、自民党品川区議会議員・山内あきら(山内晃)という政治屋がハンドマイクを持ち街頭演説を繰り広げていました。

(山内あきらの迷惑街頭演説)

夕方の商店街が一番混む時間帯に、駅前でハンドマイクを持ち、えんえんと愚にも付かない話ばかりがなり立てている政治屋。私はそこで人と待ち合わせをしていたので動くわけにいかず、20分近く強制的にこの政治屋の迷惑騒音を聞かされるはめになりました。
私が駅に到着したとき、演説はすでに始まっていて、その場を去ってからも続いていたので、ゆうに30分は騒音を撒き散らし続けていたのでしょうか。

この政治屋は演説で、戸越銀座駅以外の池上線の駅前も含めて早朝に夕方にと連日、日替わりで演説しているようなことを言っていましたが、戸越銀座商店街の人、ほかの池上線の駅の近くに住んでいる人などは、何日かに一度はこんな騒音を無理やり聞かされ続けて、よく迷惑に思わないものですね。

演説の内容も失笑ものです。この政治屋は要は何が言いたいかというと、区議会議員から鞍替えして今年の夏の都議会議員選挙に自民党から立候補することになったので票を寄こせ、ということらしいですが、一般人の感覚からすれば、また制度面から見ても選挙など始まってもいないのに、「大変厳しい選挙戦になっておりますが、みなさまのお力添えをいただきまして」などと、有権者にはなんの関係もない自分勝手な危機感をアピールし、同情心をあおるようなことを話しているだけ。
また録音には入っていませんが、「どうかみなさまのご慈悲で、私を都議会へと送り出してください!」などと言い始めたときには、本気でぶん殴ってやろうかと思いました。政治って「慈悲」でやるものなのか? 選挙って「慈悲」で当選させてもらうものなのか? 「マニフェスト政治」だの「ネット選挙の解禁」だのと言いますが、結局のところ、こんな旧態依然とした「どぶ板選挙、同情選挙、お願いしますお願いします連呼のお涙ちょうだい土下座選挙」から抜け出そうという気が政治屋自身にさらさらないのですから、何をやっても無駄としか思えません。

山内あきらは、「大きな声でご迷惑をおかけしておりますが、私の政治の原点でありますこの街宣活動を、これからも大切にし続けます」などと言っていましたが、それは要するに「これからもおまえらに、騒音で迷惑をかけ続けるからな。こっちは嫌がられてることはわかってやってるんだからな」と宣言しているのと同じこと。
それが60代、70代といったジジイ政治屋の口から出るならまだしも、40歳そこそこで「若さをアピール(笑)」という政治屋が平然と口にするのですから始末に負えません。
しかもホームページを見ると、真っ先に載せているのが、街頭でマイクを持ってうれしそうに演説騒音を撒き散らしている自分の写真。
http://www.a-yamauchi.com/
「音」という重要な環境要素の一つにここまで鈍感な政治屋が、「エコ」だの「人にやさしい」だの言ってもなんの説得力もありません(山内あきらに限りませんが)。

追記:別のエントリーで、この山内あきらの演説が違法であることを具体的に指摘しました。
関連記事


カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

 <<(次)発車メロディーの悪影響を示す論文

「静かな街を考える会」の目的と現状(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  政治家・団体・デモ >  品川区議・山内あきらの迷惑街頭演説

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad