春もうるさい消防団
昨夜の7時半頃から8時半頃にかけ、うちの周囲で消防団がけたたましいカネの音を鳴らしながら走り回りました。
「なんだ、これは」と思い調べたら春の火災予防週間だとか。去年まで、消防団のカネの音が気になったのは年末と台風などの災害時ぐらいだったのに、なぜ今年は急に、春にまでこんなにやかましく徘徊するようになったのか。

昨日は仕事を終わらせて、ゆっくり映画を見ようとしていた矢先の騒音で、せっかくの「私の時間」が暴走族まがいの消防団のせいで台無しにされてしまいました。

頼むから「火の元に気をつけろ」なんて幼稚なことを強制的に聞かせたい人、聞かされてうれしい人は、どこかに固まって暮らしてもらえませんかね。そこだけ「騒音特区」にして、防災無線から廃品回収まで、あらゆる騒音はその区域だけで流してください。
「そんなものいらない」という人は静かに暮らしたいだけなんだから。

ま、その場合、むしろ私のような人間のほうこそある特定の区域に住め! と言われることになるでしょうが、それならそれで大歓迎。「静穏特区」を作ってくれないと、とてもこんなヒステリックで暴力的で野蛮な国に住み続けることはできません。

本当に、この国はあらゆるスピーカー騒音がエスカレートするばかり。
今日の夜はいったいどうなるのか、今から頭が痛いです。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)選挙カーの連呼は「7割が反対」と言うが……

駅でひばりを鳴かせるな!(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  春もうるさい消防団

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad