瑞穂町の防災無線の事例
東京都瑞穂町では町民からの苦情で、平成21年に「防災無線の昼のチャイムは廃止」したそうです。
http://www.town.mizuho.tokyo.jp/mayor/21q&a.html
「なぜ防災無線の昼のチャイムは廃止したのか」

「防災無線は、災害発生時および緊急時に使用するものですが、今まで、昼と夕方に行っていたチャイムは、防災行政無線の作動確認のために実施していました。
その後、機器も性能が向上し、作動確認は夕方の1回で十分と考えられることや、夜勤明けの人やその他多くの方から「昼のチャイムがうるさい」という苦情がよせられたため廃止しました。」

「夕方のチャイム」は鳴らしているようですし、チャイム以外にどのような放送を流しているのかは、私は町民ではないのでよくわかりません。
それでもチャイム一つ減らすことができただけでも、苦情を寄せた町民は嬉しかったでしょうね。
関連記事


カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 <<(次)阿波踊りにブチ切れ!

市民のみなさまは、足元に十分ご注意ください(前)>>
 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  防災無線・広報車・夜回り >  瑞穂町の防災無線の事例

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad