スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
深夜の救急車が撒き散らす「ゼロリスク症候群」
 以前のエントリーで、「最近は救急車やパトカー、消防車などの緊急自動車が、サイレンと同時に『救急車通ります! 救急車通ります!』といった自動アナウンスを鳴らしっ放しにしたり、運転手が『はい左に曲がります! 左に曲がります! 直進します! 直進します!』と、絶え間なく連呼しながら走ったりするようになって、とてつもなくうるさくなった」と書いたことが、何度かあります(カテゴリ「信号・車の警告音・緊急車両」)。
 そしてそのけたたましさは、どんどんひどくなっています。

 うちは幹線道路のすぐ近くにあるので、緊急自動車がよく通るのですが、今ではこの道路を走るすべての緊急車両が「サイレン+アナウンス」になってしまって、とてつもなくうるさい――ということはこれも以前、書きました。
 昼間はもちろん、夜中で人っ子一人歩いていない、ほかに走る車もない道路でも、けたたましいアナウンスを流したり運転手がスピーカーからがなり立てたり。「そのアナウンス、誰に向かって言ってんだ? サイレンだけで十分だろう」という状況でも、常に「何かを言い続けてないと気が済まない」らしいのですが、今まではこれが「幹線道路では」という限定で済んでいました。さすがの緊急自動車も住宅地に入るとサイレンだけになっていた……のですが、やはり(他のスピーカー騒音同様)、日本社会でのアナウンスの乱用ぶりは止まるところを知らないようです。
 先ほど夜中の3時に、ついに住宅地でも「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」の連呼が聞こえてきたからです。

 サイレンと一緒に「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」という自動アナウンスが聞こえてきて、普通なら幹線道路を走っているので一度近づいたら遠ざかっていくはずなのですが、このアナウンスはどんどんうちのほうに近づいてきました。
 「おかしいな」と思って窓から外を見ると、なんと、寝静まった住宅地の道路を走る救急車が、「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」と連呼し続けていたのです。

 その救急車は、うちから数十メートルほどのところにある家の前に止まったのですが、幹線道路からその家の前までは、いかにも住宅地という典型的な生活道路です。深夜3時ですから、誰一人歩いている人などいません。私の家は、幹線道路からその家の前までの道筋がほぼ見通せるのですが、朝刊を配達するバイクの音が聞こえるほかは、人がいる気配などどこにもありません。
 それなのに、救急車はまるで幽霊か野良猫に向かって叫ぶように「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」とノンストップでアナウンスしながら走ってくるのです。曲がり角で鳴らすだけでなく、直線の部分でもアナウンスを切ろうとはしません。
 本当に「いったい、そのアナウンスはなんの必要があって、誰に向かって流している」のでしょうか?

 緊急車両だから、夜中だろうがなんだろうがサイレンを鳴らすことに文句を言うつもりはありません。もちろん状況に応じて音量などは考えてもらわなければなりませんが、救急車の場合なら、呼んだ人間に「もう近くに来てるぞ」ということを知らせ安心させるため、夜中でもサイレンを鳴らして走るのだ、という理屈は納得します(本当にそういう理屈でサイレンを鳴らしているかどうか、ではなく、私の中でそういう理由なら納得できるということ)。
 でも、明らかに歩行者も、車も、まったくいないことが「目が見える人間なら誰にでもわかる」深夜の道路で、「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」とアナウンスし続ける必要がどこにあるんだろう。しかも救急車は無音で走っているわけでなく、サイレンを鳴らしてるんだから、こんなアナウンスを鳴らすことにどんな必要性があるのか、まったく理解できません。

 いくら「左に曲がります! 左に曲がります!」と連呼したって、耳が聞こえない人にはそもそも聞こえません。「もし歩行者がいて、曲がり角から突然、現れたら轢いてしまうかもしれないだろう!」なんて過剰な心配をする人がいるのかもしれませんが、何度も言うように救急車はサイレンを鳴らしてるんだし、ライトを点けウインカーも点けてるのだから、それに加えてわざわざ「左に曲がります! 左に曲がります!」なんて連呼する必要があるとはとても思えません。しかも夜中の3時に、静まりかえった住宅地の道路で。

 「お前は人の身になって考えてみろよお! 世の中にはほんの少しでも危険があったらいけないんだよおおおお!」なんて考える人が圧倒的多数なんでしょうが、夜中の住宅地で「救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります! 救急車左に曲がります!」と連呼しなければ気が済まないというのは、一種の「ゼロリスク症候群」なんじゃないでしょうかね。
 この「ゼロリスク症候群(ゼロリスク探求症候群)」は、災害や疫病などのリスクに対してあまりにも過剰に反応する社会状況や、ちょっとしたリスクに大騒ぎする人たちのことを指した病理の概念らしく、「世の中から、ありとあらゆるリスクを完全になくさないと気が済まないんだよお!」と考えたがる日本人の性質として最近、話題になっているようです。

 この症候群は主に災害や疫病、食物だの化学物質だのといった「大きな話題」との関連で語られたり、分析されたりすることが多いようですが、そもそも私に言わせりゃもっと身近なところ――まさにここで書いたような、緊急自動車の場所も時間も考えないけたたましいアナウンスや、エスカレーターの「手すりにつかまり!」の無意味な連呼、誰も危険な目になど合っていないのに、「子供たちを守りましょう!」と毎日毎日垂れ流される防災無線の放送など――つまり、もともと日本の日常生活のあらゆる場所に蔓延しているものです。
 そして「リスクゼロを求め、そのためにならどんな場所でも、どんな状況でもアナウンスを流さないと気が済まない」日本人の、抑制のきかない一種のパニックぶりは、どんどんひどくなる一方です。

 「ゼロリスク症候群」については、もっと本を読んだりしてどんな概念なのか勉強してみたいと思いますが、これをスピーカー騒音やアナウンス騒音、そして無意味な標語看板やご注意看板が氾濫する日本社会との関連で分析してくれる人って、いないものなのかな。
 まあ、「どんなにわずかなリスクでも回避するため、ご注意アナウンスを流そう! 看板を立てよう! それは当たり前のことなのだ!」と考えてしまう「日常生活におけるゼロリスク症候群」は、識者だの研究者だのと言われる人たち自身も気づかないほど、日本人の骨の髄まで染み込んでしまっている。きっと、そういうことなんでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ:信号・車の警告音・緊急自動車
音楽聞くバカ聞かせるバカ、それに文句も言わぬバカ
 昨日、NHK-BSの『世界ふれあい街歩き』(フランスのボルドー)を見ていたら、バカでかいスピーカーをキャリーバッグのように引きずり、大音量で「ファンク」を鳴らしながら歩いていた二人のフランス人が、「僕たちはエゴイストじゃないからね。このすばらしい音楽を、みんなにも楽しんでほしいのさ!」みたいなセリフを吐いていて、「お前らアホやろ!」と、思わず頭に血が上りました。ま、このシーンを見て怒る人間もそうはいないと思いますが。

 「音楽好き」を自称する人間って、これだから嫌いなんだ。「自分が好きな音楽を、誰彼かまわず聞かせてやるぜ! だって、誰もがこの音楽を好きなんだからな!」と決めつけるその態度、考え方のほうがよほど「エゴイスト」だと、そんな簡単なことにこういう連中は、どうして気づくことができないのだろう。「音楽は世界だ!」なんて言うのは勝手だけど、その世界に他人まで巻き込まないでくれ。

 日本では「ラジカセで音楽を鳴らしながら歩くバカ」はほとんど見かけませんが、その代わり駅前で我が物顔に演奏する路上ライブや、防災無線、街頭ビジョン、駅メロなどなど、どこへ行っても「この音楽を聞け」という押しつけがましい態度がまかり通り、それに文句も言わない人ばかりあふれています。
 海外(欧米)はそういう「集団(権威)による音の押しつけ」が少ない(教会の鐘の音くらい?)代わりに、ラジカセを持ち歩き一日中ロックだのラテンだのを流したり、ホームパーティーなどで大音量で音楽をかけたりする「個人主義的なバカ」が多いのは、国民性の違いなんでしょう。国によっては車のクラクションが猛烈にうるさいみたいですが、これも「個人の発する音」ですからね。

 私は自分でCDをかけたり、ラジオをつけたりして音楽を聞くことなんて、年に一度もありません。そんなことしなくても、町に出ればもちろんのこと、家にいたって防災無線だのトラックからの「ピロリロリーン」のアラームだので、1日に何度も音楽を無理やり聞かされるし、ちょっとテレビを見れば、過剰なBGMや効果音(おまけに、おびただしいテロップ!)でお腹いっぱいになってしまうからです。それ以上「音」や「音楽」を聞きたいなどと、これっぽっちも思いません。
 そんな気持ちは、自分の好きな音楽を「誰もが好きに決まってる」と押しつけて悦に入っている「エゴイスト」さんには、到底理解できないんだろうね。

関連記事
カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
小学生の「異性アピール」が凄まじいわ
 今日、早くもエアコンのスイッチを入れました。ガキの奇声対策です。去年も6月上旬にはエアコンを入れたはずですが、今年はもっと早くなりました。

 私が悩まされているガキ騒音のうち、じつを言うと「道路遊び」については、現在、ほぼなくなりました。別にやめさせるための秘策があったわけではなく、単に道路で遊んでいるガキどもがだんだん特定のグループに絞られるようになり、最後に残ったグループも同じ場所で遊ぶのに飽きたのでしょう、最近は現れなくなっただけです。

 もちろん、そのことは喜ばしいのですが、いつ、また、どこからどんなガキが湧いてくるかはわからないので、「安心するな、安心するな」と自分に言い聞かせなければならないのは悲しいところ。
 道路遊びに本格的に悩まされるようになって2年近く、今はとりあえず小康状態を保っているという状況です。

 その一方、うちのすぐ横にある児童公園から発生するガキの絶叫、奇声は、ここ数年エスカレートするばかりです。
 これが本当にひどくて、先ほども「キエーーーーー! キエーーーーーーーーー! ギエエエエーーーーーーーーー!」という、通り魔にでも襲われたか! と思うような金切り声が聞こえてきたので、ベランダに出て公園を見ると、小学校低学年と中学年の女児が3人、自転車を乗り回しているところでした。

 えー、このガキどもは、ただ自転車に乗って、公園の中をぐるぐる回っているだけです。ジャック・ザ・リッパーや津山30人殺しの犯人(←八つ墓村のモデル)に襲われているわけでもなんでもありません。ちょっとテンションが上がって声が大きくなる、という程度ならともかく、普通に自転車に乗っているだけで「キエーーーーー! キエーーーーーーーーー! ギエエエエーーーーーーーーー!」と、あたり一面切り裂くほどの金切り声を張り上げるって、いったいなんなんだろう。
 この、耳をつんざく奇声が響いたところでプツンとキレて、家の窓をすべて閉め切りエアコンのスイッチを入れてしまいました。

 こういうガキの奇声がどんなに凄まじいかを、文字や言葉で表現するのがどれだけ難しいか、同じことで悩まされている人は誰もが感じていると思います。だからこんな書き方をしても、ガキの奇声に悩まされていない人や、「子供が大声で遊ぶのは当たり前じゃない!」などと思い込んでいる人に、この辛さが伝わるとは思いません。でも、わかる人にはわかるはずです。
 うちの現在の状況では、壁にボールをぶつけるとか、スケボーとか、そういう音はほとんどしない(しても窓を閉めていればなんとかしのげる)のですが、とにかくこの「奇声、絶叫」が耐え難いのです。

 うちの横にある猫の額ほどの広さの児童公園に集まるガキどもが、全部で何人、何グループくらいになるのかはわかりません。「うるさいなあ」と思って見ると大抵は10人前後いて、サッカーボールを蹴ったり、ブランコなどの遊具で遊んだり、自転車を乗り回したりしながら、のども裂けよとばかりに叫び続けているのですが、観察していて一つ気づいたことがあります。それは「男児と女児が一緒に遊ぶと奇声、絶叫がエスカレートする」です。

 ただ自転車に乗ったり、ボールを蹴ったり、ブランコで遊んだりしているだけなのに、男児と女児が一緒だと男児は「ウオーーーー! ウオーーーーー! ウォ、ウォ、ウォ、ウォ、グァオーーーーーーーー! グゥアオゥオゥオゥオーーーーーーー!」、女児は「キエーーーーー! キエーーーーーーーーー! ギョエー、ギョエー、キキキキキギエエエエーーーーーーーーー!」と、絶え間なく絶叫し続けますね。これが男児だけ、女児だけだと、同じ遊びをしていても絶叫、奇声はここまでひどくなりません。

 ま、これは彼ら、彼女らなりの「異性アピール」なんでしょうね。

 私みたいなおっさんに言わせれば、小学生、特に中学年にもなって男児と女児が一緒に遊ぶなんて信じられなくて、「女なんかと遊べるかよ!」「男子なんてイヤ!」となるのが普通だと思うのですが、最近は男児と女児が一緒に遊ぶ時代なんですかね。

 別にそのことをおかしいとか、「お前ら、一緒だとうるさいから別々に遊べ」なんて言うつもりはありません。
 それに前のエントリーにも書いたことがありますが、公園で子供が遊ぶのは仕方がないし、子供の声を「何デシベル以上出してはいけない」なんて規制するわけにもいきません。「ボール遊び禁止」となっている公園でサッカーをしていたら、どんな手段をとってでもやめさせますが、私の家の横の公園は残念ながら禁止されていないので、そのことをどうこう言うつもりもありません。しょうがないですね。

 でも、なんだろうなあ。私は幼稚園児か小学校低学年くらいならともかく、小学校中学年にもなって男児と女児が一緒に遊んでいることに、何か違和感を覚えてしまいます。別にそれがいけないことだと断定するつもりはないし、とにかく「違和感」としか言いようがないのですが、なんかおかしいんだよなあ。
 これくらいの年齢から一度男子と女子が別々の世界に入って、そして思春期を迎えたらお互いを意識しあうようになる――それが自然で、いつまでも男児と女児が一緒に遊んでいるのはおかしいだろう、と決めつけるつもりはないのですが、なんなんだろうこの違和感は。

 絶叫、奇声にケチつけたいから、男児と女児が一緒に遊ぶことにまでいちいち文句を言うんだろう、と思われてもしょうがないのですが、違和感を覚えてしまうのは事実なので仕方ありません。どうして「なんかヘンだな」と感じてしまうのか、それはこれからも考え続けるでしょう。
 どうせ毎日毎日、奇声に悩まされ続けているんだから、嫌でも考えてしまいますよ。エアコンなんかつけたって、所詮、気休めにしかなりませんし。
 あー、うっせ。

関連記事
カテゴリ:子供・学校・保育園
成城学園前は不動産屋の違法看板だらけ
 またまたまた、音の問題から少し離れて、不動産業者の違法看板問題について書きます。

 ゴールデンウィークの前に、仕事で小田急線の成城学園前に行ったときのこと。駅(北口)周辺の路上が、このような不動産業者の案内板だらけでした。

成城学園前不動産看板.jpg

 黄色いカラーコーンにラミネート加工した案内板を貼り、ご丁寧にチラシまでくっつけて路上に放置しています。私はどこかで飯を食おうと北口周辺をうろうろしたのですが、ざっと歩いただけで10本以上のカラーコーンが置かれているのを見ました。
 この業者は、写真では見えませんが、カラーコーンをガードレールや電柱などに針金でくくりつけ、簡単には撤去できないようにしているところが、さらに悪質です。

 写真には撮りませんでしたが、駅前の、特に人通りの多い場所(西口バスロータリー前)のカラーコーンは、誰かに蹴飛ばされたかして横倒しになったまま、歩道に転がっていました。業者は長い間、この案内板を放置し続けているのだと思いますが、雨ざらしになり、泥がついて薄汚れた案内板が路上にごろごろしている姿の醜いこと醜いこと。
 成城にお住まいのみなさんは、こういう汚らしくて邪魔なものが堂々と道に置かれていて、なぜ、平気なのでしょう?

 私は、うちの近くとか、よく通る場所にこんなものが置かれていたら、すぐ自治体か警察に言って撤去してもらいますが、成城学園前なんて仕事で行っただけで、今後また行くことがあるかどうかわかりません。自分とほぼ無関係な町のために、わざわざ時間を使う気はありません。
 成城に行ってもう1カ月近くたっているので、今、どうなっているのかわかりませんが、これを見て「見苦しいなあ。汚いよなあ」と思う住人が一人でもいたら、世田谷区か警察に「撤去してくれ。業者を取り締まってくれ」と連絡してはいかがでしょうか。これじゃ天下の高級住宅地・成城の景観が台無しだと思いませんか。
 成城成城なんて言っても美意識はたいしたことないんですね、なんて皮肉の一つも言いたくなります。ぬあーにが「成城の邸」だ「デザイナーズ」だっての。

 これまで、私は三つの自治体に、こういう不動産業者の違法看板を撤去してくれ、剥がしてくれと連絡し、日頃、どのような対策をとっているのかも聞きました。過去のエントリーに書いたことと重複しますがまとめると、

 A市 不動産業者の違法看板を見つけ次第撤去するため、専任の職員が毎日車でパトロールしています。市民から撤去してくれと連絡があれば、もちろんすぐ剥がしに行きます。剥がした看板は役所に持ち帰り、業者に取りに来させて注意しています。

 B市 外部の業者に委託して週に3日、市内をパトロールして、違法看板を見つけたら撤去しています。市民から連絡があれば、パトロール日に優先して剥がしに行きます。剥がした看板は役所に持ち帰り、業者に取りに来させて注意しています。

 C市 定期的なパトロールはしていませんが、道路課の職員はしょっちゅう市内を移動しているので、そのときに違法看板を見つけたら撤去しています。もちろん、市民から連絡があれば剥がしに行きます。また、剥がした現場で直接、業者に注意するようにしています。

 というものでした。
 世田谷区がこの問題についてどんな対応をしているのか知りませんが、違法看板なのだから「撤去してくれ、剥がしてくれ、業者を指導してくれ」と言えばやってくれます。「これって、行政に言っていいことなのかな」と躊躇する必要はありません。A市のレベルかC市のレベルかはわかりませんが、いずれにしろ「連絡すれば撤去してくれる」のは間違いないはずです。

 不動産屋の違法看板については、現時点ではどちらかというと「屋外広告物条例違反」として、行政主体の取り組みになっているようなので、平日なら役所に連絡するのが一番です。リンク先は東京都の屋外広告物条例のページですが、他の自治体にも似たような条例はあるでしょう。

 休日の場合は最寄りの交番に行き、同じように撤去と業者への注意をしてくれるよう言えばやってくれます。残念ながら、なかなか話が通じない警察官もいるので、自治体に言うよりもう少し熱心に「軽犯罪法違反、道路交通法違反なんだから、これも警察の仕事ですよ」と粘らないといけないケースもありますが、たいして面倒なことでもありません。

 こんな看板をなくして、すっきり歩きやすい道路にしたいと思いませんか。
 つーか、そもそも、誰の許可でこがいなもん置いとるんやワレ~! という話なのです。

関連記事
カテゴリ:景観
いらっしゃいあせこんちちわああああーーーーっ
 今日、コピーをとるためやむを得ず、コンビニに行ったとき。レジとフロアにいた3人ぐらいの店員が、けたたましい声で「いらっしゃいあせこんちちわああああーーーーっ」

 そして、ほかの客がドアから出入りするたび、レジに来るたび「いらっしゃいあせこんちちわああああーーーーっ」「ありがとうございあしたまらおこしくださいあせええええーーーーっ」
 コピーをとるほんの3分ほどの間に、何度「いらっしゃいあせこんちちわああああーーーーっ」「ありがとうございあしたまらおこしくださいあせええええーーーーっ」と聞かされたかわかりません。
 もちろん、私が外に出るときも「ありがとうございあしたまらおこしくださいあせええええーーーーっ」

 そして5秒後、釣り銭をとるのを忘れたことに気づいたので、ふたたびドアを開け中に入ると「いらっしゃいあせこんちちわああああーーーーっ」
 少なくともドアの近くにいた店員は、5秒前に私の顔を見ているのに。

 10秒後、釣り銭を持ってドアを出ようとすると、また「ありがとうございあしたまらおこしくださいあせええええーーーーっ」

 別に、オチのようなものはありません。ただ、どこに行ってもこんなアホらしい行為が当たり前のことになってしまっている日本の社会を、ひたすら軽蔑するだけです。

 まあ、こんなとき一度でいいから「おれが釣り銭を忘れたのは、『ツリセンノオトリワスレニゴチュウイクダサイ』って言ってくれなかったからだぞ! コピー機も店員もなんで注意してくれないんだ、やさしさがないじゃないかあ!」なんて、言ってみたいものです。気持ちいいだろうなあ。新聞に投書しちゃおうか「やさしさ足りない日本の社会」。
 私はむしろ、店内のけたたましさに耐えきれず、一刻も早く外に出たくて釣り銭を忘れてしまったわけですが。

関連記事
カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2014年05月

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。