スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「新幹線のスピーカーをぶっ壊したい」by津川雅彦
 俳優の津川雅彦氏が、新幹線のアナウンスについて「スピーカーをぶっ壊したい」と激怒しています。といっても15年も前の文章ですが。
 縮刷版を調べていて見つけた、朝日新聞2000年4月20日付夕刊のコラムから。

――――――

オフステージ

津川 雅彦

「心」忘れたアナウンス 虚と実の狭間 3

 《前略》「心」はフランスの駅にもあった。パリからアムステルダム行きの列車に乗った時、ベルも鳴らず、アナウンスもなく、窓の景色がゆっくりと流れて、初めて動いているのに気付いた。別れの時を迎える乗客の「心」を尊重し、気付かせないように静かに走り出すことをポリシーとしているからだ。

 翻って日本の新幹線は、「列車が入ります。黄色い線よりお下がり下さい」に始まるけたたましいアナウンスとベル、動いた後も「飛び乗り飛び降りは危険です」と絶え間ない管理と案内に終始し、乗客の「心」を逆撫でする。セリフを覚えるにも、集中力が保てない。この「心」ないスピーカーどもをぶっ壊したい。

(俳優)

津川雅彦コラム.jpg

――――――

 本当にぶっ壊してくれればよかったのに(笑)。

 津川氏は<乗客の「心」を逆撫でする>と書いていますが、実は、こういう<管理と案内に終始>する<たたましいアナウンスとベル>を大多数の乗客が「望んでいる」ところに、スピーカー騒音の根本的な問題があるということは、これまでに何度も指摘したとおり。
 日本人の多くが、このような放送に<「心」ない>と腹を立てているのであれば、そんなものはとっくになくなっているはず。現実はむしろ逆で、人をバカ扱いするような放送を「心ある」と感じてしまっている人が圧倒的多数だからこそ、この国の至る所に「ああしましょう、こうしましょう、お知らせです、ご注意ください、踊り子さんには触れないでください!」式の過剰なアナウンスが溢れかえるわけです。

 それにしても、津川氏クラスの「大物」になると、新幹線は使うけど在来線に乗ることはないんだろうと思います。新幹線のアナウンスとは比べものにならない、在来線の駅や車内放送の凄まじさ(特にJRと東京メトロ)を体験したら、津川氏はいったいどうなるんだろうか。口から火を噴いて暴れ出し、本当にスピーカーをぶっ壊してくれるかな。

 私は数年に一度利用する程度ですが、新幹線のアナウンスも確かにうるさいです。特に東京駅のホームに行くときは朝からうんざりします。
 ただ、車内アナウンスについては、発車直後のだらだら続く放送は気になるものの、全体的には在来線と比べればずっとましだと思っています。なぜ、そうなのかは『京都、そして新幹線の騒音雑感その2』というエントリーに書いているので繰り返しませんが。

 このエントリーには、在来線ではあまり遭遇することがない、新幹線ならではの騒音として、乗客がパソコンのキーボードをカタカタ叩く音についても書いています。
 実は去年、東北新幹線に乗ったとき気づいたことがあります。座席の背もたれに「ノートパソコンをご利用の際は、キーボードの音にご注意ください」というような文言の貼り紙が貼られていたのです。最近になって、新幹線でキーボードの音について苦情が増えたのでしょうか。

 このブログではあまり触れていませんが、やたらに貼り紙をベタベタ貼られるのも不愉快なものです。本質的に「ああしましょう、こうしましょう!」と規範や道徳を押し付けてくるという意味で、スピーカー放送も貼り紙も同じだからです。
 ただ、放送が「耳を塞ごうがどうしようが、否応なく聞かされる」のに対して、貼り紙は「目を背ける、つむる」という手段をとることができる。だから放送より少し許容範囲を広くとって、あまり問題にしていないだけのことです。
 本当はこんな貼り紙などなくても、長時間、キーボードをカタカタカタカタ叩き続ける無神経な乗客がいなくなれば一番いいのですが、東北新幹線では貼り紙をして少しは状況が改善されたのでしょうか。
 東北より、東海道新幹線のほうがよほどパソコンカタカタいわせて「“わし、忙しくて目が回りそうな一流ビジネスパーソンだもんねケケケ”アピールをするアホ」は多いような気もしますが、現在どうなっているのかも気になります。

 しかしまあ、そうやって考えていくと、「人が直接発するやかましい音」については、この国ではわりあい「うるさいから、なんとかしよう」という方向に行くようです。
 携帯電話の通話しかり、キーボードの音しかり、新幹線では車内販売が行き来することも少なくなって、「浜松名物うなぎ弁当、温かいコーヒーに冷たいアイスクリームはいかがでしょーかあー」というしつこい声に、イライラさせられることも減りました(どうせ、採算が合わないからやめただけなんでしょうが)。
 子供連れや、昼間っから酒を飲んでいい気になっている乗客の大声についても、新聞の読者投稿欄などで「いいじゃないか」「いや、うるさい」と、ときどき議論になるのを見かけます。

 一方で、過剰なアナウンスについては減るどころか増え続けるだけ。議論が巻き起こることすらありません。JR西日本が山陽新幹線で走らせていた、車内放送を極力しない静かな車両「サイレンス・カー」も需要が少なかったようで、11年にわずか十年あまりで廃止されてしまいました。
 この車両に人気が出なかったという現実こそ、日本人が「アナウンスで指図されなきゃ気が済まないんだよ!」と考えていることの証明ですね。せっかく「鉄道会社にしては、気の利いたことをするやんけ」と思っていたのに残念です。

 芸能人が「うるさい」と怒っているコラムは、『薬屋、うるさいぞ!静かにしなさい。』というエントリーでも紹介しています。

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ:駅・車内
騒音・景観問題をめぐるリンク集
 拡声器騒音やその他の騒音、景観問題などに関するリンク集。他のエントリーで紹介しているものも含みます。新たに何か見つけたらここに追加していきます。

●「静かな街を考える会」会員の記事・サイト

至福の新幹線

拡声器騒音を考えるサイト

騒音をぶっ飛ばせ!!

騒音大国日本

セシウム災害から避難して新たな拡声器音災害に遭遇

大音量「バカ放送」で騒音性難聴の危険、救急車の10倍でも東京メトロは改善拒否

【都議選】なぜ日本人は「うるさい選挙カー」に無頓着なのか 哲学者・中島義道氏は「公共空間に対する感受性の問題」指摘

哲学者怒る「日本の公共空間はうるさすぎだ」

闘う哲学者と「うるさい日本の街」の30年戦争

日本で「お節介な注意放送」が流れる根本理由

●公的機関

NO!選挙カー推進ネットワーク

NPO法人 住環境の騒音・振動・低周波音を考える会

騒音・低周波・振動・悪臭のことなら感覚公害法律相談

東京弁護士会 公害・環境何でも110番

東京都環境局 騒音振動対策

NPO法人 電線のない街づくり支援ネットワーク

●その他のサイト

愛知県蒲郡市の騒音,行政など

学校が出す騒音を何とかしよう。

静かな街に住みたい

考え事

選挙と騒音

【署名】選挙カーからの名前の連呼を止めて

滋賀県草津市の屋外スピーカーによる騒音公害

住宅地で暮らすマナーとモラル

シューワ石油の騒音対策日記

住宅地の道路で遊ぶのはやめましょう!

違法な不動産業者の屋外広告撲滅ブログby維新太郎

シューワ石油騒音公害をなくすブログ

近隣住民から見た世田谷学園

廃品回収車の大音量スピーカーによる被害者の会

公務員から聞いた騒音解決術

アノイイング 川西市の騒音

道路遊び反対同盟

【悪質業者】電柱に貼られた不動産広告をモレなく晒すblog

改造マフラー騒音公害被害者の会

最上町の防災無線による騒音公害に抗議する

住宅街の音環境を守る会

町から廃品回収車の騒音をなくそう!

道路族.com

「阿波踊り」騒音テロ

身近な計測

騒音問題テキスト保管庫

日本語あれこれ研究室

●その他の記事

拡声器(拡声機)騒音について考える

【拍子木】火の用心がうるさい【騒音】

田舎暮らし考

うるさい日本の選挙

もうちょっと静かになりませんか、JRサン!

都心に感じる治安悪化 なぜ違法行為が取り締まられないのか

騒音に無頓着

音楽と騒音と-海外調査から帰国して文化の多様性を考える

日本人は音に寛容でよいのか

保育園の新設難航問題の落としどころはどこに求めるべきか?

駅の放送と幼稚園

日本の「う」は「うるさい」

藤沢市防災無線誤報の迷惑

日本の警告看板や禁止立札はゴミより目障りだ

防災無線のうるさいゐなかの私

日本の騒音は世界一ひどい

日本の街はうるさいのか?

防災放送で「人権相談」

駅メロ・着メロ

忍び寄る「音の花粉症」

拡声器騒音

「西東京いこいの森公園」について

拡声器がうるさいの巻

拡声器を使うような平和行進はくたばってしまえ

「囚われの聴衆事件」と最近の交通機関の車内放送

うるさいのがお好き?

犯罪者に優しい防犯パトロール

廃品回収車による騒音被害

「うるさい日本の東京メトロさん」は、 「どうしてそんなに大声でアナウンスするの、威張りたいのはわかるけど」

街がうるさいことに怒っている

透明人間への対処法

「保育園の隣に住むのは発狂レベルの騒音だった」という話

心の無いあいさつは騒音。

発車メロディーとかいう騒音を撒き散らしているJR東日本

駅の発車メロディは必要?

拡声器音をめぐる2つのエピソード

廃品回収車の2010年

日本人はうるさい

「うるさい電車の車内放送」を避けるためのテクニック

とにかくうるさいアナウンス

私設応援団について

検証 防災行政無線

店内ループBGMで店員の脳破壊が心配。ヨーカドーの「HELP!」ループなど

ひばり放送うるさい 防災無線で振り込め詐欺に気を付けましょう

〈音〉から考える-プラスとマイナス

とってもうるさい防災無線をなんとかしてほしい

毎年灯油の巡回販売にイライラさせられているので一言いいたい

ヒット大地は、防災無線放送が、大嫌い!

JRの駅構内そして車内のアナウンスはうるさい

どーでもいいけど、スーパーの店内放送。

「うるさい日本」の私が感じる、イギリスの騒音事情

「コンプライアンス」とは無縁の灯油移動販売

おせっかいなメロディ

違法爆音 廃品回収車がとにかくうるさい。ウザい。

光も音も過剰な日本

「西東京いこいの森公園」に行ってきた。

いい加減にしてほしい<車内放送

うるさい日本の私

30年以上調査無し?防災行政無線の配置の再検討を!

騒音に鈍感な人種なのだろうか?

うぜえわ! 廃品回収トラック

本当に日本はうるさい国になってしまった。

ミスタードーナツの店内放送等

家電量販店は店内放送がうるさいから行かない

うるさい車掌

市消防団に言うだけ言うぞ

“あの”喋りっぱなしの運転士が…

「うるさい日本」を哲学する

「車内放送うるさい」ワケ

夜中の防災無線

静かに暮らしたいだけの人に味方はいない

エスカレーターがうるさい

噴水と騒音

東急バス・東急電鉄の騒音

『させて頂く病』重症編

車内アナウンスのパフォーマンス

地下鉄の車内放送の音が大き過ぎる気がする件

店内放送はない方が良い

静穏な環境で生活する権利

かわいそうなスピーカーの麓の人々

呉智英の裁判~西枇杷島騒音訴訟~

防災無線 うるさい スピーカーが凶器に 音量を下げよう

5億円のデジタル防災無線は必要か

過剰な謝罪アナウンスは違和感あり

駅のアナウンスは過剰で不快!

こんな無意味・有害なことやめろ(1)

鎌田實医師 「Jアラートが作る不穏な空気に染まるな」

●論文

駅環境が旅客の駆け込み乗車行動に与える影響
(大阪大学大学院 西岡春香 2011)

駅環境が旅客の駆け込み乗車行動に与える影響
(大阪大学大学院 西岡春香・臼井伸之介 2011)

車掌の口、乗客の耳 車内放送のメディア文化史
(北海道大学大学院 小勝健一 2010)

人と音のコミュニケーションに関する調査研究―市民生活と音環境―
(財団法人サウンド技術振興財団 2007)

女子大生の靴による騒音に関する意識調査
(昭和女子大学 角田由美子 2005)

マイノリティを生みだす認識の社会的構造―拡声器騒音被害をめぐって―
(法政大学大学院 大門信也 2003)

災害情報と騒音―音の伝達にかかわる今日的問題―
(東京大学新聞研究所 廣井脩 1991)

商業宣伝等の拡声機放送に係る騒音の規制等対策について―「拡声機騒音対策検討会」報告書
(環境庁大気保全局特殊公害課 1989)

以下は福島大学・永幡幸司研究室のページに掲載されている論文から、特に興味深いもの。

公共交通機関でのユニバーサルな音声放送の検討(2015)

ノイズポリシーをめぐる覚書(2011)

音環境の政治的正しさをめぐって(2008)

育児中の母親は選挙時の街宣車放送をどのように聞いているか(2008)

公職選挙立候補者の考える街宣車放送の効用について(2007)

視覚障害者には役立たない視覚障害者のための音によるバリアフリーデザイン(2004)

視覚障害者には役立たない視覚障害者のための音によるバリアフリーデザイン―福島における事例より―(2003)

人々は防災無線をどのように聞いているか─福島県における社会調査をもとに─(2001)

防災無線で流されている放送内容と市町村勢の関係について─福島県における防災無線の実態調査(1)(2001)

