なぜ、ベビーカーだけ目の敵にするのか?
スピーカー騒音とは直接関係がないのですが、新聞を読むと「電車内でのベビーカーの使用」について、「使えないと困る」という意見と、「邪魔だ、危険だ、使うな」という意見で言い争いが絶えないようですね。
どちらかというと「電車内ではベビーカーを使うな」という声のほうが大きく、鉄道会社も使用を控えるように、という考えになっているようです。
しかし私はこの争いに、とても違和感を覚えています。

私は朝のラッシュ時に電車に乗ることがあまりないので、その時間帯にベビーカーを使われて迷惑した、という記憶はありません。ですが、昼間や夜の時間帯にベビーカーを使う人と乗り合わせたからといって、それが「迷惑」に感じた記憶もありません。
一昔も二昔も前じゃないんだから、外出中にずっと赤ん坊をおぶって歩け、というのは酷な話ですし、大きな荷物を持って電車に乗る人はいくらでもいるのだから、なぜベビーカーだけそこまで目の敵にするのか、どうしても理解できないのです。

先日の新聞にも記事があったのですが、ベビーカーに反対する人の理由は、概ねこんなところのようです。
・混雑した車内で邪魔だ
・赤ん坊が泣くのがうるさいぞ
・電車が急ブレーキをかけ、ベビーカーが動いて人に危害を与えたらどうするんだ
しかし、「邪魔」というのは上記の通り、ほかにいくらでも「邪魔」なものを持ち込む乗客はいます(部活の高校生のバッグとか)。
「赤ん坊が泣くのがうるさい」というのは、確かにうるさいですが、ベビーカーを使おうが使うまいが赤ん坊が泣くのは同じこと。それに「世の中のすべてがうるさい!」としつこく書き込んでいる私が言うのもなんですが、赤ん坊は泣くのが当たり前であって、多少の泣き声はして当然。私は親が「赤ん坊が泣いても放ったまま、あやそうともしない」場合は猛烈に腹が立ちますが、「必死にあやしているのに赤ん坊が泣きやまない」場合は「仕方のないことだ」と思うので気になりません。

そして一番おかしいと思うのは、「電車が急ブレーキをかけ、ベビーカーが動いて人に危害を与えたらどうするんだ」という理屈ですね。
実際に「電車が急ブレーキをかけ、ベビーカーが動いて私に危害を与えた」ら、そのときは「どうしてくれるんだ」と詰め寄ろうがどうしようがかまわないと思います。しかし現実は、「実際に危害を受けたわけでもなんでもないのに、危害を受けると勝手に想像して『使うな、やめろ!』と憤る」人たちがずいぶん多いようです(先日の新聞記事でも、「“もし”危害を与えられたら怖いので、ベビーカーは禁止してほしい」というコメントが掲載されていました)。
でも、これって「何も起こってないのに、とにかく先回りして『なんでもかんでも注意しろ、警告しろ、禁止しろ!』という、防災無線をはじめとした『ご注意放送、マナー放送』が大好きな日本人の臆病さ」ゆえのこと。こんなところだけ想像力が豊かすぎるだけです。
それに「電車が急ブレーキをかけても、ベビーカーが動かない」ようにするには、「乗車中はつり革につかまる」という当たり前のことをして、もう片方の手でベビーカーをしっかりつかまえていればいいだけだと思うのですが、何千回、何万回と「つり革につかまれ」と車内放送で注意されても、いっこうにつかまろうとしない乗客がほとんど(むしろスマホの普及などで、昔より「つり革につかまらないバカな客」は確実に増えているように見えます)なのだから、ベビーカーを使っている乗客も、使うなと言う乗客も、「当たり前のことができない」という意味では五十歩百歩でしかないと思います。
あんたらみたいなのばかりだから、幼稚な「つり革につかまれ」放送が永久になくならないんだよ。

長くなるのであとは簡潔に書きますが、
・ベビーカーを禁止するより、気兼ねなく使えるよう車内の混雑を緩和したり、時差出勤をすすめたりするほうが、鉄道会社や政府、経済界のやるべきことではないか。やるべきことをやるのではなく、なんでもかんでも「禁止」「ご注意」「警告」して満足したって意味がない。

・ベビーカーのように、「体にぶつけられたら嫌だ」というような「物理的な危害」についてだけは異様に敏感なのも、日本人の特徴ではないでしょうか。電車ではベビーカーに遭遇するよりはるかに高い頻度で日々、大音量の車内放送にさらされているのに、こちらについては「なーんにも聞こえていない、なーんにも感じていない」(それどころか「もっと放送しろ、もっとご注意しろ!」という要求ばかりする)日本人の身体(心)に対する意識は、やはりちょっとおかしいとしか言いようがありません。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
西友が、どんどんうるさくなっていく
西友……「うちの近所では比較的うるさくない店」だったはずが、どんどん嫌な店になっていきます。

BGMの音量が、行くたびに、どんどん大きくなりつつあります。
エスカレーターの「手すりにつかまり」放送が、去年から急に大音量になりました。
店員が客とすれ違ったり、視界に入ったりするだけでしつこく「イラッシャイマセー」と繰り返す「人間自動ドア挨拶」「すれ違い挨拶」が、ものすごくひんぱんに行われるようになりました。
ウォルマートカードの絶叫大音量勧誘は、相変わらずひどいです。

私の近所で最も行きたくない大手スーパーはイトーヨーカドーで、それと比べれば西友は「案内放送(店員や客の呼び出し、セールのお知らせなど)が比較的少なく、あっても音量が小さめ」「売り場にラジカセや小型スピーカーを設置したエンドレス放送がない(以前は少しあったのですが、いつの間にかなくなりました)」という点だけ今もまだマシなのですが、この調子ではどうなることやらという感じです。
先日は、ついにたまりかねて苦情の投書をしました。まあ、改善されるとは期待してませんが。

関連記事
カテゴリ:店・施設・商店街
西武鉄道が続ける間違いアナウンス
西武新宿線のアナウンスが、おかしなことになっています。

西武新宿線は、本川越という駅が終点なので、都心側から乗るとほとんどの列車で「本川越行き」とアナウンスされるはずです。当たり前のことで、これまではそうでした。
ところが、去年の秋から、
「この電車は、時の鐘と蔵のまち川越行きです」
とアナウンスするようになったのです。
調べてみると、要は乗客を川越まで集客するためのキャッチフレーズとして、このアナウンスを流すようになったらしいですが、ここで問題点が2つ。
まず、その長さ。
「ほんかわごえいき」
ですんでいたアナウンスが、
「ときのかねとくらのまちかわごえいき」
と、2倍もの長さになってしまったのです。
ただでさえ長ったらしくてうるさい鉄道アナウンスで、一つの駅名をこれだけ長々と放送されたら、たまったものじゃありません。
それに、「ときのかねとくらのまちかわごえいき」なんて切れ目のないだらだらした放送で、初めて聞いた人に駅名が正確に伝わるとはとても思えません。

そして、さらにおかしいのは、新アナウンスでは駅名を「本川越」ではなく「川越」と言っていることです。「川越」はJRと東武鉄道の駅で別にあって、西武鉄道の駅は「本川越」という名称なのに、「本」を抜かして“わざと間違った駅名”をアナウンスしているのです。これはいくらなんでもおかしすぎる。

利用者にハッキリと、正確に、必要な情報を伝えることが鉄道アナウンスの目的だろうに、観光誘致のためになら、だらだらと、不明瞭なアナウンスで、しかもわざと間違った駅名を平気で流すって、どういうことなんだろう。
しかも、この点をもう2カ月近く前に私は西武鉄道のお客さまセンターに意見したのに、まったく改善される様子がありません。
実際、このアナウンスを聞いた乗客で、「え、この電車はどこ行き?」ととまどっていた人を、私は何人か見かけたことがあります。そんなふうに乗客に迷惑をかけてでも「間違いアナウンス」をやめようとしない西武鉄道の姿勢は、鉄道事業者として不適当としか思えません。
いずれまた、必ず苦情を言います。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
新宿地下通路の絶叫騒音地獄
新宿駅の地下、丸ノ内線の東口改札と西口改札を結ぶ通路が、鬱陶しいことになってますね。
片側の壁に何個もの液晶モニターが設置され、かなり大きな音を出しながら広告を放送しています。
そして反対側の壁沿いには、雑貨屋や服屋のような店がいくつも並ぶようになっていて、どれも大声を張り上げて呼び込みをする店ばかり。
さらにアルタの地下入口あたりには東京メトロの職員が何人も陣取って、クレジットカードの勧誘を大声で絶叫している……。

この通路、以前は、片側の壁にはポスターが貼られ、反対側の壁沿いにはひっそりと旅行会社の店が並んでいるだけだったのですが、いつの間にか最悪の場所になっていたようです。耳をふさぎながら、なんとか通り抜けました。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
また共産党かっ!
さきほど、共産党後援会の演説カーが来ました。
ほんの数秒、何かをわめきながら走り抜けただけだったのですが、いつまた住宅地に戻ってきて演説を始めるか、気が気ではありません。

あんな連中が、なんで存在しているんだろう。

関連記事
カテゴリ:政治家・団体・デモ
TOP PAGE

<<次のページ 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2013年01月

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター