スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
西友への苦情とその返事
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-150.html
のエントリーに書いた西友某店で、お客様ご意見箱に苦情を投書しました。
・最近BGMがうるさくなったので、音量を下げてほしい。
・ときどきおこなわれるウォルマートカードの絶叫勧誘はやめてほしい。

数日後、写真のような返事が張り出されていました。
・12月に有線放送の新型チューナーを設置した(それで音が大きくなったと説明している模様)。今日から音量を1段階下げた。
・カードの勧誘は、カード会社に口頭で注意をした。

西友からの返事

やはり、BGMが急にうるさくなったと感じた私の「耳」は、間違いではなかったようです。

実際、その日はBGMの音量が小さくなっていました。これならなんとか気にせず買い物ができる、という元の音量と同じ程度です。
カードの絶叫勧誘については常におこなわれているわけではないので、「口頭で注意した」という効果がどう表れるかはすぐにわかりません。

西友の騒音は、店や売り場によっても多少違うものの、
・エスカレーターの注意放送が、やたらとうるさい店もある。
・「人間自動ドア挨拶」「すれ違い挨拶」をする店員がどんどん増えている。
といった点でも気になるのですが、一度にあれこれ言っても仕方ないので、とりあえず今回の成果でよしとして、しばらく様子を見ます。
イトーヨーカドーなどの「本当に常軌を逸した騒音店」と比べれば、この状態ならはるかにましですから。

それにしても、「ご理解とご協力をお願いします」という決まり文句は、本当に気持ち悪い。
この場合なら、「こういう対応をした」という説明について「ご理解ください」という念押しの言葉を使うのは理解できますが、「ご協力」というのは何を指しているのか、さっぱりわかりません。私がいったい何に「協力」すればいいのか? なぜ「ご理解」と「ご協力」を必ずワンセットで表現しないと気がすまないのか? 「理解はするが協力はしない」という選択肢をなぜ勝手に排除するのか?
こんな、いかにも「~に協力するのは当然だろう!(要するに「もう黙ってろ! 文句を言うな!」)」と、真綿で首を絞めるように思考停止と「みんな一緒教」への帰依を強制してくる「ご理解とご協力をお願いします」という慣用句、どこでもかしこでも乱発されていますが私は大嫌いです。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)騒音販売車は利用しないのが一番

セブンのATMも音が増えた……(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  店・施設・商店街 >  西友への苦情とその返事

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。