地区に向けた放送に対する住民意識について─福島県下の隣接した2地区のケーススタディ─(2001)

防災無線で流すことが許される放送内容について─福島県におけるケーススタディ─(2001)

音の共同体試論(1999)

日本の生活文化における音環境の分節化の構造に関する基礎的研究(1998)

上記を含む永幡研究室の執筆文献一覧

関連記事
カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
掃除をするが轟音は撒き散らすビックカメラの矛盾
 5、6年ぶりに東京・池袋の東口、ビックカメラとヤマダ電機が互い違いに睨み合っているあたりへ。あんなところへ行きたくないけど、用事ができたので仕方なく出掛けました。

 それにしても、あいかわらず気が狂った一角ですなあ。ビックとヤマダは店員の金切り声やスピーカーからの大音響を周囲に撒き散らし、原色ギトギトの看板や幟も下品で見ちゃいられない。
 今回、ヤマダ電機の壁面に大型ビジョン(大きさとしては『中型』ぐらいか)があって、爆音を垂れ流していることに初めて気づいたのですが、あんなもの以前からあったかなあ。久しぶりの池袋なので記憶が曖昧ですが。

 ビックとヤマダだけじゃありません。あそこの交差点は昔から「富士コンタクト」やその他の呼び込みがやかましくて、邪魔で、行くたびにうんざりします。
 「警察の許可を得ていないティッシュ配りや呼び込みは違法なんだから、ぼーっと見てないで取り締まったらどうなんだよ」と、駅ビルの外れの交番にねじ込もうか……と思ったら、その交番がなくなっていることにも初めて気づきました。
 まあ、轟音にしろ呼び込みにしろ、池袋に限らずどの繁華街も同じ。いまさら何を言っても無駄なのはわかりきっているし、どうでもいいや。

 今回、特に腹が立ったのは、歩道を掃除していたビックカメラの店員です。
 私が通りかかったとき、一人の店員が歩道に設置してある「なんだかよくわからない緑色の箱(いろんなところで見かける箱。消防関係か電気関係か知らないけど、何かの設備が収納してあるんでしょう)」を、ぞうきんで舐めるように拭いていました。

 「そりゃ感心。最近の若者にしてはあっぱれ、店の指導も立派じゃ!」と言いたくなるかもしれませんが、ちょっと待て。
 自分たちの設備でもない箱を磨き上げるという「善行」をする気があるのなら、その前にまず、自らが公共空間に放っているキチガイじみた騒音をやめたらどうなんだ。ただ歩道を掃いたり拭いたりすれば、それだけで街が「キレイ」になると思い込んでいるのだとすれば、あっぱれどころかただの「浅はか」です(でも、その「浅はか」な人間ばかりなのが日本人だからなあ)。
 たとえて言えば、ビックカメラのやっていることは「犬のうんちが汚いなあ。もっと街をキレイにしなきゃ駄目だよ!」などと言いながら掃除をしているくせに、自分自身がペッペペッペと道に唾を吐いているようなものです。汚いのはどっちも一緒だっての。

 しかも、この店員が掃除をしていたのはビックカメラではなく、隣のビルの前の歩道でした。
 わざわざ別の建物の前まで行き、これ見よがしに(どうせ「業務命令」なんでしょうが)歩道の掃除をする。けれども自分たちが「音」や「看板」で、どれだけ街を汚らしくしているかには絶対に気がつかないというこの矛盾。
 さっさと通り抜けようと急ぎ足で歩いたわずか数十秒の間にも、日本人の「あまりにもとんちんかんな環境意識」について、考えさせられてしまいました。

 ちなみに、私は年に一度ぐらい「やむを得ず」家電量販店を利用するとき(耳栓必須)、「お客様のご意見」みたいなものが貼り出されていると目を通します。しかし「アナウンスやBGM、店員の呼び込みがうるさい」という意見は、数年前、ヤマダ電機某店に貼ってあった、たった1枚を見たことがあるだけ(店からのしらじらしい返事付き)。

ヤマダ電機お客様ご意見.jpg

 これじゃあ、どうしようもありません。

 そういえば吉祥寺にできたヤマダ電機の新店舗も、店の前で店員がギャースカギャースカ喚き散らしながら、日がな一日両手をパンパン叩いています。
 私はこの「両手パンパン」をされると「おれは池の鯉じゃねえ! 犬でもねえ! よちよち歩きの幼児でもねえ! オラこんな村いやだ~」と腹が立ちますが、不快感をもよおすどころか「やあ、威勢がいいなあ」と喜ぶ人たちの感受性は、さっぱり理解できません。

関連記事
カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
TOP PAGE

 

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2015年07月

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。