スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
テレビの音は少しマシになったらしい
全然知らなかったのですが、テレビ放送の音量が、去年の10月から統一されていたそうですね。

テレビの音量を一定に 民放各局が来月から

 民放連は3日、テレビの番組ごとや番組とCMの間でばらつきがあった音の大きさを一定にするため、全国の民放局が10月1日から新しい音量基準を導入すると発表した。より聞きやすくするための措置で、NHKも来年春の番組から全国一斉に導入する予定。

 各局は、生放送を含む番組制作の過程で、音を「ラウドネスメーター」と呼ばれる新メーターで測定。その数値を音声レベルの国際基準にそろえ、統一感を出す。

 これまではチャンネルを変えたり、番組と番組、番組とCMが切り替わったりした際に、音をうるさいと感じたり、逆に聞こえにくく感じたりするケースがあった。

 従来のアナログ放送と違い、地上デジタル放送では高音質を生かすため番組制作時の音量のばらつきが放送に強く反映されるようになっていた。このため民放連、NHKは対応を検討していた。

 民放連は「10月以降、番組によっては、以前とは違う音の大きさで聞こえる場合もあるが、そのときは音声のボリュームを調整してほしい」としている。(共同)

http://goo.gl/s0LzT

私はあまりテレビを見ないので気づきませんでしたが、これはこれでいいことだと思います。
ただ、疑問も感じます。

・確かにテレビの音にばらつきがあると嫌ですが、うるさければ音量を絞るとか、消してしまうとか、そもそもテレビなど見ない、という自分なりの選択肢もとれます。今回の措置は賛成ですが、(あえて言えば)この程度――のことには神経質に対策をとるくせに、「逃れようのない」町中でのスピーカー騒音については、誰も「おかしい」と声を上げない、いっこうに改善しようとしない、それどころか、どこもかしこもどんどんうるさくなっていく一方というのはどういうことなのか、ますます理解に苦しみます。

・いくら音量を統一しても、番組中でタレントやアナウンサーがギャーギャー大声を張り上げて「絶叫」ばかりしていたら、放送中、相対的に「うるさいなあ」と感じる度合いは、それほど変わらないのではないかと思います。

・音の問題だけでなく、くどい、しつこい、テロップだらけの番組づくりが常態化してずいぶんたちますが、あの鬱陶しいテロップをやめるつもりはないのでしょうか。テレビにおける「音」が町中の騒音問題に相当するなら、「テロップ」は景観問題に相当するでしょう。日本の町がどこへ行っても「うるさくて」「見た目も汚らしい」のと同様、今回の措置でテレビの「うるさい」という問題を多少改善したとしても、「汚らしい」という問題は相変わらず放置したままでいるのと変わりません。

※ラウドネスというのは、
「人間の聴覚が感じる音の強さであり感覚量(心理量)のひとつである。同じ周波数の音であれば音圧が増大するほど音は大きく感じる。しかし人間の聴覚の感度は周波数によって異なるため、ラウドネスは物理的な音圧に聴覚の感度による補正をした値として算出される。ラウドネスの単位はホンである。」
http://goo.gl/Ypb0z

もっと簡単に言うと、
「人間が耳で音を聞いた時に感じる音の大きさ」
のことのようです。
http://goo.gl/XQqQT

音圧の場合、
「30デシベルの音を40デシベルにすると、物理的の音圧は10倍になるが、知覚的には10倍大きい音と評価されるとは限らない。」
わけですが、ラウドネスで計測すると、
「音圧が約10デシベル(10倍)増大すると知覚的には音の大きさは2倍に評価される関係にある。」
http://goo.gl/Ypb0z

だそうで、確かにこのほうが、耳に聞こえる音の実感に合っているような気がします。
ならば、より人間の感覚に即した「ラウドネス」でもって騒音規制の数値等を見直してほしいものですが、この「ラウドネス」は放送機器などにしか使えないのでしょうか?
関連記事


カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 <<(次)音楽もスローガンもお断りします

なぜ、ベビーカーだけ目の敵にするのか?(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  騒音をめぐるあれこれ >  テレビの音は少しマシになったらしい

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。