うるさい宣伝はどんどん切ります
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

上記のエントリーで書いた「生協騒音」は、苦情の電話の効果があったのか、それ以来聞こえてきません。騒音撃退成功例の一つになりました。

で、そのこととは直接関係はないのですが、今まで行ったことのなかった生協の店舗に買い物に行ってみました。
私が気にするのは、値段や品質(もちろん安いほうがいい、品質が良いほうがいいに決まってますが)より、「どれだけ騒音に悩まされずに買い物ができるかどうか」です。

私が行った生協の店舗は、
・BGMは、耳をつんざくほどうるさいというほどでもなく、「これなら静かに買い物ができる」いうほどでもない中庸の音量。
・生協という性格上、共済の勧誘などの「お知らせアナウンス」が非常に多いんじゃないかと想像していましたが、他のスーパーのさまざまなお知らせアナウンスと同じ程度の回数だった。
という意味ではましだったのですが、
・青果売り場に天井から吊した大型モニターが3台ほど、棚にやはり3台ほどの小型モニター、そして総菜売り場にも大型モニターが1台あり、やかましい宣伝を流していた。
・店員の半分くらいが、しつこくて慇懃無礼な「すれ違い挨拶」をしてきた。
という意味ではマイナスでした。
総合すると、「イトーヨーカドーよりはるかにましだが、西友よりはうるさい」という印象。ヨーカドーには絶対に行きたくないのですが、いま程度の騒音なら、たまにはこの店に我慢しながら買い物に行ってもいいか、という感じでした。

モニターからの宣伝は、青果売り場のものはスイッチや音量調節のつまみなどが見当たらなかった(最近のモニターはこういうタイプばかりなのでうんざり)のですが、総菜売り場では普通のテレビモニターにDVDプレーヤーをつないで宣伝していたので、即座にスイッチを切りました。言うまでもありません。
そして私がスイッチを切ったとき、周囲には何人かの客がいましたが、誰も急に音が聞こえなくなったことに気づきません。いつも思うのですが、「誰も聞いちゃいない、誰も気にとめていない」宣伝を、いったいなんのために流しているのか不思議です。
もちろん、私がスイッチを切ったことに気づいたものの、
「あっ、キチガイだ」
と見てみないふりをした人もいるのかもしれませんが、そんなこたあ知ったことじゃありません。あんなやかましい宣伝を聞かされながら、涼しい顔で買い物をしていられるほうがどうかしているのです。
また、私は総菜売り場のモニターの電源を切ってからも30分ほど買い物を続けたのですが、結局、最後まで店員は一人もそのモニターから宣伝が流れていないことに気づきませんでした。
……宣伝をしている当事者ですら、放送が切られていることに気づかないのですから、本当に、あんなものいったいなんのために流しているんでしょう?

生協にしろ、他のスーパーにしろ、「地球環境保護のためにレジ袋を削減しましょう!」「省エネのため店内の照明をLEDに変えました!」などと盛んにアピールしていますが、それならなぜ、よけいな電力を食うモニターやラジカセからの宣伝放送だけは続けるのでしょうか。続けるどころか、大型モニターを使った宣伝は増える一方です。
いかに、彼らの「地球にやさしく!」などという雄叫びが建前だけのものか、それだけでよくわかります。

私は、これからもスーパーなどに行ったとき、スイッチを切ったり、音量を調節したりできるモニターやラジカセの場合なら、問答無用でズバッズバッと切り続けます。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)廃品回収車への110番回数(2013年2月)

猿から一歩も進化してない日本人(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  店・施設・商店街 >  うるさい宣伝はどんどん切ります

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad