赤の他人のガキなど愛せない
子どもの騒音について考えたこと。

いわゆる「母性神話」、つまり「女性なら、無条件に自分の子どもを愛するに決まっている。子どもを愛さない女性は女性じゃない」というような神話は、とっくに否定されているはずです。
子どもというのはわがままで、うるさく、扱いづらくて、付き合うのにほとほと骨が折れる。だから実の母親であっても、ときには子育てが負担になり、子どもに対して憎しみが募ったり、虐待だの育児放棄だのにつながったりしてしまうケースがいくらでもあるわけです。

かつては、そんな女性は「母親じゃない」「女じゃない」と後ろ指を指され、社会から人間失格の烙印を押されていたものですが、今では「母性というのは、自然現象のように生まれてくるものじゃない。子どもを愛し、育てるのは、社会の後押しがなければ難しいものだ。女性が自分の子どもを愛することができないと言ったり、虐待したりしたとしても、一方的に『そんな奴は母親じゃない』と批判してはいけない」という社会通念が、ある程度できあがっていると思います。
「頑張り過ぎない育児」「我慢し過ぎない育児」というようなフレーズは、今ではよく見る言葉です。

それなのに。
「母親が自分の子ども愛せない」ことがあって当然なのに、「他人の子どもを愛せないのはおかしい。他人の子どもを邪魔にしたり憎んだりするのはおかしい!」と言わんばかりの風潮だけは、いつまでもいつまでも残ったままです。
そんな風潮こそ、どう考えてもおかしい。

自分の子どもであっても、あまりにもギャーギャー泣かれたり叫ばれたり、言うことを聞いてくれなかったりして育児に手を焼くと、愛することができず、ときには憎んでしまうこともある。
それなのに、赤の他人の子どもの奇声、嬌声、バカ騒ぎなどに苦しめられている人間に対しては、「子どもは社会の宝だ。それくらい我慢しろ」だの、「子どもの声がうるさいなんて、ちょっとおかしいんじゃないですか」などと言い、相変わらず「子どもに対する無償の愛、無条件の我慢」を強いてくるのが今の社会です。

実の母親でさえ、自分の子どもを憎むことがあるのなら、赤の他人が迷惑をかけられている他人のガキを邪魔に思ったり、憎むことがあったりしても、当たり前じゃないですか。別におかしいことじゃない。
私はもともと子どもというものが「好きでも、嫌いでも、まあどちらでもない」という程度でしたが、今のように近所のガキの騒音に苦しめられるようになってからは、反吐が出るほど嫌いになってしまいました。

「そんなふうに子どもを憎んではいけない!」と言うのなら、子どもを憎まなくてもいいような環境作りを、社会全体で考えるべきでしょう。
ところが今の社会通念や「育児」だの「子ども」だのの専門家の考え、さらには行政のやることなどすべてを見ても、母親の悩みが手厚くサポートされていく一方で、その周囲で迷惑をかけられている人間の苦しみは放置され続けているのだから話になりません(母親自らが、「子どものことで、そんなに目くじら立てなくたって!」などと言うのだから始末に負えない)。

公園の騒音や保育園、幼稚園、小学校や中学校などの学校騒音全体について、「子どもなんだからしょうがない」ではなく、「どうすれば、社会全体がもっと快く、子どもを受け入れることができるのか」という視点から、もう少し真面目に考えてほしい。それが、まがりなりにも育児や教育の専門家と名乗っている連中や行政、そして母親(もちろん父親も)のすべきことでしょう。

「母性神話」が嘘なら、「赤の他人が、他人の子どもを受け入れるのは当然」という考え方も、それ以上に「ただの神話」であり嘘っぱち。そんなの、当たり前じゃないですか。
勝手に自分たちの都合のいい「神話」を押しつけないでくれ。そういうことです。

関連記事
カテゴリ:子供・学校・保育園
ごみ収集車に音楽もアナウンスも不要
このブログでは、数あるスピーカー騒音の中でも、
・自治体のごみ収集車の騒音
については、ほとんど触れていません。
それは、私の住んでいる市では幸いなことに、ごみ収集車が音楽を鳴らしたり、自治体からのお知らせ放送を流したりはしていないからです。
それでもたまに、他の町で音楽だのアナウンスだのを流しているごみ収集車に遭遇すると、「うるさいなあ。なんでこんな音が必要なんだ!?」という怒りと疑問しかわきません。

ごみ収集車というのは、エンジン音が大きく、ごみを回収するときの「グォー、グォー」という機械音も大きく、車をバックさせたりカーブを曲がったりするたびに職員が叫ぶ「オーライ! オーライ!」という声も非常に大きいので(それがうるさいとは言いませんが)、近くにごみ収集車が来たことは、家の中にいても私にはすぐにわかります。
あの音でわからないほうがどうかしていると思うのですが、ちょっとネットで調べただけでも、「ごみ収集車が音楽やアナウンスを流すのは当然」だの、「生まれてこのかた、ごみ収集車が音楽を流している町にしか住んだことがない。あの車は全国どこでも音楽を流すのが当たり前だと思っていた」だのという意見ばかりです。
実際、統計などはないのでしょうが、ごみ収集車が音を出している町と、出していない町では、前者のほうが圧倒的に多い印象を受けました。

私は逆に生まれてこのかた、ごみ収集車が音楽やアナウンスを流す町には一度も住んだことがないので、それについては偶然にしろ幸運だったのかもしれません。
もし、私の町でごみ収集車が音楽やアナウンスを流すようになったら、すぐ役所に「あんな音は必要ないし、うるさいだけ! やめてくれ!」と言いに行くのは間違いありませんが、あの音で嫌な思いをしている人は、本当にいないのでしょうか???
それが不思議でなりません。

関連記事
カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
街頭ビジョンは完全に違法ですよ
しばらく前に、用事があって朝7時過ぎに新宿へ行ったとき、すでにヤマダ電機壁面の街頭ビジョンが、大音量で放送されていて驚きました。
また先日、夜11時前に新宿に行ったときも、やはりヤマダ電機の街頭ビジョンが、とてつもない大音量で放送中でした。
いかに新宿、しかも歌舞伎町の真ん前とはいえ、早朝、深夜という周囲の暗騒音が少し小さくなっている時間帯だけに、よけいにヤマダ電機の街頭ビジョンのけたたましさが突出していました。
いったい、あそこは何時から何時まで放送し続けているんでしょうか。もしかして24時間? 狂ってるとしか思えません。

街頭ビジョンは、東京都の「環境確保条例」で、放送時間や音量などが規制されている媒体です。
この条例の内容が是か否か、また、街頭ビジョンのような、特に周囲の環境に与える影響力が強い媒体を、この条例で規制することが妥当かどうかはさておき、現実に街頭ビジョンはこの条例で規制されているにもかかわらず、実際には何一つその内容が遵守されていません。
例えば、こんな項目です。

・午後7時から翌日午前8時までの間は、拡声機を使用しないこと。

・拡声機を使用するときは、使用時間は1回10分以内とし、1回につき15分以上の休止時間をおくこと(同一場所において使用する場合に限る。)

・拡声機(携帯用の拡声機を除く。)の間隔は50m以上とすること。

・地上10m以上の位置で拡声機を使用しないこと。

・地上5m以上の位置で拡声機(携帯用の拡声機を除く。)を使用するときは、拡声機は道路方向に平行にし、かつ、水平方向から下方30度から45度までの角度で使用すること。

・拡声機から発する音量は、別表に掲げる音量の範囲内とすること。
(一般的な商業地域の場合60デシベル。特定の繁華街でも75デシベルが上限)

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/noise_vibration/rules/speaker.html

ヤマダ電機の街頭ビジョンに限らず、渋谷や六本木など、繁華街にある大型ビジョンの多くは、この項目のすべて、またはほとんどに違反しています。
なのに、ただ放置するだけで注意一つ、指導一つしない行政って、なんなんでしょうか。

行政とともに、諸悪の根源の一つはここ。
騒音を垂れ流すだけ垂れ流して、それが違法であることにはまったく触れようともしない屋外ビジョンの業界団体「日本パブリックビューイング協会」。
http://www.jpva.or.jp/

そして何より問題があるのは、あんな気が狂った騒音に苦情一つ、批判一つ言おうとしない無数の「人々」です。
あのような騒音が「まとも」かどうか、もう少し考えてみませんか?

関連記事
カテゴリ:街頭ビジョン・アドトラック
街頭ビジョンもアドトラックもうるさいよ
このブログでは、数あるスピーカー騒音の中でも、
・街頭ビジョンの騒音
・アドトラックの騒音
については、ほとんど触れていません。
ちなみにアドトラックとは、近年、主に都心の繁華街で走り回るようになった、ド派手なデザインで大音量の放送をまきちらす、トラックを改造した広告宣伝車のこと。別名アドカーとも呼ばれ、内容は風俗店やパチンコ屋、飲食店、映画、CD、コンサートなどイベントの宣伝がほとんどを占めているようです。
街頭ビジョンは、別名、大型ビジョン、屋外ビジョン、デジタルサイネージなどと呼ばれる、ちょっとした繁華街に行くとどこでも見られるようになった、派手でやかましくけばけばしい大型ディスプレイのことです。

これらの騒音に触れていないのは単純なことで、私は幸い都心の繁華街に毎日、仕事に行くような生活をしていないので、あのキチガイじみた騒音を聞かされる機会が少なくてすんでいるから。ただ、それだけの理由です。

たまに街頭ビジョンやアドトラックの騒音で埋め尽くされた繁華街に行くと、「なんで日本はこんな町ばかりなんだ」と、ぐったりしてしまいます。
私の場合、繁華街というと新宿に行くことが多いのですが、西武新宿駅から出ると、まず、ヤマダ電機の街頭ビジョンの狂ったような騒音にうんざりします(それに加え、西武新宿駅前の宝くじ売り場のスピーカーは、常軌を逸してやかましい)。そこに運悪くアドトラックが回ってきたりすると、もうこめかみがブチ切れて、ピューピュー血が噴き出しそうになってしまいます。

仕事でああいう繁華街に毎日通っている人は、みんな平気なんでしょうか。平気じゃないという人は一人もいないのでしょうか。オフィスで事務をしている人たちは、あんな騒音にさらされて、普通に仕事ができているんでしょうか???
ちなみに本会の会員の一人は、渋谷で映像関係の仕事をしているのですが、ここ数年は編集室にアドトラックの騒音が入り込んでくるので仕事にならず、もう我慢の限界だと憤っています。
音というのは、こんなふうにあらゆるところに「侵入」してくるから恐ろしいのです。

街頭ビジョンもアドトラックも、明らかに「環境確保条例」や「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」などに違反しているのに、自治体は一切取り締まろうとしません。こうした広告宣伝行為で問題にするのは常に「景観」のことばかりで、「騒音」についてはまったく考えが及ばないのだからおかしな話です。

関連記事
カテゴリ:街頭ビジョン・アドトラック
ゲリラが来るよ怖いよ~
尼崎に「ゲリラ攻撃情報」…防災無線で放送ミス

 25日午前9時頃、兵庫県尼崎市の防災行政無線から有事を伝える内容の「ゲリラ攻撃情報」の一部が、誤って放送されるトラブルがあった。

 職員の誤操作が原因で、同市は2分後に訂正放送を流し、ホームページなどでも謝罪した。大きな混乱はなかったという。

 市によると、本来の放送は「ゲリラ攻撃情報。ゲリラ攻撃情報。当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」と3回繰り返すが、今回は冒頭の警報音と「ゲリラ攻撃」という音声が計9秒間流れたところで、職員が気づき、手動で止めた。

 25日は各地で、気象庁の情報伝達訓練が予定されていたが、同市は参加しないため、職員が防災行政無線が作動しないよう、設定を変更する際、誤って放送したという。

 市によると、防災行政無線は、市役所や消防署、小学校など23か所の屋外拡声機のほか、戸別受信機270台や防災ラジオ1500台に一斉に放送する仕組み。

(2013年6月26日07時51分 読売新聞)

――――――

笑ってしまいます。

・「ゲリラ攻撃情報」って言うけど、この「ゲリラ攻撃」って、いったい何をイメージしているんでしょうか。アフリカや中近東のような政情が不安定な国ならともかく、今の日本で本来の意味での「ゲリラ」が襲ってくるなんて、とても考えられないんですが。誰か、この場合の「ゲリラ」とは具体的になんなのか、教えてください(真面目な話です)。
ゲリラが怖くて怖くて放送を準備しておくぐらいなら、ゴジラや火星人の襲撃にも備えなくちゃいけないんじゃないか。私はそう思うのですが……。

・「ゲリラ攻撃情報」が冒頭だけにせよ流されたのに、「大きな混乱はなかった」というなら、それはそれで問題でしょう。要は「防災無線なんて、誰も聞いちゃいない」ということが証明されただけ。防災無線という情報伝達システムが、いかに役立たないかを証明した典型的な事例です。

・ちょっと設定の変更をミスしただけで、こんな「ありもしない」情報が流されるなら、実際の災害時にだって適切な情報が流されるとは思えません。防災無線なんてないほうがずっとましです。

尼崎市内には「23か所の屋外拡声機」「戸別受信機270台」「防災ラジオ1500台」があるようですが、ここは屋外スピーカーより戸別受信機やラジオからの放送に重点を置いているんですね。これはこれでいいことだと思います。
ただ、それだけの数の戸別受信機やラジオがあるというのに、今回の放送で「大きな混乱」すら招かなかったというなら、重ね重ね「防災無線なんて、どうせ誰も聞いちゃいない」ことが証明されただけです。

関連記事
カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2013年06月

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad