スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
掃除をするが轟音は撒き散らすビックカメラの矛盾
 5、6年ぶりに東京・池袋の東口、ビックカメラとヤマダ電機が互い違いに睨み合っているあたりへ。あんなところへ行きたくないけど、用事ができたので仕方なく出掛けました。

 それにしても、あいかわらず気が狂った一角ですなあ。ビックとヤマダは店員の金切り声やスピーカーからの大音響を周囲に撒き散らし、原色ギトギトの看板や幟も下品で見ちゃいられない。
 今回、ヤマダ電機の壁面に大型ビジョン(大きさとしては『中型』ぐらいか)があって、爆音を垂れ流していることに初めて気づいたのですが、あんなもの以前からあったかなあ。久しぶりの池袋なので記憶が曖昧ですが。

 ビックとヤマダだけじゃありません。あそこの交差点は昔から「富士コンタクト」やその他の呼び込みがやかましくて、邪魔で、行くたびにうんざりします。
 「警察の許可を得ていないティッシュ配りや呼び込みは違法なんだから、ぼーっと見てないで取り締まったらどうなんだよ」と、駅ビルの外れの交番にねじ込もうか……と思ったら、その交番がなくなっていることにも初めて気づきました。
 まあ、轟音にしろ呼び込みにしろ、池袋に限らずどの繁華街も同じ。いまさら何を言っても無駄なのはわかりきっているし、どうでもいいや。

 今回、特に腹が立ったのは、歩道を掃除していたビックカメラの店員です。
 私が通りかかったとき、一人の店員が歩道に設置してある「なんだかよくわからない緑色の箱(いろんなところで見かける箱。消防関係か電気関係か知らないけど、何かの設備が収納してあるんでしょう)」を、ぞうきんで舐めるように拭いていました。

 「そりゃ感心。最近の若者にしてはあっぱれ、店の指導も立派じゃ!」と言いたくなるかもしれませんが、ちょっと待て。
 自分たちの設備でもない箱を磨き上げるという「善行」をする気があるのなら、その前にまず、自らが公共空間に放っているキチガイじみた騒音をやめたらどうなんだ。ただ歩道を掃いたり拭いたりすれば、それだけで街が「キレイ」になると思い込んでいるのだとすれば、あっぱれどころかただの「浅はか」です(でも、その「浅はか」な人間ばかりなのが日本人だからなあ)。
 たとえて言えば、ビックカメラのやっていることは「犬のうんちが汚いなあ。もっと街をキレイにしなきゃ駄目だよ!」などと言いながら掃除をしているくせに、自分自身がペッペペッペと道に唾を吐いているようなものです。汚いのはどっちも一緒だっての。

 しかも、この店員が掃除をしていたのはビックカメラではなく、隣のビルの前の歩道でした。
 わざわざ別の建物の前まで行き、これ見よがしに(どうせ「業務命令」なんでしょうが)歩道の掃除をする。けれども自分たちが「音」や「看板」で、どれだけ街を汚らしくしているかには絶対に気がつかないというこの矛盾。
 さっさと通り抜けようと急ぎ足で歩いたわずか数十秒の間にも、日本人の「あまりにもとんちんかんな環境意識」について、考えさせられてしまいました。

 ちなみに、私は年に一度ぐらい「やむを得ず」家電量販店を利用するとき(耳栓必須)、「お客様のご意見」みたいなものが貼り出されていると目を通します。しかし「アナウンスやBGM、店員の呼び込みがうるさい」という意見は、数年前、ヤマダ電機某店に貼ってあった、たった1枚を見たことがあるだけ(店からのしらじらしい返事付き)。

ヤマダ電機お客様ご意見.jpg

 これじゃあ、どうしようもありません。

 そういえば吉祥寺にできたヤマダ電機の新店舗も、店の前で店員がギャースカギャースカ喚き散らしながら、日がな一日両手をパンパン叩いています。
 私はこの「両手パンパン」をされると「おれは池の鯉じゃねえ! 犬でもねえ! よちよち歩きの幼児でもねえ! オラこんな村いやだ~」と腹が立ちますが、不快感をもよおすどころか「やあ、威勢がいいなあ」と喜ぶ人たちの感受性は、さっぱり理解できません。

スポンサーサイト
カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
警備そっちのけで呼び込みをする警備員
 前回、JR原宿駅での出来事を書いていて思い出したのですが、同じ日に原宿で、首を傾げたくなる場面に出くわしました。大した話じゃありませんが。

 明治通りを歩いていると、前の方で人の叫び声が聞こえました。どうやら何かの店の呼び込みらしい。そんなものは繁華街や駅前に行けば珍しくもないので「ああ、鬱陶しい」と思いながら通り過ぎようとしたのですが、ふと声のするほうを目にして驚きました。ビルの前に制服を着た警備員が立っていて、その警備員が呼び込みをしていたからです。

 夏真っ盛りの暑い日だったので、呼び込みの文句は「ただいま店内エアコンが効いております! どうぞお立ち寄りください、涼んでいってください!」というようなものでした。そんな呼び込みをしている先にあるのは、飲食店などではなく雑貨屋のような店。雑貨屋が「涼んでいってください!」と呼び込みをするのもよくわかりませんが、もちろん、最も腑に落ちないのは「警備員が呼び込みをしている」ことです。

 その店はビルの1階にありました。雑貨屋が単独で警備員を雇うとも思えないので、ビル全体の警備員なのか? でも、制服を着た警備員が店先をうろうろしながら「お立ち寄りください、涼んでいってください!」と叫ぶ(叫ばせる)というのは、いったいなんなんだろう。

 店員が呼び込みをするなら、まだ理解できるのだけど(迷惑だが、敷地内でやっているぶんには「やめろ」と言う根拠がないし)、警備員が「警備」そっちのけで客引きをして(させて)いたら、それはもう警備じゃないだろう。
 別にそのビルの警備が薄くなって何がどうなろうが知ったことじゃありませんが、暑そうな制服を着た「警備員」が怒鳴るように叫び、よけいに暑苦しさを撒き散らす異様な光景には閉口してしまいました。

 そういえば、これは新聞で読んだ「小ネタ」で内容はうろ覚えなのですが、JR中央線の東小金井駅では、駅舎の改装をきっかけにショッピングモール部分の管理もJR東日本本体がすることになった。そしてテストケースとして、バーゲンだのキャンペーンだののお知らせを「駅構内」でも流すようになったらしいです。
 そのことを書いた記事は、利用者が「駅の中でもお知らせが聞けて便利ですね!」だの、駅員が「この取り組みを続けて売り上げ増につなげたい!」だのと話しているのを、(案の定)何も考えず好意的に紹介していました。

 警備員が呼び込みをする店や、改札の中でまでショッピングモールのお知らせを流す駅、そして、そういう「ヘンな」絶叫やアナウンスを聞かされてもおかしいと思わない無数の人たち。不思議だなあ。
 この記事を読んで、東小金井駅は「絶対行きたくない駅」の一つになりました。

カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
「思い」を押しつけるJRの旅行案内放送
 人との待ち合わせを鉄道の駅、特に「JR●●駅の改札口で」と指定されると嫌になってしまいます。山手線やその内側の駅が目立ってひどいのですが、ここ数年、エンドレスで流され続ける東北旅行の案内放送はしつこすぎる。
 私はたびたび、この放送に苦情を言っているし、この夏も仕事で原宿駅に降りたとき、改札口だけでなくホームへ続く通路全体にこの放送が流されていることに腹が立ち、駅員にやめてくれと言いました。

