雪のケガ人速報は別に必要ありません!
 東京は今年2度目の大雪が降っています。私はテレビをあまり見ませんが、先ほどつけたら案の定、画面には「大雪注意報」だの「●●線が運休」だのという情報が、これでもかというほどテロップで流れ続けています。

 まあ、そのように具体的な気象情報や交通情報ならテロップで流す必要性もありますが、首をひねりたくなるのは「東京で●人、神奈川で●人、埼玉で●人がケガ」とか、そんな緊急性も何もない情報まで延々と流されていることです。

 そんなこと、どうでもいいじゃん。ニュースの時間にまとめて「この雪で現在までに東京で●人、神奈川で●人、埼玉で●人がケガをしました」と報道するならいいのですが、ケガ人が出たなんてこと、わざわざテロップという手法まで使って放送するほど「今、この瞬間にも知らせなければならない重大な情報」なんですかねえ?

 「気象庁『路面の凍結やスリップに注意』呼びかけ」なんてテロップも、笑いそうになってしまいます。雪が降れば路面が凍結する、凍結すればスリップだって起きやすくなる、そんなこと常識でしょう。わざわざテロップという緊急手法を使ってまで流す情報とは思えません。それとも、「雪が降ったら道路が凍結するから注意しましょうね」と、わざわざ子どもみたいに呼びかけられないと気が済まない人が、そんなに大勢いるものなんでしょうか。

 いるんだろうなあ……。なんでもかんでも「ご注意ちまちょうね」と呼びかけられないと「なんで注意してくれないの!」とキレるような人たちがいっぱい。

 でも、昨日書いたエントリーの内容と似ますが、「どうでもいいテロップ」を流せば流すほど、「今、●●線はどうなってるかな」などと知りたくてテレビをつけた人が、その情報を手に入れるまでによけいな時間がかかってしまうのです。本当に必要な情報を伝えるには、無駄な情報が多ければ多いほど邪魔になってしまうものなのです。
 ニュースの時間に「今日の雪で、こんな被害がありました」とまとめて報道するならともかく、テロップでまでよけいな情報を流すのは百害あって一利なし。これは防災無線や駅や車内のアナウンスなど、世の中のありとあらゆる「おせっかい放送」でも同じです。
 いちいちよけいなことは言わんでくれ! とにかく、そういうことです。

 それから、先週の雪のあと、「まだ雪降ってるのに雪かきしてるアホがいた(笑)」などと嘲笑する書き込みを、ネット上でけっこう見たのですが、雪かきというのは積もってからだと雪が固まってかえって大変なので、面倒でも降っている最中から少しずつやったほうが楽なんですよ。

 雪といえば今日の朝日新聞朝刊に、自分が雪かきをしなかったせいで車を出せなくなったことに逆ギレし、「自治体はスコップやシャベルを市民に貸し出せ」「高齢者の家の周りを除雪しろ」などと無茶苦茶な投稿した人がいます。
 この人は自治体に「やれ」と言うのではなく、なぜ自ら高齢者の家の周りを除雪してあげないのでしょうか。それが、こういう人たちの大好きな「地域の絆」というやつでしょう? なんでもかんでも自治体に要求するのは勝手ですが、職員が除雪したりスコップやシャベルを貸し出したりするコストのことは、どう考えているんだろう。本当にそんなことをしたら、そのほうがよほど「経済的な損失」が大きいと思うんですが。
 首都圏の自治体が積雪対策をあまり重視していないのも、当然のことでしょう。だって首都圏はこの人の言うとおり「年に1回積雪する」程度で、別に豪雪地帯というわけじゃないんだから。
 自然災害への対策は、できることはやるべきだと私も思いますが、これはちょっと、いくらなんでも無茶振りしすぎじゃないのかなあ。

 ちょっと雪が降ったらギャー、台風が来たらギャー、気温が上がったり下がったりしたらギャー! と騒ぐ人たち。そこまで100%絶対安心社会でなければ暮らせないのなら、冷凍睡眠でもして500年後、1000年後の未来に懸けてみることをおすすめしたいですね。ま、そうしたらしたで、目が覚めたらエイリアンがうじゃうじゃいて卵を産みつけられた! なんてリスクもあるのかもしれませんが。ギャー!

――――――

(声)首都圏自治体、大雪対策を急げ

2014年2月14日05時00分

 主婦 ●●●●(東京都 42)

 首都圏を襲った8日の大雪は、私の住むマンションの機械式駐車場にも影響があった。翌日、駐車場の操作をしても積もった雪に妨げられ車を出せなくなった。気温が上がるまで2時間待ってようやく車を出すことができた。

 10日になっても一部の高速道路や鉄道が不通となるなど今年も首都圏の大雪に対する脆弱(ぜいじゃく)さが露呈された。首都圏のインフラは、あまり積雪を想定してはいないのではないか。毎年、積雪で経済的な損失が出ているのに、いつまで放置するつもりだろうか。

 異常気象が常態化しており、首都圏でも各自治体が大雪に備えて緊急態勢を整えておく必要があるのではないか。積雪は年に1回程度だから我慢をといった考えはもうやめるべきだ。スコップや雪かき用シャベルを市民に貸し出したり高齢者の家の周りの除雪をしたりするとか、自治体が具体的対策を実施すべき時期に来ている。

大雪対策を急げ

――――――

関連記事
カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
到着が3番線でも1番線でも、どっちでもいいの!
 先日、西武新宿線に乗っていて、心底「鉄道アナウンスって、本当におかしいなあ」と思わされました。終点の西武新宿駅に近づいたとき、車掌が「この電車は、3番線に到着しむぁ~す」と放送したからです。

 西武新宿駅は乗り換える路線もない、他の鉄道会社との接続もない、ただの終点です。島式(というのかな?)のホームに線路が3本あって、電車から降りた乗客が取る行動は、ただ改札を出ていくだけの駅です。
 つまり、電車が何番線に到着するかという情報は、乗客にとってなんの意味もないのです。

 これが乗り換えや接続のある駅で、「この電車は、3番線に到着します。●●方面へお乗り継ぎの方は●番線、●●鉄道をご利用の方は改札を出て左側へお進みください」などと放送するのならいいのですが、この駅では自分の乗った電車が3番線に到着するか1番線に到着するかを、乗客が把握しなければならない理由は何一つありません。
 それなのに、わざわざ「3番線に到着します」と放送する意味はなんなんだろう。

 ま、この程度のアナウンスに、必要以上に目くじら立てるつもりはありません。元からだらだら、ぐだぐだ、しつこくてうるさい車内アナウンスの中に、「この電車は、3番線に到着します」という一言が加わったからといって、もはや大した違いはないからです。
 そもそも、こんなアナウンスが流されていたことに私も先日、気づいたばかり。それ以前はあっても気にしていなかった(耳に入っていなかった)のでしょう。

 でもなあ。必要でもなんでもないアナウンスを流しているのは事実なんだから、できればやめてほしいなあ。
 西武鉄道に限らず、どの鉄道会社も過剰なアナウンスについて苦情を言うと、必ず「お客様に必要な情報を簡潔、明瞭にアナウンスするよう努力しております」などとテンプレ返事を返してくるものなのですが、この「3番線に到着します」一つとっても、そんな努力、はなからしていないのは明らかじゃないか。

 「本当に大切なこと」を効果的に周知させるには、一つひとつのアナウンスを「それは必要なのか」と検証して、無駄な放送は極力やめる。そうすれば情報というものは、もっと聞く人の耳にしっかり届くようになるものなのです。
 「3番線に到着します」ぐらい、まだかわいいほうです。日頃から「足元にお気をつけください」だの「お忘れ物にご注意ください」だの、愚にもつかないアナウンスばかりぐだぐだぐだぐだ流しているから、「●●行きは●番線にお乗り換えです」というような本当に必要な放送を流してもろくに聞かず、降りてから「●●行きはどこかしら!」などと、いちいち駅員に質問する(ピー)な客が増えてしまうんですよ。
 そこんところを、もう少し真剣に考えてくれないかなあ、特に西武鉄道より遙かにタチの悪いJRと東京メトロには!

 これは私の推測ですが、「3番線に到着します」というアナウンスをする車掌は、「●番線に到着しますって言うと、なんか鉄道っぽくていいよね!」という程度の軽い考えで、無意識に放送しているんじゃないでしょうか。ほとんど遊び半分としか思えません。
 でも、そのアナウンス、ただ無駄でうるさいだけですから~。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
おガキ様は路上で「ギャー!」、ビンを「ガチャーン!」
 また、いやーな季節がやってきてしまいました。といっても花粉症のことではありません(私は花粉症にはなっていないので)。これからいよいよ本格化するおガキ様たちの騒音のことです。

 私の家の周囲のガキ騒音は、大別すると、
 ・近くにある児童公園からの騒音
 ・家の目の前の道路からの騒音
 の二つです。

 このうち、児童公園からの騒音については、「近くに公園がある。公園がある以上、子供たちが遊びに来る。遊びに来る以上、ある程度うるさいのは仕方がない」とは思っています。現実は「ある程度」を遙かに超えた、とても耐え難い奇声や絶叫が毎日、何時間も続くのですが、「子供は何デシベル以上の声を出してはいけない」などと規制することはできないのだから、それは我慢するしかないと思っています。

 ただ、「うるさい」の元になるのは「声」だけではありません。うちの近くの公園の場合、数年前に整備され、それまでコンクリート製だったすべり台をステンレス製にされてしまったせいで、新たに発生するようになった騒音というのがあります。ガキどもがすべり台からわざと走り下りたり上ったり、すべる部分にボールをぶつけたり、棒で力一杯叩いたりするので、そのたびに「バン! バン! バン!」と、ステンレスがとてつもなく耳障りな音を出すのです。
 ガキどもは、明らかにその「音」を楽しむために、すべり台本来の使い方から逸脱した遊び方をしています。こんな騒音は、すべり台がステンレスにならず、コンクリート製のままなら発生しなかった騒音なのです。

 この問題については公園の管理者と話をしましたが、今さらすべり台をコンクリート製に戻す予算はない、ということで何も解決しませんでした。小さな児童公園なので管理者が毎日見回りに来たり、常駐したりして「すべり台にボールをぶつけてはいけないよ」と子供に注意するわけにもいきません。結局、抜本的な解決策は見当たりません。
 まあ、そんなことは予想済みだったので別に落胆もしませんでしたが、「ガキの騒音」は声がうるさいとか、ボールの音が響くなどということのほかにも、そういう意外な理由で、さまざまな騒音が発生するものなのだということです。そのことを「元気一杯遊ぶ子供の声がうるさいなんて!」「子供たちを社会から排除するな!」などと、正義感たっぷりに叫んで気持ちよくなっている人たちにも、少しは理解してもらいたいものです。
 頼むから「そのケースはどうなのか」と、状況に応じてものを考えるということをしてもらえないかなあ。

 で、私にとってより深刻な問題は、うちの目の前の道路で遊ぶガキどもの騒音です。そこは住宅地の中の道路で、特に交通量が多いわけではありませんが、それでも車やバイク、自転車、もちろん歩行者が使うための生活道路です。その道路を根城にして騒ぐガキどもが、2年ほど前から絶え間なく居着くようになってしまったのです。
 始末に負えないのは、あるグループがここを根城にして、半年後、1年後に飽きたり、行動範囲が広がったりして見かけなくなったとしても、入れ替わるようにすぐ別のグループが「ここであそぼーぜ!」とばかりたまり場にして、奇声を発したり、ボール遊びを始めたりすることです。これじゃキリがありません。

 公園で遊ぶガキがうるさい、というのは公園である以上ある程度は我慢するしかない。でも、道路はそもそも子供が遊ぶための場所じゃないのだから、これはなんとかしてやめさせたい。やめさせたいが、いくら「ここは遊ぶところじゃないよ。公園に行きなさい」と注意しても、注意しても、注意しても、今のクソガキどもの生意気さというのはちょっと度が過ぎていて、まともな返事が返ってくることはまずありません。そのときはふくれっ面をしながらいなくなったとしても、翌日には何事もなかったかのように現れるだけなのです。

 家の前数メートルの場所で、何人ものガキが集団で騒ぐというのは、こういうことです。

 ガキの奇声.mp3

 録音した音声では、初めのうちはそれほどひどくありませんが、だんだん声が大きくなっていって耳障りな絶叫に変わります。ボールをドリブルする音も加わります。2分40秒ほどのところで「ガチャーン!」という音が聞こえますが、これはゴミ置き場に出されていたビンにボールが当たり、割れてしまった音なのです。
 こんな乱暴狼藉をしているのに、このガキどもは悪びれもせずそのまま遊び続けます。

 道路を遊び場にされるというのは、こういうキチガイじみた騒ぎが目の前で延々続くということなのです。しかも冬場なら5時過ぎには暗くなるのでだいたい静かになりますが、春から秋にかけては7時過ぎまでこんな騒ぎが続くのは当たり前。すでに先日、もう真っ暗だというのに、うちの周囲は夜7時までキーキーギャーギャー、まるで動物園のような奇声が響き渡りました。

 まあ、小学校に相談に行くとか、まだ打てる手はなくもないので、これからも少しでもまともに暮らし、まともに仕事ができる環境を目指してやれることはやろうと思いますが、今日もいつの間にか放課後の動物園タイムがやってきてしまいました。いったいどんな野性の叫びが轟くのか、心が安まることはありません……。

関連記事
カテゴリ:子供・学校・保育園
路上ライブは広場や歌舞伎町でやればいい
 本日の朝日新聞夕刊に、また、路上ライブを賛美するコラムが載っていました。

――――――

(各駅停話)新宿駅 夢追い人が路上で歌う

 JR、京王、小田急、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れ、1日平均300万人以上と日本一の乗降客数を誇る新宿駅。仕事や学校から解放された乗降客らで混み合う夜、南口や西口前の路上は、観客を求める若いアーティストたちのステージになる。

 CDに合わせた独唱や、ギターやキーボードの弾き語り、バンド演奏、ダンスのほか、言葉を書にして贈る若者もいる。

 無許可の道路使用は警察官から制止されるうえ、酔客に絡まれ、通行人から罵声を浴びることも。

 ♪信じられたら 強くなれるよ――。数人の前で、アコースティックギターを爪弾きながら歌う小柄の女性がいた。さいたま市出身のmarinaさん。「できるだけたくさんの人に聴いてほしい」と繰り返し新宿の駅前に立つ。ここで知り合い、ライブハウスに聴きに来てくれるようになったファンらが支えだという。

 ギターの弾き語りでバラードを熱唱していた田部井孝明さん(26)は「少しでも疲れた心を楽に感じてくれる人がいたら」。一晩に20曲歌うこともある。「立ち止まってくれる人が勇気をくれます」。メジャーデビューの夢を追っている。(上沢博之)

新宿路上ライブ.jpg

――――――

 本当は、これについていつものような「身勝手な路上ライブ賛美」批判をだらだら書こうと思ったのですが、どう考えても「ここまで書いたらちょっとね」という皮肉しか出てこないのでやめます。とにかく路上ライブについては、「違法に路上を占拠して、自分勝手に酔いしれて、通りかかる人様に無差別に、無理やり音楽を聞かせるな」と、同じことを繰り返すしかありません。
 酔っ払いが寿司折りか何かぶら下げながら「あ~なた~にぃぃぃささあげ~たあ~~~」なんて歌っているならほほえましいものですが、路上ライブなんてものは本来「しかるべき場所でやること」を、勝手に公道を占拠して繰り広げているだけの迷惑行為なのですから。

 しかし、夜の新宿の南口や西口には、もうずいぶん行っていないのですが、いつの間にかとんでもないことになってませんか。この記事の写真は南口の甲州街道でしょう。自称ミュージシャンやその周りを取り囲む連中が路上を占拠して、歩行者の通るスペースがほとんどなくなっているじゃないですか。しかも記事を読む限り、南口や西口にはこんな連中が何組も現れるようになっているということですか? ライブだけでなくダンスだのなんだのまで現れてるんですか? なんでそんなものが放置されてるの?

 私は思うのですが、こんな状況が続くなら、そのうち「場所を巡って自称ミュージシャン同士が乱闘」だの、「狭くなった歩道のせいで通行人同士が喧嘩、一人重傷」だの、何か事件が起こる可能性も十分にあるんじゃないですかね。そうなってはじめて「路上ライブは規制すべき」なんて言っても遅いと思うのですが、世の「良識派」のみなさんは何か事が起こらない限り、こういう迷惑行為を「すてきだわ」だの「元気をもらったよ!」だのと褒めそやすだけ(その代表が、この記事を書いた記者)。そのくせひとたび事件が起きると、とたんに「前から危険だと思ってたの!」「だからさっさと規制すべきなんだよ!」などと言い始めるものなのだから、何がなんだかよくわかりません。

 それにしても上沢博之という記者は、「無許可の道路使用は警察官から制止されるうえ、酔客に絡まれ、通行人から罵声を浴びることも」などと同情的に書いていますが、無許可なんだから警察官から制止されるのは当然のことですよ。それとも朝日新聞は「路上ライブのためなら、法を破ってもかまわない」という認識なんですかね。
 酔客に絡まれたり、罵声を浴びたりすることがあるのも、そうされて仕方のないことをしているから。ただそれだけのことです。私はむしろ、こういう迷惑行為に文句を言う人がいるということがうれしいですね。「うるさい!」「邪魔だ!」当然じゃないですか。

 こんなブログで前向きな提案なんかしてもしょうがないのですが、自称ミュージシャンたちがそういう目にあいたくないと言うのなら、新宿なら南口の甲州街道を渡ったところにある、サザンテラスってんでしょうか、あの長い広場を路上ライブ用に開放すればいいんじゃないでしょうか。駅前の歩道を勝手に占拠し、大音量を撒き散らして通行妨害をするより、そのほうがよほど合理的だと思うのですが。
 あの広場の周囲には店や企業のビルしかないのだから、別に誰からも文句は出ないでしょう。あれだけ長くてでかい広場なら路上ライブが100人来てもだいじょーぶ! 自称ミュージシャンが「あそこじゃ通る人が少ないよ!」などと文句を言ってもしょうがありません。そもそも「通行人が多いところで路上ライブをする」という行為のほうがおかしいのですから。

 西口なら、ミロード? モザイク通り? なんだかよくわかりませんが、小田急と京王の駅に挟まれたところにあるオサレな坂道の商店街を開放すればいい。あそこは狭いですが通勤客がわざわざ通る場所じゃないし、店舗が「営業の邪魔になる」などと言っても、そもそも路上ライブをしたり、見たりするような連中を顧客に儲けているのがサザンテラスやモザイク通りなどの店なのだから、「それくらい自己負担しろよ」と私は思いますけどね。

 あるいは、歌舞伎町の中でもいいでしょう。歌舞伎町なんてあんなこととかこんなこととか、スペシャルな目的のある人しか行かないところなんだから、コマ劇場前の広場あたりを路上ライブに開放すればいいんです。ああいう場所を「歌舞伎町浄化作戦」などと言って規制するのに、一般の道路での迷惑行為を平気で野放しにする警察や「善良な人々」の考え方が私にはよくわかりません。

 路上ライブをしている連中は、どうしてちゃんと警察や行政と話し合い、自分たちが演奏できる場所を確保するという努力をしようとしないのでしょうか。きっと彼らの頭の中には、「♪無神経になれたら 強くなれるよ――」なんて歌詞がうずまいてるんでしょう。
 大音量騒音と通行妨害のせいで「疲れた心がさらに疲れてしまい」、「耳を塞いで早足に立ち去るしかない」状況に「絶望をもらう」路上ライブの氾濫。大型ビジョンに加えこんな騒音もひどくなる一方じゃ、ますます都心に行きたくなくなります。

関連記事
カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
廃品回収車への110番回数(2014年1月)
 2014年1月の廃品回収車(不用品回収車)に対する110番通報は、1回でした。ここんとこ、毎月一度のペースが続いています。

 1月の上旬に、かなりうるさい業者が来たので通報。下旬のある日には、朝っぱらから大音量の業者が立て続けに2台もやって来たのですが、起き抜けで110番する態勢がとれなかったので見逃しました。そのうちの1台は、検索すると異様にうるさいと悪評ぷんぷんの「元祖回収堂」。この業者は年に3、4回くらいうちの近くに現れるんだよなあ。

 それ以外の日はほとんど業者が来ることなく、1月もやはり廃品回収の騒音についてだけは、比較的悩まされずに過ごすことができました。さらに静かな環境を目指し、これからも通報を続けます。

●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回
2013年6月  1回
2013年7月  2回
2013年8月  4回
2013年9月  0回
2013年10月  3回
2013年11月  1回
2013年12月  1回
2014年1月  1回

関連記事
カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

<<次のページ 

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2014年02月

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター