「静かな街を考える会」の紹介
●わたしたちの主張

日本人は静けさを愛する国民と言われてきました。しかし、今日の日本はまさに「音」の洪水であり、それが私たちの心の安らぎを奪っています。そこで、私たちは生活環境をより快適にするために、公共空間における拡声器音を減らそうという運動を続けています。

当会が対象とする拡声器音とは次の様なものです。

1.移動営業車の商業宣伝
2.商店街における店頭放送・街頭放送・音楽
3.観光地などにおける音楽・宣伝放送
4.警察や役所など公共機関が行う注意・お知らせ放送
5.交通機関における大音量の過剰アナウンス
6.学校が流す大音量の校内放送・チャイム
7.選挙時の連呼など種々の営業外宣伝活動

私たちは、これら公共の場所における拡声器の暴力性を一人でも多くの方が認識して下さるよう訴えると共に、安易な拡声器の使用を止めて下さるようお願いするものです。

会は1984年の結成(旧名称・拡声器騒音を考える会)以来、機関誌『AMENITY』を発行したり、ミーティング(親睦会)を開いたり、ホームページを運営したりして活動を続けています。ぜひ、詳細をご覧ください。

「ストップ・ザ・ノイズハラスメント!」

音も環境問題の一つです。
「静穏権」の大切さについて、もっと真剣に考えてみませんか?


AMENITY34号.jpg

関連記事
カテゴリ:「静かな街を考える会」について
TOP PAGE

 

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2020年01月

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad