スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
廃品回収車には110番
車で町を走り回る廃品回収業者(不用品回収業者)の騒音は、私の実感では昔からあったものが徐々に減ったものの、6、7年ほど前から急激に増え、それが2年前をピークに再び減りつつある気がします。業界のことを調べた統計など存在しないはずですが、もしあればたぶんそういう数字が出ているのではないかと思います。
私が最初に「静かな街を考える会」に連絡をとった2010年の夏頃は、家の周りに来る廃品回収業者のやかましさがピークの頃で、今はそれに比べればずっとましな状態になっています。たぶんそれは全国的に同様なのではないかと思います。
うちの近所はピーク時には1日3台、4台(ひどいときは5台、6台も当たり前)も廃品回収の車がやってきましたが、今は週に3、4台というところまで減りましたから(もちろん、それでもうるさいのですが)。

廃品回収業者が減った理由はいろいろ考えられるのですが、

●廃棄物の輸出価格や、廃棄物から取り出す鉄などの資源価格が値下がりして商売が難しくなった。

●7、8年くらい前に業界に参入して、ぼったくりを繰り返していた大手業者(再生工房)が2年前に摘発され、それからも同じようなことをしている業者が何社も摘発されているので商売がやりにくくなった。

●業者のスピーカーが聞こえたら、「うるさいのでなんとかしてください」という理由で警察を呼べば、職質をしてやめさせてくれるという認識が広まってきたので、110番通報する人が増えてきた(私もやっています)。

●そもそも家庭から廃棄物を回収するには、自治体から「廃棄物処理法」に基づく「一般廃棄物収集運搬」の許可を得る必要がありますが、廃品回収業者はこの許可を持っていません。持っているのは、自治体から毎日のゴミ回収や粗大ゴミの回収などを請け負っている業者で、これら正規の業者がスピーカーを鳴らして町を流すことはありません。
ちなみに許可を得た業者は車体に許可番号を明記する義務があるので(毎日のゴミ回収をしている業者の車のボディを見ると、必ず許可番号が書かれているのがわかります)、書いてなければその時点で無許可の違法業者であると判断することができます。
こうした違法な廃品回収業者の存在は、長い間「違法なのに野放し」という状態だったのですが、環境省や警察がここ数年で少しは厳しく目を光らせるようになったようです。
以前は「ぼったくりをした」「山林に廃棄物を投棄した」という明確な犯罪行為があってはじめてこうした業者の摘発をしていたのですが、最近は「無許可で家庭から廃棄物を回収した」という容疑で業者を摘発する事例が増えてきたようです。

というところでしょう。

ただし残念ながら、業者のスピーカーがうるさいという理由で警察を呼んでも、警察には「音」を理由に業者を摘発する法的な根拠がないので、「迷惑だという通報があったのでやめなさい」という注意で終わります。
廃棄物処理法違反は警察の管轄ですが、これに基づいてその場で摘発してくれるということはまずありません(何が廃棄物かという認定が難しいこともあり、まだそこまでの段階には至っていません)。
ぼったくりや脅迫を受けた場合は、もちろん警察は捜査してくれますが、そもそもそれはこうした業者を「利用」するから受けてしまうのであって、利用しなければ関係のないことです。

環境省も警察も、こうした業者の存在が違法であり、国民は利用しないようにという通達を出して締め付けを厳しくしてきているのですが、それはどう見ても自分たちの利権(リサイクルによって得られる権益を確保し、将来的には業界を天下り先にする)のためとしか思えず、音の問題とはなんの関係もないところが残念です。
まあ、利権のためであれなんであれ、結果的に業者が減り静かになるのでそれはそれでいいことなのですが、いずれは自治体を通した粗大ゴミの回収価格が値上げされるとか、今でもややこしいゴミの出し方がますます面倒なことになる、といった弊害を生む可能性はあるのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ:廃品回収・移動販売
「東京土建」の演説カーを通報しましたその2
結果としては、ちょうど警察が到着するタイミングで演説が終わり車が動き出したので、演説そのものを中止させることはできませんでした。しかしその車は100メートルほど移動してまた演説を始めるつもりだったようですが、通報で呼んだ警官がそれを制止したのか、「みなさん!」と一声あっただけですぐに聞こえなくなりました(家からは建物の陰になっていたので詳細はわかりませんでしたが)。
そもそもこの演説カーは一般道に車を止めて演説を始めたので、所轄警察署から道路使用許可を得ていなければその時点で道路交通法違反になります。その確認も含めて警察を呼んだところ、なんらかの効果があった(らしい)ことはわかりました。

右だろうが左だろうが、私は自分の主張や信条を大声で他人に押しつける行為を絶対に許すつもりはありません。このような団体の演説カーが来たのは確か初めてのはずですが、これから何度来てもそのたびに110番通報します。

この「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」では、いくつかの「拡声器を使用してもいいケース」が定められていますが、その中に、
「第四条 この条例の規定は、次に掲げる場合については、適用しない。
一 公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)の定めるところにより選挙運動又は選挙における政治活動を行うために拡声機を使用する場合」
と書いてあります。つまり本来、政治家や政治団体の演説ですら、選挙に直接関わるとき以外は認められていないのです。
しかし私の住んでいる地域では、選挙に関係なく月に一度くらいの割合で共産党が大音量の演説をして回ることがあります。また駅前などで、政治家や政治団体などの演説がおこなわれるのはよく見かける光景です。
これらの行為はすべてこの条例に違反するものなのですが、事実上野放しになっているというのが実態です。
私は現実的に考えた結果、「「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」の主旨から考えて、いわゆる政治家や政治団体の演説をやめさせるのは難しい」と判断しているので、共産党だのなんだのが選挙に関わりなく住宅地で演説を始めても、仕方なく我慢しています(うるせえ! と怒鳴りつけますが)。
しかし、だからといって労働組合のような「政治団体に類する団体」の騒音まで黙って見逃していたら、拡声器の乱用にますます歯止めがきかなくなります。ですから今回の「東京土建」のような団体が演説を始めたら今後も通報していきます。

しかし、「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」の、
「拡声機の使用は、政治活動等における表現の伝達等のための重要な手段でもあるのであって、法令及び健全な社会常識の範囲内で行われるものが不当に制限されることがあってはならないこともまた、言うを待たないところである。」
という前書きは、「表現の自由」と「表現手段の自由」を混同したバカげたものとしか言えません。
どこの誰が、どんな考えを持とうが完全に自由ですが、「どのような手段で表現するか」という方法まで自由にすることを「言うを待たないところである。」と勝手に決めつけないでいただきたい。
「政治活動等における表現の伝達」は拡声器など使わなくてもいくらでもできるのですから、少しも「重要な手段」ではありません。ここは、
「拡声機の使用が、健全な社会生活を不当に制限するものであり、全面的に禁止すべきであるのは言うを待たないところである。」
となるべきです。

関連記事
カテゴリ:政治家・団体・デモ
「東京土建」の演説カーを通報しましたその1
10日ほど前に、「東京土建」という建設業界の労働組合
http://www.tokyo-doken.or.jp/
の演説カーが来たので110番通報しました。
我が家の前の一般道に車を止め、「核の廃絶がどうの」だの「メーデーに参加しよう」だのといった演説を始めたからです。

街頭での拡声器の使用については、いろいろな種類の規制がありややこしいのですが、大別すると、

●政治的な主張や信条を伝えるための拡声器の使用は、都道府県ごとに制定されている「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」、東京都の場合
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1012206001.html
で規制されています。主に右翼団体などの演説を抑止するために制定された条例です。

●商業・宣伝目的の拡声器の使用は、同じく都道府県ごとに制定されている「環境確保条例」、東京都の場合
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/noise_vibration/rules/speaker.html
で規制されています。こちらは廃品回収車だの灯油販売車だのといった、商業目的の拡声器騒音を抑止するために制定された条例です。

本来は「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」のほうが適用範囲は広く、前書きに、
「大きな音量による放送宣伝活動が可能となったことに伴い、(中略)拡声機によって発せられるいわば音の暴力ともいうべき騒音について必要な規制を行うこととし、この条例を制定する。」
とあるとおり、誰が行うどのような内容の放送であれ、この条例の遵守が求められているように読み取ることができます。
しかし実際は、この条例はその成立過程からして政治団体や結社(特に右翼団体)が自分たちの主張や信条を伝えるためむやみに拡声器を使用することを規制するのが主な目的であり、それは、
「第十一条 (前略)この条例の実施のための手続その他この条例の施行に関し必要な事項は、東京都公安委員会規則で定める。」
と書いてあることからもわかります。
そのためこの条例とは別に、商業・宣伝目的の拡声器使用を規制するため、別途「環境確保条例」が定められているというのが現実のようです。

また、「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」は、この条例が適用される騒音の種類についてはあいまいな書き方をしているものの、音量については、
「第三条 この条例において「暴騒音」とは、東京都公安委員会規則で定めるところにより、当該音を生じさせる装置から十メートル以上離れた地点(当該装置が道路その他の公共の場所以外の場所において使用されている場合にあっては、当該場所の外の地点に限る。)において測定したものとした場合における音量が八十五デシベルを超えることとなる音をいう。」
つまり「85デシベル以下の音であれば暴騒音ではない」と書いてあるのが困ったものです。
「環境確保条例」は、「立ち止まって拡声器を使用してはならない」「車を走らせながら拡声器を使用する場合でも、55デシベル以下でなければならない」といった内容ですから、むしろこちらのほうが厳しい規制になっています。

「東京土建」という労働組合の演説は、「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」の、
「第五条 何人も、拡声機により暴騒音を生じさせてはならない。」
および、
「第七条 警察官は、第五条の規定に違反する行為(以下「違反行為」という。)が行われているときは、当該違反行為をしている者に対し、当該違反行為を中止することを命ずることができる。」
に該当しているので通報しました。
音量が85デシベルを超えていた(つまり条例が定める「暴騒音」になっていた)かどうかはわかりませんが、とりあえず通報して、演説をやめさせるかどうかも含め、具体的な対処は警察に任せるとしたのが私の判断です。


関連記事
カテゴリ:政治家・団体・デモ
京都、そして新幹線の騒音雑感その3
京都駅の屋上に竹を植えた日本庭園らしきものが造られていたのですが、その植え込みをよく見るとBOSEのスピーカーが設置されていました。
私が訪れたときには何も音は鳴らしていませんでしたが、いったいなんのために、こんなところにスピーカーなど置いているのでしょう。無粋だなあと思いました。
430466_1335329385.jpg


関連記事
カテゴリ:京都
防災無線の抑制に成功(少しだけ)
先日来、私が住んでいる市の防災課に、「振り込め詐欺注意放送」をやめるよう要請してきました。
その結果、今後は、
・放送回数を減らす(週3回→週2回)
・放送時間を短くする(約4分→約2分)
という回答を本日もらうことができました。
残念ながら音量を下げさせることは実現できませんでしたし(現在の音量はスピーカー直下で約85db)、そもそも「振り込め詐欺注意放送は一切やめてほしい」との要請を出していたのですが、どうしても「それはできない」ということで、折衷案として上記のような結果になりました。

当市で日常的に防災無線を使用しているのは、幸いにも毎日夕方の「夕焼け小焼け」の音楽と、この週3回(今後は週2回になるはず)の「振り込め詐欺注意放送」だけなので、とりあえず今回は「振り込め詐欺注意放送」だけに絞って交渉を進めました。
結局、放送をやめさせることはできず、音量も下がりませんでしたが、回数を減らして時間を短くすることができただけでも、まずまずの成果かなと思っています。
交渉の際には言葉だけでなく、私の防災無線についての考えをまとめた文書のほか、会報誌「アメニティ」のバックナンバーや、会の「防災無線の騒音に反対!」の文書、中島さんの著書「うるさい日本の私」を渡しましたが、市の担当者は「ちゃんと読みました」とある程度の理解を示してくれた印象で、これらの資料が多少なりとも役に立ってくれたようです。

関連記事
カテゴリ:防災無線・広報車・夜回り
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2012年04月

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。