とてつもなくうるさい「カトウコーポレーション」
とてつもない騒音を撒き散らす灯油販売業者「カトウコーポレーション」は、
http://www.katou-corp.co.jp/

埼玉県桶川市に本社があり、桶川のほか神奈川県綾瀬市、千葉県印旛郡栄町、福島県本宮市、宮城県宮城郡利府町などの拠点から、かなり広範囲に営業しているようです。
http://www.katou-corp.co.jp/info/area.html

私の地域にくるタンクローリーは、ボディに大きく「カトウ」と書いてあります。違うデザインの車もあるのかもしれませんが、赤い色で山形の下に「カ」と書いたシンボルマークが車体にあるのは共通しているのではないかと思われます。
販売員が、赤いジャケットを着ているのも共通しているのかもしれません。
http://www.katou-corp.co.jp/info/heatingoil.html

音についてですが、この業者は「めだかの兄妹」を鳴らしながら、「カトウの灯油販売です。18リットル1880円。ポリ缶を道路から見える場所に置いてくだされば、こちらからお伺いします!」という、非常に甲高い女声のアナウンスを流しています。
カトウコーポレーションの音声ファイル

この音楽とアナウンスが、とてつもなくうるさい。
私の住む地域には、カトウのほかにも2社の灯油販売車がやってきます。どちらも私の家から30メートルほどの場所までやって来るのですが、これらの業者は音量が控えめなので、ほとんど気になったことはありません。そのうち1社など、この音に敏感な私が、来ていることに何年間も気づかなかったほどです(だから鳴らしてもいいと言うつもりはありませんが)。
それに比べてカトウのうるささは桁違い。150メートルほど離れた場所で鳴らしているアナウンスがはっきり聞こえるほどで、これが家の横の細い路地にまで入り込んでくるので、たまったものではありません。
カトウが飛び抜けてうるさい、しつこいというのは、今、私が住んでいる所でも、以前住んでいた東京都内の別の場所でも同様でした。

灯油に限らずあらゆる移動販売は、注文を受けて届けるとか、あらかじめ契約して届けるとか、「移動販売」ではなく「個別配達」にすれば、無関係の者にやかましい音を聞かせる必要がなくなるのに、なぜ、こういう業者はそんな簡単なことすらしようとしないのか、まったく理解できません。
いちいち注文を受けるのはコスト高になるとか、手間がかりすぎるとか、音を鳴らすことで宣伝を兼ねているんだとか言うのかもしれませんが、そんなことは知ったこっちゃありませんし、町中にやかましい音を撒き散らすことの免罪符になどなりはしません。
利用者も、「黙っていても来る業者を利用するのが一番簡単!」などと安易に考えることが、騒音を撒き散らす原因になっていることをもっと自覚して、一人でも多くがこのような騒音業者の利用をやめてくれることを望みます。
関連記事


カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

 <<(次)客がキレまくるステーキ店

騒音販売車は利用しないのが一番(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  廃品回収・移動販売 >  とてつもなくうるさい「カトウコーポレーション」

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad