チカチカ、うるさい、丸ノ内線新宿駅
先日、久しぶりに丸ノ内線の新宿駅を利用しました。
以前はびっしりと、ほぼ隙間なく並んでいたホーム壁面にある液晶広告の数が、少し減っていたような気がするのですが気のせいでしょうか。
半年以上前に東京メトロに電話で苦情を言ったとき、あの広告については「多数のお客様から苦情をいただいている」と言われました。
「多く苦情を言われているのなら、なおさらやめたらどうですか!」と言っておいたので、少しは考慮されたのでしょうか。

ただ、もし本当に減っていたとしても、未だに数十を超える数の液晶広告がホーム壁面に並んで、チカチカした動画、やかましい音声を流し続けているのは変わりません。
多数の苦情を言われてもやめないのなら、「もっと多数の苦情」を言うしかありません。ちょっとでも「あんなものがあるのはおかしい」と思う人は言ってほしいですね。

私が新宿駅にいたときは、その画面からホテルニューオータニの広告が流されていました。
ゆったり、やすらげる空間を提供するのが仕事のはずの高級ホテルのくせに、あんなものに広告を出して恥ずかしいとは思わないのでしょうか。
ニューオータニだけは今後絶対に何があっても利用しません。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
実にまっとうな新聞の読者投稿
今日の朝日新聞朝刊の読者投稿欄に、スーパーのレジで「会員登録はされていますか?」などといちいち聞かれるのがイライラする、そんな小手先の商売ばかりに血道をあげる日本の将来が心配だ、という投稿が掲載されていました(写真)。
430466_1345765036.jpg
よけいなお世話だろうがなんだろうが「してもえらること(押しつけられること)はなんでもありがたいよー」とうれしがるのが大方の日本人。そんな幼稚な思考をただ追認しこびへつらっているだけの大新聞の読者投稿欄にしては、珍しく私のような人間が「至極まっとう!」と喜んで踊り出したくなる意見を載せたものだ思います。
こういう感覚の人が、もっと増えないものかなあ。

先日も、半日出歩いて入った店のほとんどで店員に苦情を言うはめになりました。

●松屋(デパートではなく牛丼のほう)
カウンターを拭いたふきんを、そのまま私の目の前にどかんと置きっぱなしにして、しかも注文した品を持ってきてもそのままふきんを下げずに戻ろうとした店員……。

●某病院
待合室に響くテレビの音。さらに廊下ではBGM。以前はそんな音は出してしていなかった病院なのに……。

●夢庵
「ソフトクリームとドリンクバー」たった2品の注文なのに「ソフトクリームとドリンクバー、ご注文は以上でよろしかったでしょうか」とオウム返しをしてくる店員……。

●某スーパー
レジでこちらから「レジ袋はいりません」「(クレジットカードを出して)一回払いで」と言っているのに、店内があまりにもうるさすぎるので店員に声が届かない。「レジ袋はご入り用ですか?」「一回払いででよろしいですか?」といちいち聞いてくる店員……。

これらにすべて文句を言い、結局、この日行った場所で何も言わずにすんだのは図書館だけ。
日本の将来なんて別にどうでもいいんですが、私の脳の血管がいつブチ切れるかが心配です。

関連記事
カテゴリ:店・施設・商店街
茗荷谷駅は静か
先日、用事で茗荷谷まで出かけたので、静かだという駅のアナウンスを体験してきました。

いやあ、あれはすばらしい! 音量を極限まで絞っており、さらに低音域が中心なので聞こえる際にまったく耳につかず、しかもアナウンスの内容や放送する回数も極力減らしているので、まさに理想に近い「静かな駅」になっていますね(理想に近いというだけで、もっともっと静かでかまわないと私は思いますが)。

スピーカーについては、あれは小さなスピーカーをいくつも横一列に並べたものなんですかね。
それをホームにたくさん設置してあるので、一つひとつのスピーカーから流す音量を極限まで絞っても、ちゃんとホーム全体にまんべんなく音が行き渡るようになっているようです。しかも非常に指向性の高いスピーカーを使っているようなので、あれだけの数のスピーカーを並べていても、ちょっと音の届く範囲からずれるとほとんど聞こえないくらいになる。
私のような「騒音にうるさい」神経質な奴でも、「こんなに小さい音で本当にいいのだろうか」と、逆に少し心配してしまうほど静かでした。

ほかの駅にあるラッパ型のけたたましい、雑音と音割ればかりで品のないスピーカーから流される大音量のアナウンスと比べれば、茗荷谷の環境は天と地の差。あれなら茗荷谷駅を毎日利用したとしても、私でもまったく苦にならないでしょう。
東京メトロもやればできるのに、なぜ全駅であのスピーカーを導入しないのでしょう。費用なんて鉄道全体の運用コストからすれば、それほど大したことはないように思えます。

ただスピーカーを変えただけでなく、アナウンスの内容も必要最小限にしているようで、ホームによけいな「ご注意放送」がほとんどなかったのがまたすばらしい。
ホームの放送より、停車した電車の車内から聞こえてくるアナウンスのほうがはるかにしつこく、けたたましくて、あれを聞いているだけでいかに車内アナウンスが異様にうるさいかがよくわかるはずです。

茗荷谷駅は周囲に学校が多く、小学校や中学校もたくさんある土地柄。つまり子どもの利用者の割合がとても多い駅のはずです。
それなのに、あれほど「アナウンスの少ない静かな駅」にしたからといって、事故が多発しているということはないのでしょう。
だったら、ほかの駅を茗荷谷と同様の静かな駅にしても、まったく不都合はないはずです。それは十分に証明されているのではないかと思うのですが、東京メトロの考え方は「茗荷谷は周辺の住民から苦情がきたからしょうがなく静かな駅にしているけど、ほかの駅では意地でもやかましいアナウンスを聞かせつづけてやるもんね!」というものなのでしょうか。
まったく理解に苦しみます。
430466_1345202239.jpg


関連記事
カテゴリ:駅・車内
電車の利用は免許制にしてほしい
先日、JRの車内で「車内マナーにご協力いただき、ありがとうございます」というアナウンスを聞かされて「いったい何を言ってるんだ?」と思いました。
車内マナーなんて、全然守られてない。車内のどこを見ても「座席に座って足を投げ出している客」「奥は空いているのにドア付近に固まってテコでも動かない客」「混んだ車内で新聞を広げ、人の腕にガサガサ当てて平気な客」「両手でスマホをいじりまくるのに夢中でつり革にもつかまらず、隣の客にぶつかって平然としている客」「飯食う客」「化粧する客」など、「あんたはいったいいくつになったらマナーが理解できるんでちゅか?」と言いたくなるようなバカばかりです。

そんなバカ客ばかりなことをJRは知っていて、それを注意するためにこんな放送を流しているのですから、それなら初めから「おまえらマナー守らないと電車に乗せねえぞ!」とハッキリ言えばいいのです。
それをしないで、守られてもいないマナーを「守っていただきありがとう」などと、いかにも日本的な回りくどい放送をどれだけ繰り返しても、誰も聞きもしてないし理解すらしてないです。うるさいだけでなんの意味もないこんな放送からは、むしろ悪意しか感じられないですね。

いっそ、電車に乗るのも車の運転と同じで免許制にしてほしいです。
正しい電車の乗り方を教習所で教えて「鉄道乗車免許試験」を実施して、それにパスして免許を交付された者しか電車に乗ることができない。これが実現できれば、今のやかましい鉄道アナウンスは8割方必要がなくなるはずですから、本気で実施してほしい。そう思います。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
スーパーが地球に成り代わってお礼?
どこのスーパーでも、レジでレジ袋はいらないと言うと必ず返してくる定型セリフ、
「ご協力ありがとうございます」
も不快でしょうがないですね。この言葉を聞かされるたびにイライラします。

レジ袋をいらないというのは、私が私自身の都合(代わりのバッグを持っているとか、そのまま手持ちで帰るからとか、レジ袋代がもったいなからなど)に合わせて「いらない」と言っているだけでなのであって、誰にも、何事にも「協力」など一切していないのに勝手に「協力している」と決めつけられて「ありがとうございます」と礼を言われる、そんな筋合いはどこにもありません。

この「ご協力ありがとうございます」というのは、おそらく「レジ袋を削減して地球環境を保護することに協力していただき、ありがとうございます」という意味で言っているのだろうと思いますが、それ自体なんという思い上がりでしょう。
まるでそのスーパーや店員が地球の運命を握っていて、レジ袋を「いらない」と言った客に「地球に成り代わってお礼を申し上げます」とでも言っているような、上から目線の傲慢な言葉にしか私には聞こえません。

それに、「地球環境の保護」などというのは単なる名目であって、本音はレジ袋の配布という余計なコストを削減して利益を上げ、「地球にやさしい店」というイメージアップ(バカバカしい!)をすることしか考えてないのは明らかなのに、それを偽善と建前だけのマニュアル化された「地球環境への配慮にご協力ありがとうございます」という言葉で表現してくるところが、とにかくイヤラシイ。地球もそんな商魂と偽善のダシにされていることを、むしろ嘆いているんじゃないでしょうか。

レジ袋を断ったことがスーパーの利益につながることに礼を言うのであれば、それはただ「お買い上げありがとうございました」という通常の挨拶に含めればいいだけであって、「ご協力」などというのは筋違い。なんとかこのくだらない言葉をスーパーのレジから追放したくてたまらないです。

関連記事
カテゴリ:店・施設・商店街
TOP PAGE

<<次のページ 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2012年08月

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター