スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
投資をする路線ほどうるさい?
近年はメトロを始め、どの鉄道会社も騒音がエスカレートするばかりで、電車に乗るのが本当に苦痛で仕方ありませんが、唯一の救いは私が住んでいる西武新宿線が、他の路線に比べればずっと駅の放送が控えめなことですね。
西武新宿線は、ほとんど高架されている場所がなく、線路も駅も地面にそのままあるので、それだけ音が周囲に響きやすく、周りの住民に配慮する意味で、あまり音を過剰にできなくなってるんでしょうね。
同じ西武線でも池袋線は高架が多いので、新宿線よりもうるさいです。

新宿線が高架されてないのは、ただ単に西武鉄道が新宿線にはまったく力を入れておらず、投資をしないからなんですが、それが駅の騒音に関してはいい方向に出ています。踏切が多く不便な面もありますが、静かであることに比べればどうということはありません。高架化や地下化されている鉄道は、それだけで怖くて乗る気にならないくらいです。

ただ、新宿線は車内も比較的静かで、今どき珍しく英語放送も基本的にはないのですが、ときどき急に音量が上がることや英語放送をすることがあり、車掌や車両によって(?)バラバラなのが玉に瑕です。
それから、最近はどんなに小さな駅でもエキナカの店が大声を張り上げて客引きをするのが当たり前になってしまいましたが、新宿線でもそれは同じなので、絶叫客引きは認めないようにしてくれと、そのうち西武鉄道に言うつもりではいるのですが。

駅の放送が控えめだから新宿線は事故が多い、というデータなどどこにもないんですから、ほかの鉄道会社もあんなに大音量のしつこい放送など必要ないはずなのに、なぜそれがわからないのか不思議でなりませんが、まあ西武鉄道自身も、新宿線を静かにしてるのは駅周辺の住民から苦情が来たら困るからであって、そうでなければどんどんやかましくしていくんでしょうね。
なんの意味もないのに駅や車内をうるさくしていきたい、というのは彼らの本能なんでしょうか。

鉄道会社はこういう乗客からの「うるさい」という意見は無視するくせに、駅周辺の住民から苦情を言われることは非常に恐れているようですが、これからの鉄道はどんどん高架化、地下化されていく一方なので、そうすると、どこに行ってもますますうるさくなるという結論が出ます。最悪ですね。

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ:駅・車内
まったく話にならない東京メトロ駅員
ここ最近は、できるだけ騒音に直接苦情を言うよう自分を仕向けているので、先日、東京メトロの某駅で駅の事務所に行き、アナウンスや放送のすべてがうるさすぎる、しつこすぎるという苦情を言ってきました。ところが、まったく話になりませんね。まるでエイリアンと話をしているようでした。

「メトロを代表してではなく、あなた個人の考えでいいので、率直な返事をください」と言って、対応した職員の音に関する考えもかなり引き出したんですが、とにかくこちらとは180度反対で話になりません。
「今の放送がうるさいとは、まったく思わないですね」
「昔より放送が『多くなった』のは確かだと思いますが、それで『うるさくなった』『しつこくなった』とは、思わないですね」
「むしろ、もっと音を大きくしてもいいと思います(!!)」
「お客様のような音に過敏な方にとってうるさいというのはわかりましたが、ほかの乗客からそのような意見は一度も聞いたことがありません(一度もないわけないだろ。ないとしたらメトロ内でまったく情報が共有されていないということ。なぜなら私自身が以前にもメトロに電話で苦情を言ったことがあるから)」
「(こんなにアナウンスがうるさかったら、いろいろなところからやたらめったら出している障害者用の音だって、かき消されて意味がないんじゃないか、と言うと)そうですかねえ、よくわかりません」
「(せめて階段で小鳥の鳴き声を流すのは不自然だからやめてほしい、というと)あれが不自然ですか? ちょっとよくわかりません」
「(幼稚な放送を何度も流しすぎてしつこい、と言うと)すべての放送は、必要だという判断で流していますので」
などなどなど、「お客様の意見は上に伝えます」とは言ってましたが、とにかく「うるさい、しつこい」というこちらの話が根本的に通じてないのは明らかでした。

条例で規制されている騒音や、スーパーのような本来の意味で客商売をしているところの騒音などに苦情を言うと、例え表面上でも「すみません、ご迷惑をおかけします、検討します」くらいの反応は返ってくるものですが、メトロの場合はそういう言葉は一言もなかったし、「上に伝えます」とは言うものの、「必要だからやってるんで文句を言うな」という本音が完全に見えていました。
「うるさいという人の意見もよくわかるのですが、安全運転のためにどうしても必要なのでご理解ください」とでも言われれば、「人によってはうるさいと思うだろうな、という程度には認識してるんだな」とわかって少しは納得できたかもしれませんが、「個人的にも電車に乗ったときに、うるさいとか、しつこいとか、一度も感じたことがない。もっと大きくしていもいいと思う」と言われたのには心底たまげました。

関連記事
カテゴリ:駅・車内
2011年にした騒音への苦情その2
・日本郵政と東京メトロに年賀状販売の騒音について苦情
年末、何カ所かの駅で郵便局の年賀状販売に遭遇しましたが、あまりにも販売員の絶叫がひどすぎるので、帰宅後、日本郵政と東京メトロに電話で苦情を言いました。日本郵政は、「年賀状販売は郵便事業会社と郵便“局”事業会社で個別におこなっているし、さらに郵便局ごとの判断でもおこなっているので、うるさいという要望はわかりましたが、そのような方法で売るよう社として指導をしているわけではない」など、非常に無責任な対応でしたが、とにかく苦情を言うだけ言っておきました。東京メトロからは、「当該駅の駅長を通じ、そのような苦情があったことを郵便局に伝えます」という、これまた無責任な返事でした。
年末になると郵便局が駅などで年賀状を販売するのは毎年のことですが、今まであんなに絶叫していたことはなかったような気がするのですが、去年はちょっと異様なまでのうるささに感じました。
年賀状の販売に限らず、また東京メトロだけではなくJRでも私鉄でもどこの駅でも同様ですが、駅構内の店の絶叫呼び込みが、年々ひどくなっていく一方のような気がします。駅というのは公共性の高い場所であり、安全・確実に乗客を輸送するのが目的の場所であるにもかかわらず、あのような絶叫呼び込みで人の流れや感覚を狂わせ、安全性をないがしろにして平気でいられるというのは、どうにもおかしいですね。その点も東京メトロに伝えましたが、「ご意見参考にさせていただきます」というありきたりの返事しかきませんでした(笑)。
今の駅は、どこもかしこも障害者への対策として「ここが階段です」「ここがエスカレーターです」という意味の音ばかり出すようになっていますが、そんなことをいくらしても、あれほど構内がうるさければ無意味になってなってしまうような気がするのですが、その点について障害者の方々はどう思っていらっしゃるのか、非常に気になります。
東京メトロには、ついでに「丸ノ内線新宿駅ホームの壁一面に設置されている液晶広告はひどすぎるからやめてくれ」「階段やエスカレーターの場所を知らせるために鳴らす音は、せめて小鳥の鳴き声などという不自然な音を使うのはやめてくれ」とも伝えました。本当は駅構内の放送すべてがうるさすぎる、と言いたいところですが、とりあえずピンポイントのことだけにしておきました。
なお、丸ノ内線新宿駅ホームの壁の液晶広告については、設置以来それなりの数の苦情が寄せられているということです。苦情があると自ら認めているのに一向に撤去しない東京メトロの根性には頭が下がりますが、電話で話した感触では、このまま苦情が増えればいずれ撤去される可能性があるのではないか、という気がしました。

・自治会の灯油販売車に苦情
自治会が委託して走らせている灯油販売車の音楽やアナウンスがうるさく、何年も我慢している状況だったので、ようやく自治会に「もっと静かに走らせてくれ」と要望を出しました。「最小限の内容・音量にします」と返事があり、しばらくの間、それが守られていたのですが、またうるさいアナウンスに戻っていました。今度は直接、どういうことなのかと業者に事情を聞くと、「自治会からの再度の要望で、やはり音楽の音量をもっと大きくしてくれ、今どこにいるかわかるよう大きな音でアナウンスしてくれ、という住民の希望があったようなのでそうしている」とのことでした。
それに対して、「毎週、巡回する時間はほぼ決まっているんだから、わざわざ(直線距離で)200メートルも先から聞こえるような大きな音でアピールしなくても、買う人間が自ら外に注意を払い、場所を把握し、少し早めに外に出て待っていればいいこと」と伝え、再度改善させました。
自宅前に来る1時間も前から音楽が聞こえるほど大音量でないと困るなど、どうしてそんな勝手なことが言えるのか、不思議でなりません。老人で耳が遠く聞こえづらいという住人がいるのなら、隣同士で「そろそろですよ」などと声を掛け合うほうがよほど有意義です。そういうコミュニケーションをとらずに「大音量で知らせてくれ」などという安易な方法に向かうから、余計に「無縁社会」と言われるような状況になっているパラドックスに、こういう人たちはまったく気づかないんでしょうね。

ざっとこんなところでしょうか。
今年はとりあえず、店内があまりにもうるさい近所の某スーパーと、今どき「本日は特売日です!」と月に2日宣伝カーを走らせている地元の個人商店、最近アナウンスが以前にも増してうるさくなりつつある某バス会社と某私鉄、それからATMの「振り込め詐欺にご注意ください」のエンドレスのアナウンスがしつこい某都市銀行に苦情を言うこと、それからもう4年以上、市役所も動かして騒音をやめるよう言い続けているある移動販売の業者と、そろそろケリをつけることがテーマです。どこまでできるかはわかりませんが。

関連記事
カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
2011年にした騒音への苦情その1
2011年に、どんな騒音に対して苦情を言ったかまとめてみました。

