『うるさい日本の私』角川文庫版の紹介
 本会の会員でもある哲学者・中島義道氏の著書『うるさい日本の私』が、角川文庫から刊行されたそうです。
 その概要を「あとがき」から抜粋。

──────

角川文庫版へのあとがき

 本書の「歴史」は長い。一九九六年八月に洋泉社から単行本が出たが、それが思わぬ反響を得て、朝日新聞の「天声人語」まで取り上げてくれた。その後、いろいろなメディアで紹介され、私はNHKのラジオ放送に出演したり、講演を引き受けたりした。“The Japan Times”に大きく取り上げられ、“Chicago Tribune”にまで記事が出た。ある映画会社がこのテーマで作品を作るという話を聞き、オランダのテレビ局の取材もあった。その孤軍奮闘ぶりから「戦う哲学者」というニックネームまでいただいた。本書は一九九九年一一月に新潮文庫に、二〇一一年一月には日経ビジネス文庫に入れられた。そして、このたび角川文庫に収録されたというわけである。《中略》

 他の拙著に関して、私は売れることには比較的淡泊であるが、この「三部作」《註:『うるさい日本の私』『騒音文化論』『醜い日本の私』》に関しては、そうではない。なぜなら、私は身体の底から、わが国の街特有のうるささ、醜さに怒っており(具体的には、本書の内容を読んでください)、そして、ほとんどの同胞が(環境問題や差別問題に取り組んでいる人も)このことに無関心であることに怒っているからである。そして、多くの人に読んでもらいたいと心から願っているからである。

 しかし、運動はさらに難しくなっているようである。ことに東日本大震災以降、「絆」とか「思いやり」という美名のもとに、私が提起している問題が抹殺されてしまいがちである。最近のニュースを取ってみれば、保育園が「うるさい」という周辺住民の声により建設が見送りにされたことに対して、子供の声を「うるさい」という人はもっと豊かな心になれないものか、非寛容なぎすぎすした社会になっていくのはたまらない、子供の声が消えた社会は恐ろしい──という「優しい」論調がわがもの顔にまかり通っている。その意見が、「温かい心」や「思いやり」や「優しさ」という衣装を着ているからこそ、これに抗議することは難しいのだ。

 なお、少数ではあるが、同じ問題を真剣に取り組んでいるグループ『静かな街を考える会』を紹介しておこう。彼らは、まさに静かに根強い活動を続けており、定期的に機関誌『AMENITY』を刊行し、それはすでに三三号に達している。代表はイギリス国籍でオーストラリア育ちの翻訳家ディーガンさん。彼は日本に住んでもう四五年を越えるが、一時そのうるささに日本を去ることを考えもしたが、自分と同じ悩みを抱える人種が少数ながらこの国にも棲息していることがわかり、思いとどまり運動を続けている。《後略》

──────

 ついでなので、出版社による紹介文もそのまま掲載しよう──と思ったのですが、どうも今回の角川文庫版の内容紹介は、いまひとつピントがずれているような気がしなくもない。そこで、ここでは新潮文庫版の紹介文を転載します。

──────

 バス・電車、デパートから駅の構内、物干し竿の宣伝まで、けたたましくスピーカーががなりたてる、この日本──。いたるところ騒音だらけ。我慢できない著者は、その“製造元”に抗議に出かけ徹底的に議論する。が、空しい戦いから浮かび上がったのは、他人への押しつけがましい“優しさ”を期待する日本人の姿だった。日本社会の問題点を意外な角度からえぐる、「戦う大学教授」の怪著。

──────

 まあ、そんな本です。

 今回の角川文庫版を含め、どの版も本文の内容は変わらず、解説やあとがきが違うだけなので、既存の版を読んだ人は繰り返し目を通す必要はありません。
 でも、まだ読んだことがなく、かつ「なんで日本っちゅうのは、どこもかしこもやかましいんだろう」と少しでも疑問に思ったことのある人は、この機会に手に取ってみてほしいですね。ここだけの話、図書館で借りて読めばただですよ奥さん!

関連記事
カテゴリ:「静かな街を考える会」について
乗客の「心」にまで踏み込んでくる車掌の放送
 ある日、あるとき、あ~るところで知人と交わした会話。

 「さっき電車に乗ってるとき、車掌が『高齢者や障害をお持ちの方に、優先席を快くお譲りくださるようお願いします』って放送したじゃん」

 「そうだっけ」

 「言った言った。ま、どうせほとんどの乗客の耳を素通りしてるんだろうけどさ。でも、おれはこのアナウンスを聞かされて、一気に不愉快な気持ちになったね」

 「なんで?」

 「つまりさ。『高齢者や障害者に優先席を譲れ』と放送するのは、優先席についての情報や車内のルールを伝達しているんだと考えれば理解できる。本当は車内に『優先席』ってシールが貼ってあれば十分だと思うけど、まあ、放送するのも仕方がないかとあきらめることもできるよ。でも『快く』の一言は余計だろ」

 「なんで?」

 「だって、『快く譲る』か『嫌々ながら譲る』か『淡々と譲る』かは、個人の内面の問題だろ。どんな気持ちで席を譲るかは人それぞれの自由だし、そのときの状況によっても変わってくる。それなのになんで『快く譲れ』と、心の領域にまで車掌がずかずか踏み込んでくる必要があるんだよ。そう思わない?」

 「……」

 「『座席は快く譲りましょう』なんて言われるのは、小学校のホームルームや道徳の時間だけで十分であってさ。どうして、電車の中で大の大人が十把一絡げに『心の持ち方』を説かれにゃならんのよ。しかも、それを言ってるのは学校の先生でも寺の坊さんでもどこかの法王でもない、ただの鉄道会社の車掌なんだぜ。お前はどれだけお偉い人間なんだ、人様の心にまで踏み込んで説教する資格がどこにあるんだ、とおれは腹が立つけどね」

 「ふうん」

 「おれは別に『高齢者や障害者に優先席を譲る必要はない』と言ってるわけじゃないんだよ。ただ、車掌は『優先席は、高齢者や障害者が優先的に座るための席だ』という情報を伝えれば十分なんであって、いちいち『快く』とか人の内面まで指図するなってことなんだ(ドン!)」

 「ふーん」

 「そういえばこの前さ、電車の通路で吊革に掴まってたら、横にいたじょしこーせーが部活かなんかで疲れてたのか、立ちながら舟を漕いでたのよ。で、前の席が空いたから『君、座る?』って譲ってやったわけ。たぶんその娘は『トム・クルーズ似のかっこいいおじさん、ありがとう!』と感謝してただろうな」

 「それはきっと、『カンニングの竹山みたいな暑苦しいおっさんだし、断るのもメンドクセー』と思って座ってくれたんだよ」

 「そ、そうだったのか! 座席は快くお譲られくださるようお願いします!」

関連記事
カテゴリ:駅・車内
TOP PAGE

 

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2016年08月

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad