スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
路上ライブなんて迷惑
うわああああ!

今日の朝日新聞夕刊の一面に、とんでもない記事が載っています。
ほかに大きな事件がないので、無理やり一面トップにもってきたというのがみえみえな記事ですが、これが猛烈に腹立たしい。
渋谷や新宿といった都内の繁華街だけでなく、地方の駅前などの路上でも歌い続け、多くのファンの共感を得て、11月には日本武道館でコンサートを開く夢を実現するという、宮崎奈穂子という「アーチスト」の記事です。
430466_1351327998.jpg
詳しくは記事を読んでみてほしいですが、本当にあきれるばかりです。
この宮崎奈穂子というのが、「アーチストになりたい」「武道館でコンサートを開きたい」という「夢」を見るのは勝手ですし、その夢に「共感」するファンがたくさん集まったというのなら、それはそれでけっこうなことですね。

しかし、自分の「夢」を実現するために、路上という公共の場で、他者に防ぐ手段を与えない「音の暴力」を無理やりふるい、一定数の人間には確実に苦痛を与える行為を行っていることについては、いったいどう考えているのでしょう。少しでも顧みたことや反省したことがないのは明らかでしょう。
「共感」などという安っぽい言葉を使うのはどうぞご勝手に、という感じですが、別に共感したくないし、そんな音楽は迷惑だと思う人間にも一切の拒否権を与えず、無理やり音楽を聞かせるというのは、ただの暴力行為でしかありません。

個人的なものであろうが、広く公共に関わることだろうが、「夢」や「希望」のためになら、誰もが同じ状況を同じ感受性で受け止めて、「感動」したり「共感」したりするのが当たり前!
そんな考え方を強制する社会的抑圧は年々強まるばかりのように思えますし、そのために「音」というものが所構わず乱用される頻度も増す一方のように思えます。

「あんたの個人的な夢のために、人様に音楽を無理やり聞かせるな!」
この宮崎奈穂子という「アーチスト」や、共感したというファン、そして記事を書いた朝日新聞記者の中村真理にはそう言いたい。
自分たちが「音の暴力」を振るい、それがますます乱用される風潮にも荷担していることについて、ほんの少しでいいから頭を巡らせてほしいものです。

この記事を読んで、選挙演説や繁華街の大型ビジョンといった、比較的「迷惑だなあ」と考える人が多いスピーカー騒音であっても、絶対にこの国からはなくならないなと確信しました。
こんな、「夢の実現のために努力したストリートミュージシャン」などという、一見口当たりのいい話題であっても、実態は「騒音」に変わりありません。それにきちんと「NO!」と言える社会にならないとスピーカー騒音を減らすことなどできないでしょうが、日本の社会は「夢」や「共感」、あるいは「お願い」「元気」といった情緒や感情を押しつけて当然、押しつけられるのも当然という風潮になる一方。「もっとうるさくして!」と、誰もが願っている方向に向かっているとしか思えないからです。
関連記事


カテゴリ:祭り・路上ライブ
TOP PAGE

 <<(次)メディアでの苦言より実際に行動を!

なくなってなかった「イラッシャイマセ!」(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  スポンサー広告 >  祭り・路上ライブ >  路上ライブなんて迷惑

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。