・マツモトキヨシ某店に、店内放送や店員の呼び込みがうるさすぎると苦情
近くにいたパートに直接言い、「わかりました申し訳ありません」という返事を聞きましたが、その後もまったく変化なし。二度とその店は利用しないことにしました。病人が薬を買いに行くドラッグストアという店で、あのような騒音を立てていられる無神経さはなんなんでしょう。小売店の中でも家電量販店、スーパー、ドラッグストアというのは騒音のひどい御三家という感じがしますが、買い物客の目的からしてもドラッグストアの音に対する節操のなさはもっともタチが悪いと思います。

・隣の市の市役所に、防災無線がうるさいと苦情
私の住んでいる場所は隣の市との境界から500メートルほど離れた場所ですが、そんなところにまで聞こえてくるほどうるさい防災無線(毎日夕方のエーデルワイス)を流しているので、市役所に電話で苦情を言いました。結果はまったく変わりません(笑)。

・行きつけの病院に待合室のBGMをやめてくれと要望
半年に一度検査に行っている総合病院が、急に待合室にBGMを流すようになりました。おまけにその待合室にはテレビが設置されていて、これまでは無音で画面をつけているだけだったのですが、そのテレビからも音を出すようになりました。いきなり二重の騒音です。体の具合の悪い人が集まっている病院という場所で、なぜこのような音が必要なのかまったく理解できません。苦情は「お客様要望カード」に書いて提出しましたが、次は2月頃その病院に行く予定なので、まだ結果はわかりません。

・近所の小学校に苦情
200メートルほど離れた小学校に対し、運動会や朝礼などあらゆる拡声器騒音を対象に、「そんなに大きな音を、学校の敷地外にまで響かせる必要はないでしょう。音の出し方についてもっと慎重に考えてください」と電話で要望を伝えました。

・「町を明るくする会」の運動員を怒鳴りつける
春頃に某駅を降りると、「町を明るくする会です!」というような意味のことを地声と拡声器で絶叫しながら、駅前でビラをまいている人物が5,6人いました。絶叫があまりにもうるさく、しかも通行人の行く手を阻むよう、前に立ちふさがってビラを配っていました。私の前にも立ってビラを突き出しながら絶叫するので、このときは瞬間的に頭に血が上って「うるさい! どけ!」と怒鳴ることになりました(笑)。
「町を明るくする会」なる会に遭遇したのは初めてで、いったいどんな組織なのかわかりませんが、勝手に人の行く手を阻み、騒音をまき散らしながら善意(と思い込んでいる)の押しつけを平気でする感覚は、なんなんでしょう。この連中に限らず、赤い羽根や献血など、以前は道の端に立って、できるだけ人の邪魔にならないよう一定の配慮しながら、それなりにおごそかにおこなわれていた活動が、年々、絶叫し道路を占拠する迷惑なやり方になってきているような気がします。店や企業のチラシやティッシュ配りなども同様ですね。

・モスバーガー某店に、BGMがうるさいと苦情
モスバーガー某店で、BGMの音量を下げてくれと要望しました。店員に「いくらなんでも、ちょっとうるさすぎると思いませんか?」と言うと、「はい、そうかもしれませんね」という返事で、すぐに音量が下がったのですが、数カ月後に行ったらまた大きくなってました(笑)。もうその店は2度と利用しません。

・某駅の駅前で豆腐を売っていた「野口屋」に対し駅に苦情
某駅の階段下に立ちふさがるようにリヤカーを止め、「豆腐! 豆腐!」と絶叫&ラッパで騒音を垂れ流していた「野口屋」に対し、「あそこは駅の敷地内ではないのか。邪魔だしうるさいからやめさせてください」と駅員に依頼しました。その場では「階段下は駅の敷地ではないので、駅が直接やめさせることはできない。警察に相談してみます」という返事で、後日様子を見たところ、場所は人の流れをそれほど邪魔しないロータリーに移動していましたが、絶叫&ラッパの騒音は相変わらずでした。
この野口屋は東京各地でリヤカーを引きながら騒音を垂れ流す騒音豆腐屋で、以前、家の近くに現れたことがあったので、販売員に直接「やめなさい」と苦情を言ったこともあります。ところがつい先日、業績不振で倒産したとの報道があり、東京から一つ騒音源が減ったことに大変うれしい思いがしました。

・共産党、自治会の演説を怒鳴りつける
私の住んでいるところでは、共産党、そして自治会の演説が、ともに一カ月に一度くらいのペースでやってきます。そのときは窓から「うるさい!」と怒鳴りつけることが多いのですが、まったく効果がありませんね。必ず「午後の静かなひととき、ご迷惑をおかけします」などという前置きから始まるのですが、なぜ、ああいう人たちは「ご迷惑」と認識していることを平気でできるのでしょうか???

・廃品回収・移動販売車の騒音を110番
廃品回収車や移動販売車が現れたら、出来る限り110番で警察を呼び追い払ってもらっています。

関連記事
カテゴリ:騒音をめぐるあれこれ
TOP PAGE

 

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  2012年01月

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。