 「(改札の脇に旅行パンフレットが並べてあるのを指しながら)ああいうふうに、通路にパンフレットを置いて旅行の販促をするのはわかりますよ。パンフレットなら見たい人は手に取って見る、興味のない人は無視すればいいだけですから、別に誰の迷惑にもなりません。企業の販促行為としてまっとうだと思います。でも改札を通る人全員に、スピーカーから強制的に旅行案内を聞かせるのは音の暴力でしょう。ちょうどいいからパンフレットに例えましょうか。あのようにパンフレットを壁際に置いて『興味のある方はご覧ください』とさりげなくアピールするなら邪魔にならないけど、通路の真ん中に棚を置いてパンフレットを並べたら歩行者の迷惑になりますよね。そんなことはわかりきっているから、あなた方もパンフレットを壁に沿って並べてるんでしょう。それなのになぜ、スピーカーから無差別に強制的に、誰に対しても無理やり旅行案内を聞かせる行為をおかしいと思わないんでしょうか」

 駅員は「この放送は本社からの指示で流していまして……」という言い訳と同時に、こんなことを言いました。
 「みなさまに、ぜひ旅行に行っていただきたいという思いで放送しております」

 この「思い」という言葉、日本人は本当に大好きです。まるで「思い」があれば、それを実現する方法や周囲に与える影響はどうでもいいと言わんばかりに大好きです。「思いがあれば、なんでもできる(していいのだ)、1、2、3、ダー!」ってところなんでしょうかね。それを言って許されるのは猪木だけですよ。

 「それなら、この放送を迷惑だと感じる人の『思い』は、どうなるんでしょう。JRの『思い』やあなたの『思い』を押しつけるためなら、それを苦痛に感じる人の『思い』は無視してもいいということなんでしょうか」
 そう質問しても、駅員はただ「はい、はい」と繰り返すだけ。もちろん「わかりました」「そのとおりですね」という意味の「はい」ではなく、ただの条件反射です。まともな返事が返ってくることはありません。

 「鉄道の駅というのは、ただでさえアナウンスが多いところです。列車の運行に必要なアナウンスだけでも多くなるのは理解できますよ。だからこそ『必要なアナウンス』に乗客の耳を傾けさせるためにも、よけいなアナウンスはできる限り減らすべきじゃないでしょうかね。旅行案内なんて、その駅を利用することと関係がないアナウンスの典型的な例でしょう。こんな放送をエンドレスで流し続けるなんて、JRは乗客の安全や、駅を快適に利用してもらうことを軽視しているとしか思えませんが」

 そんなことをいろいろ言いましたが、駅員は最後まで曖昧にうなずくだけ。私もその場で「この放送をやめます」なんて返事が返ってくるとは期待していないので、「よ~く考えてみてください」と言って駅を出ました。

 この東北旅行の案内放送は本会の会員にも不快だと言う人が多く、駅やJR東日本の「ご意見承りセンター」に何度も何度も苦情を言っています。私も今回の原宿駅に限らず、他のJRの駅で何度も「やめてくれ」と言っています。

 まあ、「思いがあれば(思いがあると口先だけでも言っておけば)、なんでも許される!」と考えている連中がその考えを変えるとは期待していないので、いちいち結果を確認するためにその駅を再訪したりしません。だから苦情を言った駅がその後どうなっているかわかりませんし、この放送がなくなるという期待なんか最初からしていません。
 原宿駅も、この日の帰りはJRを利用したくないし、(JR以上にアナウンスがうるさい)東京メトロも使いたくなかったので新宿まで歩きました。次に原宿に行く用事ができるのが半年後か、1年後か、5年後かわかりませんが、どうせそのときも「思い」のために、電車に乗ることと無関係な販促放送は流され続けているんでしょう。

 山本七平の『「空気」の研究』を引き合いに出すまでもなく、日本人はなんでも「空気」で支配し、「空気」で支配されたがります。その結果が「どうせ勝てるわけもない」戦争を引き起こしたのだし、日本社会の根底にある大きな問題だという指摘はさんざんされているわけですが、最近はその「空気」を作り出すために、メディアでも日常会話でも、人々が「思い」という言葉を乱発する傾向にある気がします。
 「この思い、届けえ!」みたいなことを叫びたがる一方で、その「思い」はどんな必要性があって生じてきたのか、実現したほうがいいことならどのような合理的な算段が必要か、結果として周囲にどういう影響を与えるかなどは一切考えようとしない。ただ「だって、そう思ってるんだもん! だからやるんだもん!」と叫び、「空気」を支配したがる人たちばかりあふれています。

 そのことに唖然としたのが、しばらく前に図書館で遭遇した出来事なのですが、長くなるのでまた時間があるときに書くかもしれません。

カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
路上ライブは広場や歌舞伎町でやればいい
 本日の朝日新聞夕刊に、また、路上ライブを賛美するコラムが載っていました。

――――――

(各駅停話)新宿駅 夢追い人が路上で歌う

 JR、京王、小田急、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れ、1日平均300万人以上と日本一の乗降客数を誇る新宿駅。仕事や学校から解放された乗降客らで混み合う夜、南口や西口前の路上は、観客を求める若いアーティストたちのステージになる。

 CDに合わせた独唱や、ギターやキーボードの弾き語り、バンド演奏、ダンスのほか、言葉を書にして贈る若者もいる。

 無許可の道路使用は警察官から制止されるうえ、酔客に絡まれ、通行人から罵声を浴びることも。

 ♪信じられたら 強くなれるよ――。数人の前で、アコースティックギターを爪弾きながら歌う小柄の女性がいた。さいたま市出身のmarinaさん。「できるだけたくさんの人に聴いてほしい」と繰り返し新宿の駅前に立つ。ここで知り合い、ライブハウスに聴きに来てくれるようになったファンらが支えだという。

 ギターの弾き語りでバラードを熱唱していた田部井孝明さん(26)は「少しでも疲れた心を楽に感じてくれる人がいたら」。一晩に20曲歌うこともある。「立ち止まってくれる人が勇気をくれます」。メジャーデビューの夢を追っている。(上沢博之)

新宿路上ライブ.jpg

――――――

 本当は、これについていつものような「身勝手な路上ライブ賛美」批判をだらだら書こうと思ったのですが、どう考えても「ここまで書いたらちょっとね」という皮肉しか出てこないのでやめます。とにかく路上ライブについては、「違法に路上を占拠して、自分勝手に酔いしれて、通りかかる人様に無差別に、無理やり音楽を聞かせるな」と、同じことを繰り返すしかありません。
 酔っ払いが寿司折りか何かぶら下げながら「あ~なた~にぃぃぃささあげ~たあ~~~」なんて歌っているならほほえましいものですが、路上ライブなんてものは本来「しかるべき場所でやること」を、勝手に公道を占拠して繰り広げているだけの迷惑行為なのですから。

 しかし、夜の新宿の南口や西口には、もうずいぶん行っていないのですが、いつの間にかとんでもないことになってませんか。この記事の写真は南口の甲州街道でしょう。自称ミュージシャンやその周りを取り囲む連中が路上を占拠して、歩行者の通るスペースがほとんどなくなっているじゃないですか。しかも記事を読む限り、南口や西口にはこんな連中が何組も現れるようになっているということですか? ライブだけでなくダンスだのなんだのまで現れてるんですか? なんでそんなものが放置されてるの?

 私は思うのですが、こんな状況が続くなら、そのうち「場所を巡って自称ミュージシャン同士が乱闘」だの、「狭くなった歩道のせいで通行人同士が喧嘩、一人重傷」だの、何か事件が起こる可能性も十分にあるんじゃないですかね。そうなってはじめて「路上ライブは規制すべき」なんて言っても遅いと思うのですが、世の「良識派」のみなさんは何か事が起こらない限り、こういう迷惑行為を「すてきだわ」だの「元気をもらったよ!」だのと褒めそやすだけ(その代表が、この記事を書いた記者)。そのくせひとたび事件が起きると、とたんに「前から危険だと思ってたの!」「だからさっさと規制すべきなんだよ!」などと言い始めるものなのだから、何がなんだかよくわかりません。

 それにしても上沢博之という記者は、「無許可の道路使用は警察官から制止されるうえ、酔客に絡まれ、通行人から罵声を浴びることも」などと同情的に書いていますが、無許可なんだから警察官から制止されるのは当然のことですよ。それとも朝日新聞は「路上ライブのためなら、法を破ってもかまわない」という認識なんですかね。
 酔客に絡まれたり、罵声を浴びたりすることがあるのも、そうされて仕方のないことをしているから。ただそれだけのことです。私はむしろ、こういう迷惑行為に文句を言う人がいるということがうれしいですね。「うるさい!」「邪魔だ!」当然じゃないですか。

 こんなブログで前向きな提案なんかしてもしょうがないのですが、自称ミュージシャンたちがそういう目にあいたくないと言うのなら、新宿なら南口の甲州街道を渡ったところにある、サザンテラスってんでしょうか、あの長い広場を路上ライブ用に開放すればいいんじゃないでしょうか。駅前の歩道を勝手に占拠し、大音量を撒き散らして通行妨害をするより、そのほうがよほど合理的だと思うのですが。
 あの広場の周囲には店や企業のビルしかないのだから、別に誰からも文句は出ないでしょう。あれだけ長くてでかい広場なら路上ライブが100人来てもだいじょーぶ! 自称ミュージシャンが「あそこじゃ通る人が少ないよ!」などと文句を言ってもしょうがありません。そもそも「通行人が多いところで路上ライブをする」という行為のほうがおかしいのですから。

 西口なら、ミロード? モザイク通り? なんだかよくわかりませんが、小田急と京王の駅に挟まれたところにあるオサレな坂道の商店街を開放すればいい。あそこは狭いですが通勤客がわざわざ通る場所じゃないし、店舗が「営業の邪魔になる」などと言っても、そもそも路上ライブをしたり、見たりするような連中を顧客に儲けているのがサザンテラスやモザイク通りなどの店なのだから、「それくらい自己負担しろよ」と私は思いますけどね。

 あるいは、歌舞伎町の中でもいいでしょう。歌舞伎町なんてあんなこととかこんなこととか、スペシャルな目的のある人しか行かないところなんだから、コマ劇場前の広場あたりを路上ライブに開放すればいいんです。ああいう場所を「歌舞伎町浄化作戦」などと言って規制するのに、一般の道路での迷惑行為を平気で野放しにする警察や「善良な人々」の考え方が私にはよくわかりません。

 路上ライブをしている連中は、どうしてちゃんと警察や行政と話し合い、自分たちが演奏できる場所を確保するという努力をしようとしないのでしょうか。きっと彼らの頭の中には、「♪無神経になれたら 強くなれるよ――」なんて歌詞がうずまいてるんでしょう。
 大音量騒音と通行妨害のせいで「疲れた心がさらに疲れてしまい」、「耳を塞いで早足に立ち去るしかない」状況に「絶望をもらう」路上ライブの氾濫。大型ビジョンに加えこんな騒音もひどくなる一方じゃ、ますます都心に行きたくなくなります。

カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
新宿は絶叫絶叫「野生の王国」
ほんの少し、新宿を歩いただけで聞かされる「スピーカー騒音」「音楽騒音」「絶叫騒音」の一例。

西武新宿駅前「サマージャンボ宝くじ」の呼び込み.mp3
新宿「ヨドバシカメラ」携帯売り場呼び込み.mp3
新宿「ヨドバシカメラ」ポイントカード勧誘.mp3
新宿「ビックロ」店頭スピーカー.mp3

いくら屈指の繁華街とはいえ、世の中の99.9%以上の人(私の勝手な推定)が、こんなにひどい「騒音」の中でも平気な顔をして歩けることが不思議でならない。
こうして録音した音をあらためて聞いてみて、少しぐらい「確かにおかしいな。うるさすぎるよな」と思ってくれる人がいるとうれしいのですが。

……ヘンでしょ。これ。
なんでこんなにスピーカー音を垂れ流したり、音楽を無理やり聞かせたり、絶叫したりしないと気がすまないんでしょ?
もう「野生の王国」って感じです。

カテゴリ:池袋・新宿・原宿・渋谷
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  池袋・新宿・原宿・渋谷

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。