コーラいかがですか!の雄叫び
大手シネコンに映画を見に行ったときのこと。

そのシネコンでは、上映間際まで座席の間を販売員が歩き回りながら、「コーラいかがですか! ポップコーンいかがですか!」という声を張り上げていました。
まあ、それくらいは別にかまわないのですが、私が「ちょっと、おかしいだろ」と思ったのは、「映画の盗撮は犯罪です」という警告の上映(この警告自体、客を全員犯罪者扱いしているようで私は大嫌いなんですが)が始まっても、相変わらず販売員が「コーラいかがですか! ポップコーンいかがですか!」と叫び続けていたこと。

あのなあ、「映画の盗撮は犯罪です」と「コーラいかがですか! ポップコーンいかがですか!」の、おまえはどっちを見せたいねん! 聞かせたいねん! どっちか一つにしろや! と言いたい。
「コーラいかがですか! ポップコーンいかがですか!」と叫び続けるなら、「映画の盗撮は犯罪です」という警告は「どうでもいい」ということなのだから、初めから上映しないでほしい。
逆に、本当に「映画の盗撮は犯罪です」という警告が大切だと思っているのなら、「コーラいかがですか! ポップコーンいかがですか!」と叫ぶのはやめて、警告をしっかり見せるようにすべきだろうよ。

天井から大音量のBGMやアナウンスを流し、同時に、あちこちの売り場でスピーカーや店員が絶叫するのが当たり前になっている日本の「店」。
いったい、何を「知らせたい」のか、何を「聞かせたい」のか「見せたい」のか、私にはさっぱりわかりません。
関連記事


カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 <<(次)商店街スピーカー騒音の記録その1

中央線の騒音駅化がひどい(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  店・施設・商店街 >  コーラいかがですか!の雄叫び

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad