スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
ハンドマイクで「大変申し訳ございません!」
以前、都内の住宅街を歩いていたとき、共産党の議員が演説を始めたところに遭遇したことがあります。
「嫌なものに会ってしまった」と思い足早に通り過ぎようとしたとき、ある家の住民が窓から「うるせえ!」と議員を怒鳴りつけました。

しかしその議員は一言「大変申し訳ございません」と言った(もちろん、その言葉自体もハンドマイクで!)だけで、そのまま「えー、私たち日本共産党は~」などと、平然と演説を続ける始末。

こんな頭のネジが30本くらい抜けたような連中が跋扈しているこの国、それを許している民度の低さというのは、本当にどうかしています。
関連記事


カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

 <<(次)駅の旅行案内放送は迷惑なだけ!

今度は共産党市議会議員が来襲(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  政治家・団体・デモ >  ハンドマイクで「大変申し訳ございません!」

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。