東京新聞に本会代表の投書が掲載
東京新聞朝刊の読者投稿欄に、本会代表の投書が掲載されました。

東京新聞 2013年3月9日(朝刊)

心こもらぬ声掛け不要
クリス・ディーガン 68 青梅市

一日付発言欄の投稿「心動かない機械的接客」を読んで、全く同感した。

私の経験は、最寄りの金融機関にお金を下ろしに行った時のことだった。その店に入った途端、いつものように複数の「いらっしゃいませ」が耳に入った。店員は、入ってくる客の顔を見てあいさつするものとそれまでは思っていた。

ところが、いったん別室のATM(現金自動預払機)コーナーへ行って入金を確認し、一分足らずで店内に戻ると、また「いらっしゃいませ」の連発。声のする方を見ると、店員らは書類に向かって仕事に夢中だった。

本当に心のこもったあいさつなら、私が店へ戻ったときの二度目の「いらっしゃいませ」は不要で、笑顔で十分だったはず。こういった機械的なあいさつは丁寧のようで、かえって客と距離を置くものと私は思う。
関連記事


カテゴリ:「静かな街を考える会」について
TOP PAGE

 <<(次)防災無線反対の雛形文書

騒音業者からモノを買う人の程度(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  「静かな街を考える会」について >  東京新聞に本会代表の投書が掲載

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad