防災無線も「北の将軍様」も同じ
本日の朝日新聞夕刊より。
さすがは北の将軍様。
「北朝鮮では、人工衛星から地球に向けて、金日成と金正日の歌を響き渡らせている」
のだそうです。
430466_1355388837.jpg
でも、考えてみれば、日本だってやっていることはまったく同じです。
全国のほとんどの自治体が、防災無線からけたたましい音楽やアナウンスを強制的に響き渡らせ、どんなに「嫌だ、うるさい、聞きたくない」と言う人がいても、やめようとしないのですから。

市民に強制的に市歌を聞かせて当然と考える狛江市の事例など、まさにその典型例。音楽家の榊原徹氏がやっていることは、北の将軍様とどこが違うのでしょう?
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)共産党の騒音が二桁にリーチ!

廃品回収車への110番回数(2012年11月)(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  防災無線も「北の将軍様」も同じ

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad