スーパーの大音量BGM&しつこい挨拶をやめてもらえた
 いろいろな場所で、「うるさいです」「しつこいです」「そのアナウンス、やめてくれませんか」「いったい、なんの意味があるんですか」「人をバカにしてるだけですよ」「もっと音量を下げても大丈夫でしょう」「何もできない子供のように扱われ、スピーカーからああしろこうしろと言われて我慢できるわけありません」「なぜ、この音楽を強制的に聞かせられなければならないんですか」などなど、怪物くん(昔のアニメ)のオープニングのように「うるさーい!」と言い続けています。

 毎日毎日……とはいきません。最近は平均すれば週1回にも満たないと思います。
 疲れてしまうのでなるべく文句は言いたくない。だから、行けば確実に不愉快になるファミレスやファーストフードは、もう何年も利用していません。スーパーも「ここなら、なんとか我慢できる」という店に絞って買い物をするし、電車にも極力乗りません。
 先日は、新宿から牛込柳町まで大江戸線に乗ればあっという間なのに、往復6㎞の距離を歩いて移動しました。都心へ行くのに電車を使うのは仕方ないとして、山手線内ではJRと東京メトロ、都営地下鉄にはできるだけ乗らないようにしています(バスも嫌)。

 「うるさい」と言って、状況が良くなることはほとんどありません。こちらの苦情や意見を汲み取ってもらえる可能性は、10%どころか5%以下でしょう。それでも、たまには「言ってよかった」という結果になることもあります。
 最近では、2軒のスーパーで「音」を小さくしてもらうことに成功しました。

 うちから自転車で20分以上かかるところにある某スーパーは、去年から買い物に行くようになりました。あまり知名度はありませんが、それなりの規模のチェーン店です。
 「こんなところにスーパーが!」と入ってみると、BGMの音量が比較的小さくて、売り場に液晶モニターやスピーカーも(1台しか)なく、店員がフロアで「しゃーせーーーーー、しゃーせーーーーー」と、鬱陶しい「すれ違い挨拶」「人間自動ドア挨拶」を繰り返すことも(あまり)なかったので、これはいい店を見つけたとうれしくなり、遠いけれど月に二度か三度は買い物に行くようになりました。

 ところが、何回か通ううちに、BGMの音量がどんどん大きくなっていくのに気づきました。それが気のせいということは絶対になく、私でも我慢すれば買い物ができる店内だったのに、いつの間にかうるさくて、うるさくて耐え難い店になってしまいました。

 そこで、「お客様ご意見箱」に「静かで買い物がしやすい店だったのに、最近、BGMの音量が大きくなっていませんか。カラオケボックスじゃないんだから、こんなに大きな音楽を鳴らす必要はないと思います。元の音量に戻してください」と書いて投函。
 すると、次に行ったときには音量が下がっていました。その後、何度か利用していますが、今のところ「我慢できる」状態が続いています。

 その店は、客が「ご意見箱」に投函した意見に、店が返事を書いて貼り出すという仕組みにはしていないようなので、なぜ、急にBGMが大きくなってしまったのかわかりません。私の「意見」を聞いて小さくしてくれたのかどうかもわかりません。もしかすると「たまたま」音量が大きくなって、「たまたま」小さくなっただけなのかもしれません。
 以前、別のスーパーで同じ指摘をしたところ、「有線放送の設備を入れ替えたときに音量が大きくなってしまったようだ」と返事があり、すぐに小さくなったこともあるからです。

 本当は、BGMの音量が元通りになったらそれで満足かというと、そうでもありません。できればもっと小さくしてほしいし、「盗難防止のため、自転車のかごにはネットをかけましょう」なんて、買い物とはなんの関係もなく、十把一絡げに人を子供扱いするおせっかいアナウンスも一切やめてほしい。
 レジでこちらがポイントカードを手に持って出しているのに、それを見ずに「ポイントカードはお持ちでしょーかあーーー」と機械的に声を出す(いかにも日本的な)バカ接客もやめてほしい。

 でも、あれこれ言うときりがないので、とりあえずBGMが元通りになり、「なんとか我慢できる」店に戻っただけで良しとするしかありません。何を言おうが一切無視するイトーヨーカドーやイオン、ダイエーなどと比べればはるかにましです。

 別の某大手スーパーは、BGMやアナウンスは我慢できる範囲なのですが、店員の「いらっしゃいませーーー。どーぞご利用くださいませええええーーーー。いらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。いらっしゃいませ。いらっしゃいませ。いらっしゃいませーーー。どーぞご利用くださいませええええーーーー」と、延々続く「すれ違い挨拶」「人間自動ドア挨拶」が行くたびにエスカレートして、とても耐えられない店内になってしまいました。
 先日、我慢ができなくなったので、ひときわ甲高い声で「いらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー」と繰り返していたおばちゃんに直接、苦情。

 「あなたは今、品出しをしながら商品棚に向かって、いらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。と繰り返してましたけど、いったい誰に言ってるんでしょう。挨拶というのは人の顔を見てするものなんだから、あなたのやっていることはかえって失礼な行為だと思いませんか? 同じ客と何度すれ違ってもいらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。と繰り返すのも同じです。私はもう、あなたのいらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。をさっきから20回以上聞かされてますよ。それって変だと思いませんか? あなた以外の店員さんもいらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。としつこいから、たった15分店内にいるだけで、何十回もいらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。と聞かされてるんです。あのう、スーパーの場合、どうせレジで会計をするときにいらっしゃいませ、ありがとうございました。と言ってくれるんだから、わざわざフロアでいらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。と連呼する必要なんかないと思うんですけどね。『今買え、すぐ買え、さっさと買え!』とせき立てられているようで不愉快ですよ。もっと静かで、落ち着いて買い物ができる店内にしてほしいです。『あの商品はどこですか』なんて聞いたとき、丁寧に接客してくれるのはありがたいけど、機械的にいらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。と連呼するのは、むしろ人に対して無礼な行為だと私は思うんですがどうでしょうか」

 このときの店員のおばちゃんは、私の話したことを理解してくれたような気がしました。
 だいたい、こういう話をして「確かにそうかも……」と思ってくれたか、「きちょーなごいけんありがとーございましたー」と上っ面で返事をし、実際は右の耳から左の耳に素通りしているだけ(イトーヨーカドー! ビッグエー!)かは、表情でわかります。
 このおばちゃんは「ええ、ええ」と考えながら相槌を打ち、真剣に聞いてくれたことが態度からなんとなくわかりました。

 「もし、私の意見を『そうかもしれない』と思ってくれたら、ぜひ、店長さんも含めてみなさんで考えてみてください。それでしつこい挨拶の連呼をやめてくれればありがたいです」

 そう言って帰った数日後、またその店に行ってみると、「いらっしゃいませーーー。どーぞご利用くださいませええええーーーー。いらっしゃいませーーー。いらっしゃいませーーー。いらっしゃいませ。いらっしゃいませ。いらっしゃいませーーー。どーぞご利用くださいませええええーーーー」の連呼がなくなっていました。
 3回ほど行っても、今のところはまだ、聞かされることなく済んでいます。

 この状況が、いつまで続くかはわかりません。BGMの音量が小さくなったり、しつこい挨拶が減ったりしても、すぐ元通りになってしまった……という経験は今までに何度もあります。
 それでも、私は私の言っていることが間違っているとは思わないので、元に戻ってしまったら何度でも言うしかありません。

 こういう大音量のBGMを流したり、おせっかいなアナウンスをしたり、しつこく機械的な挨拶を繰り返したりする状況を生み出している「元凶」は、「店」そのものではありません。
 こんなおかしな行為を当たり前のことだと信じて疑わず、「もっと音楽を聞かせて! アナウンスで注意して! お知らせして! 何度も何度も挨拶して私を喜ばせて! いい気持ちにさせて!」と(無言のうちにでも)要求する大多数の人たちです。

 そういう日本人の意識が変わらない限り、所詮、個別の「音」にああだこうだ言ってもしょうがありません。そんなことはわかりきっているのですが、それでも「うるさーい!」と言い続けるしかありません。

関連記事
カテゴリ:店・施設・商店街
打席で音楽を聞かせる応援が「心地よい」?
 今日の朝日新聞朝刊のプロ野球記事から。
 日ハムの大谷が昨日バースデーホームランを打ったそうですが、その試合の記事で相も変わらず山口裕起という記者が、応援団のキチガイじみた騒音を賛美しています。

――――――

20歳 自ら祝うアーチ
日本ハム・大谷翔平

 幕張の風に乗って、左翼席から心地よいメロディーが耳に飛び込んできた。「ハッピーバースデートゥーユー♪」
 1回1死二塁で巡ってきた20歳最初の打席。「鳴り終わるまで打たない方がいいかな」。曲が終わった直後の3球目。バットが動く。スライダーを狙っていても、外角直球に「体が勝手に反応した」。(後略)

――――――

 で、めでたくホームランになったそうですが、なんだかなあ。

 この記者は、野球場で「シュッ! バスン! カーン!」 というような「野球そのもの」から発生する音より、野球とはなんの関係もなく鳴らされる身勝手な応援団のメロディーを聞かされるほうが「心地よい」んでしょうかね。
 ……そうなんでしょうねえ。

 私はこのシーンを動画で見るなどしていない(見れば確実に不愉快になる)ので詳細はわかりませんが、「ハッピーバースデートゥーユー♪」というのはトランペットなんでしょう、おそらく。
 試合中の選手に向けて、しかもその選手が打席に立ってまさにインプレー状態のときに、スタンドから無理やり音楽を聞かせるなんて、まともなスポーツの「応援」じゃないでしょう。
 実際、大谷自身「鳴り終わるまで打たない方がいいかな」と考えてしまったということは、本人がどういう気持ちでいたかは別として、この「応援」はプレー自体にも悪影響を及ぼしているわけです。
 ホームランになったのはあくまでも結果論。選手に「この音楽が鳴り終わるまで打たない方がいいかな」などと考えさせてしまう時点で、今のプロ野球の応援は異様としか思えません。

 しかもこの音は選手に影響を与えるだけでなく、球場全体に響き渡って、野球の音も、一緒に観戦している人との会話も、何もかも消し去るほど「暴力的」なのです。応援団の身勝手な騒音を「心地よい」と表現するなんて、そんな記者にスポーツを担当する資格なんかありゃしませんわ。

 以前、このエントリーで「イチローや松井のインタビューで、彼らもそんな日本の野球ファンのあり方、応援の仕方が嫌になったことが一因でメジャーに行くことにした、というようなことを言外に語っている雰囲気を感じたことがありました。」と書いたことがあるのですが、偶然、オリックス時代のイチローと私設応援団との確執について書いているホームページを見つけました。

 ここに書かれていることが事実かどうか、ソースが表示されていないので確認はできませんが、でたらめを書いているホームページとは思えないし、私もこれを読んで「そんなこともあったなあ」という程度には思い出しました。
 このホームページはもう10年ほど放置されているようですが、コンテンツのほとんどが日本のプロ野球のやかましい応援を批判する文章です。私は「もっともだー、もっともだ!」とうなずきながら読んでしまいました。

 私はテレビのスポーツニュースすらまともに見ることはありませんが(うるさいから)、たまたま昨日、NHK-BSの「ワールドスポーツMLB」という番組を見ました。

 やっぱりメジャーリーグの雰囲気はいい。チームや選手の細かい知識なんかなくても、あの開放的でいかにも「野球をしている、楽しんでいる」というムードこそ「ベースボール」の魅力です。応援団のヒステリックなどんちゃん騒ぎに支配されている日本のプロ野球とは大違い。
 大谷はもちろん、糸井や前田なんかにも早くメジャーリーグに行ってほしい。一流の選手はどんどんメジャーに進出して「本物の野球」をしてほしい。そして、日本のプロ野球なんか沈没してしまえばいいとすら思ってしまいます。

関連記事
カテゴリ:プロ野球の応援
保育園児奇声&小学生全力サッカーの時間差攻撃
 大した内容はありません。この時間帯(夕方3時半頃から)は、子供の奇声がうるさくて仕事にならないので、憂さ晴らしも兼ねて更新します。
 本当はどこかへ避難したいけど、静かになったらすぐ仕事を再開したいし、東京は今にも雨が降りそうなので、外出するのもおっくうです。

 今日、うちの真横にある児童公園には、今のところガキは集まっていないようです。もしかするといるのかもしれませんが、これといった奇声は聞こえてきません。
 この公園でどんな子供が奇声や絶叫を上げるかは、刻々と状況が変わっていくのですが、最近は「全力サッカーガキ」がひどいです。
 猫の額ほどの公園で力一杯サッカーをして、腹の底から「ドゥオオオオオオオオガアアアアアアアア!」「ギョゲエエエエエエエエ!」と雄叫びを上げ続けます。

 私は何度かガキどもが、その公園に面した家の壁(塀ではなく家そのもの)に、サッカーボールをガンガン蹴りつけているのを見たことがあります。
 私の家は公園を挟んだ反対側なので、その音自体は大して響いてこないのですが、不思議なのはボールをぶつけられている家の住人が、ガキどもに「やめろ」と言った形跡がないことです。防御のためにネットを張るとか、そういう気配もまったくありません。

 まあ、昼間は誰もいなくなる家かもしれないし、本人たちがなんとも思っていない(気づいていない)のならどうでもいいんですが(自分のこと以外に口出しする気もないし)、それにしても、人様の家にボールをぶつけてキーキーうれしそうに騒いでいるガキどもの憎たらしいこと。
 小学校中学年にもなって、やっていいことと悪いことの区別ぐらいつけられんのかねえ。

 今日、今の時点でうるさいのはそれとは別で、うちから70mほど離れた保育園からの奇声です。

 何度か書いたことがありますが、この保育園はうちからそれなりに距離があるので、窓を閉めていれば園児の奇声はあまり気にならない……はずなのです。
 でも、なんだか今日は凄い。
 キィーーーーー! ギャアアアアアアーーーーー! という凄まじい奇声が先ほどから続き、今も周囲の空気を切り裂いています。

 エヴァンゲリオンの最初の映画で、ネルフ本部が誰だか(誰だっけ?)の侵入攻撃を受け、火炎放射器で火だるまにされた職員が「ギャーーーーーー! ギャアアアアアアア!」と悲鳴を上げるシーンがあるのですが、あんな感じ。
 私は子供の奇声、絶叫を聞かされると反射的にそのシーンが頭に浮かんでくるほど。まさに「火だるまになって殺される断末魔の悲鳴」としか言いようのない凄まじさです。

 保育園は私の家から少し離れているし、今の季節は周囲に木が生い茂っていて、園庭の様子がよく見えません。それでも「いったい、どうなってるんだ」と思って目を懲らすと、見えるのはブランコで遊んでいる数人の子供だけ。保育の時間はほぼ終わりかけているので、親が迎えに来た子供は帰っていっているようです。
 そんな状況なのに、この凄まじい奇声。ブランコに乗っているほんの4、5人の園児だけで、「誰が殺されかけてるんだ!」と思わずにいられない絶叫が響いてきます。

 保育だの教育だの行政だのの関係者は、「子供が昔よりうるさくなったわけないだろ」などと平然と言ってのけますが、いやー、私は明らかにうるさくなった気がするなあ。数値で示すことなんかできないけど、そうとしか思えません。
 私の実家はすぐ裏が神社で、昔から子供たちの遊び場になっているのですが、そこから聞こえる子供の声をうるさいと感じたことはありませんでした。
 それなのに今は、70m先の子供の奇声がガンガンガンガン響いてくる。
 やっぱり最近の子供は声が大きくなったし、あまりにもヒステリックで、なんでもない遊びをしているだけなのにやたらとテンションを上げ、「キィィィィィー! キィィィィィー!」と叫びますよ。

 うー、まだうるさい。

 先日は、午後1時半くらいに小学生の「グォーーーー! ギェーーー! ヴァ゛ーーーー!」が聞こえてきたので、最寄りの小学校のホームページを見ると、日程一覧に「●月●日 教師の研修で授業は午前中のみ」と書いてありました。

 ……最近は、こういう日がやたらと多い。
 教師の研修というのが、月に一度か二度ぐらいあります。そのほかにも保護者会だの進路指導だの、子供のいない私にはなんだかよくわかりませんが、「授業は午前中のみ」となっている日が月に数回はあります。
 「うわ、なんでこんな早い時間に小学生の絶叫が」と思ってホームページを見ると、そういう日。そんなときは暗くなるまで憂鬱です。
 私が小学校に通っていたのは遠い昔のことなので忘れてしまいましたが、そんなに「授業は午前中のみ」って多かったかなあと不思議な気がします。
 もっとちゃんと勉強しないと、おじさんみたいなスカポンタンになってしまうぞガキどもよ。

 ようやく保育園は静かになりましたが、今度は児童公園にいつもの全力サッカーガキが現れた……。
 「ハウ! ハウ! ハウ! ハウ!」「ディーイイイイイイイヤッ! ディーイイイイイイイヤアアアアアアア!」って……お前らはハンセン&ブロディの超獣コンビか! しかもそれが集団で!
 うー。

 先日のエントリーで「最近は、ピヨピヨサンダルを見かけることが少なくなった」と書きましたが、そんなことを書いたからでしょうか、昨日、こともあろうに図書館でピヨピヨ攻撃を受けてしまいました。
 30歳くらいの母親が、幼稚園児と2、3歳くらいの子供を二人連れて図書館へ。サンダルを履いた下の子供が歩くたび「ピヨ! ピヨ! ピヨ! ピヨ!」という音が、静かな図書館の中に響きます。
 母親は、その音を気にしている様子がまったくなかったなあ。

 図書館に幼児連れでくるのはかまわないし、年齢が年齢だから子供が多少むずかったり、「ママー、あのねー」なんて話をしたりするのは全然気になりませんが、「図書館に行くんだから、ピヨピヨサンダルはやめておこう」という配慮ぐらいしてほしかった。

 私はちょうど調べものを終え、帰ろうとしていたので、何も言わずに出ましたが、もし長時間、あの「ピヨ! ピヨ! ピヨ! ピヨ!」を聞かされることになったら、「周囲の迷惑になるので、今度来るときはそのサンダルはやめてくださいね」と言いますね。たとえ職員が何も言わなくても、私は直接注意します。
 その場でサンダルを脱がすわけにいかないし、「子供を歩かせず抱っこしてください」と無茶なことを言うつもりはありませんが、「次は気をつけて」ぐらいのことは誰かが言わなきゃ駄目でしょう。
 図書館の職員は、私が帰るまでに一切注意しなかったようですが、それもなんだかなあ。
 
 まだまだ、全力サッカー獣の咆哮が続いてます。 

関連記事
カテゴリ:子供・学校・保育園
廃品回収車への110番回数(2014年6月)
 2014年6月の廃品回収車(不用品回収車)に対する110番通報は、0回でした。

 6月は、3台ぐらいしか来なかったような気がします。以前なら軽く1日分に相当する台数が1カ月分なのだから、ずいぶん減ったことになります。

 ただ、3台のうち1台はすーっと来てすーっといなくなったのですが、残りのうち1台は、2時間ほど家の周囲をうろうろしていました。もう1台も1時間ほど徘徊して、しかも夜6時半頃から7時半頃までという遅い時間に現れたので、かなり迷惑でした。

 この2台は通報してもよかったのですが、家から少し離れたところをうろちょろしていたので場所を特定しにくく、車体やナンバーも見えなかったので、面倒臭くて通報しませんでした。

 今後もこの調子で減り続けてほしいと思いますが、どうなることやら。

●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回
2013年6月  1回
2013年7月  2回
2013年8月  4回
2013年9月  0回
2013年10月  3回
2013年11月  1回
2013年12月  1回
2014年1月  1回
2014年2月  3回
2014年3月  1回
2014年4月  0回
2014年5月  1回
2014年6月  0回

関連記事
カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

<<次のページ 

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2014年07月

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター