スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
音楽を押しつけて喜ぶ「騒音家」たち
今、知ったのですが、郵便局で流すBGMを作曲して悦に入っている連中が、何人もいるようです。

飯島玄基
http://ameblo.jp/genkiiijima/entry-11235024348.html

note native
http://notenative.exblog.jp/11724791

それどころか、郵便局は「全国500局の郵便局でも流れている話題のBGMアルバム」などと、自社で販売するCDを宣伝しています。
http://www.shop.jp-network.japanpost.jp/pc/item_list/005004000/

防災無線から「自分好みの」音楽を流し、数万という数の住民に無理やり聞かせて喜んでいる音楽家・榊原徹
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-122.html
より、郵便局という限られた施設内での音楽なので、こちらのほうがまだ騒音の「罪」は軽いかもしれません。
ですが、郵便局というのは別に音楽を聞きに行く場所ではなく、郵便物を出したり受け取ったり、あれやこれやの用事のために利用する場所です。
そんなところで、自分が聞きたいと思ってもいない音楽を無理やり聞かせられても迷惑なだけ。
「音」というものを、もっと繊細に考えられない人間は、頼むから「音楽家」だの「ミュージシャン」だのと名乗らないでくれ。そんなものは単なる「騒音家」だ。

私は自宅近くの郵便局はBGMがやかましいので、絶対に利用しません。わざわざ隣町にあるBGMのない郵便局まで行きます。
そういう人間が世の中にいるなんて、「騒音家」には想像もできないんだろうなあ。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)コンビニ、ファミレスなどのうるささ比較

インスタントラーメンのような黙祷強制放送(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  音楽を押しつけて喜ぶ「騒音家」たち

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。