度が過ぎれば「井戸端会議」だって迷惑だよなあ
 道路で遊ぶ子供、つまり「道路遊び」がうるさいという声がある一方、「井戸端会議」がうるさいという声もあるようです。
 無理にでも分類すれば、路上で子供だけが騒ぐ、あるいは大人がいても「うるさい」の中心が子供の場合は「道路遊び」、大人だけが騒ぐ、あるいは子供がいても「うるさい」の中心が大人の場合は「井戸端会議」と言っていいのかなと思います。ま、両方合わせて「道路族」ってことですね。

 道路遊びの被害についてはこのエントリーなどに書いてますが、私も以前、うるさい井戸端会議に悩まされた経験があります。

 数年前の秋、20メートルほど離れた近所の家に、夕方になると2人の小学生が集まるようになりました。理由はよくわかりませんが、雰囲気からすると、その家の住人がパートで夜まで働く同級生の親に「よかったら、仕事が終わるまでお子さん、うちで預かるわよ!」なんて言って、その家が簡易託児所になった……そんな印象でした。
 別にそのこと自体はかまわないのですが、問題は母親3人と子供3人、計6人の「解散式」です。

 夜7時頃になると子供たちの母親がやって来て、路上でその家の母親と子供を交えて「どうもお世話様でした!」「バイバイ!」「また明日ね!」みたいな挨拶が始まるのですが、こいつらは「またね!」と言っているくせに全然帰らない(笑)。何度も「またね!」「バイバイ!」と繰り返しながら、結局は「ところで奥さん、お聞きになった!?」とばかりに、そのまま路上で井戸端会議が始まるのです。そして、その声のでかいことでかいこと。30メートル離れたうちの中にまで、キンキンキンキン突き刺さってくる金切り声でした。

 親がうるさけりゃ、子供だって真似をしてうるさくなります。小学校低学年らしい3人の子供たちは、すぐに「ジャンケンポン!」だのと大声で叫ぶようになり、「よーい、ドン!」と路上でかけっこを始めます。キャーキャーキャーキャーはしゃぎながら、かくれんぼなんかもしていたなあ……。

 季節が秋ですから、夜7時といえばもう真っ暗で住宅地は静まりかえっています。そこに響く主婦の金切り声や子供の奇声、「ドタドタドタ!」と走り回る靴の音は、もう明らかに騒音です。
 私が運が良かったのは、この騒ぎが週に3回、1回あたり30分ほどで済んでいたことでしょう。それでも次第に耐えられなくなったので、「このまま続くなら、苦情を言いに行かねば」と思っていたのですが、半年ほど経ったところで、いつの間にかこの路上集会は開催されなくなりました。

 それ以来、いわゆる「井戸端会議」には悩まされていません。たまに、どう見ても70歳くらいの老人たちが「いったい、どこからそんな声が出るんだ」と不思議に思うほど、大声を張り上げながら路上ではしゃいだり(見苦しいねえ)、夜10時頃に「あら~あ、ほんとなのそれ!?」なんて主婦の立ち話が聞こえてきたりすることもありますが(何時だと思ってんだろうね)、別に日常的にというわけでもないので、気にせず放っておくしかありません。

 井戸端会議や道路遊びをする人たちのことを「道路族」と言うらしいですが、どちらも結局、程度問題でしょう。たまたま顔を合わせた知り合いと少し路上で立ち話をしたり、どこかへ出かける前にちょっと道路で子供たちが遊んだりするくらいならかまいませんよ。それなのに同じ路上を毎日のように、まるで自分の家ように占拠して、しかもキーキーギャーギャー桁外れの叫び声を上げながらはしゃいだり、遊んだりするから、こういう「道路族」というのは嫌われてしまうのです。

 道路だけではありません。公園だって「子供が遊ぶ場所」とはいえ山の中じゃないんだから、周囲に民家があり、そこで人が暮らしていることが想像できるなら、少しは「そんなに騒がないで遊びましょ」と子供をしつける親がいてよさそうなものですが、現実にはそんな期待をしても虚しいだけです。
 先日も、近くの公園にキーキーと巨大カミキリムシのように叫ぶ女児がいたのですが、見るとその母親らしい女はベンチの上でスマホを睨みつけながら「体育座り」をしていました。小学生や中学生じゃあるまいし、人が座るためのベンチに靴底をべったり付ける、そんなはしたない座り方をする親が、子供をしつけられるわけないよなあ……。

 ああそれから、こういうエントリーではどうしても「主婦」や「母親」のマナーの悪さばかり書いてしまいますが、あんたたち、スーパーの通路で立ち話をするのはやめてくれよ(泣)! 邪魔くさくてしょうがないんだよ(怒)! 私は「黙って睨みつける」とか「肘で押し退ける」というようなやり方はあまりしたくないので(でも、たまにするよ。私も『そういう意思表示の仕方がデフォルトになっている』現代日本人の一人だからね)、できるだけ「邪魔なんで、どいてくださいよ」とはっきり言うようにしているのですが、そういうとき、主婦って必ずと言っていいほどこちらをチラッと見て、無言のままたった数センチ横に移動するだけ。「すいません」だの「ごめんなさい」だのといった言葉を聞いた記憶がありません。もちろん、その後もほぼ同じ場所で、延々と立ち話が続くだけです。

 どうして、ああいう人たちは、そこまで「スーパーの通路が大好き」なんでしょうか。スーパーの通路には、何かあの手の人たちを引き付ける磁場みたいなものがあるんでしょうか? スーパーの通路での立ち話は「道路遊び」や「井戸端会議」に通じる見苦しい行為だと思うのですが、あんなことをして人に迷惑をかけて何が楽しいのか、私にはさっぱり理解できません。

カテゴリ:近隣騒音
72回も110番して解決しないバイク騒音
 騒音問題に対する認識が甘過ぎるから、こういう事件が起きてしまうのです。先日の朝日新聞の記事。

――――――

●騒音注意した男性を高校生らが集団で暴行した疑い

 警視庁は、三鷹市の高校2年の男子生徒ら17歳の少年4人を傷害の疑いで逮捕し、6日発表した。いずれも容疑を認めているという。
 少年事件課によると、4人は1月4日午前1時すぎ、調布市国領町の都営アパート駐輪場で、アパート自治会長の男性(61)にバイクの騒音を注意されたことに腹を立て、男性に馬乗りになって腹などを蹴るなどして、全治2週間のけがを負わせた疑いがある。
 駐輪場は少年らのたまり場になっており、昨年1年間で騒音の苦情など72件の110番通報があったという。

バイク騒音注意した男性を高校生が集団で暴行.jpg

――――――

 1年間に72回の110番ということは、ほぼ5日に一度です。そこまで通報を重ねても、おそらく警察は「ここで騒ぐのはやめようね」くらいの軽い注意しかしなかったのでしょう。それがまず問題。

 自治会の人も、どうしてこんな連中のたまり場に、自ら乗り込んでしまったのか。乗り込むのはいいけれど、そういうときこそ警察を呼び、一緒に行っていればこんなことにはならなかったのに。事前に警察と「次にガキどもが現れたら連絡します。一緒に現場に行って、きれいさっぱり解決しましょう」と、打ち合わせをしておけばよかったのです。

 私がこのブログに書いている「スピーカー騒音」をはじめとするさまざまな騒音は、基本的に「社会に公認されない騒音問題」です。多くの人が「その音はいいことなんだよぉ~!!!」と、心の底から思い込んでいます。
 「そんな音は迷惑だし、むしろないほうがいいですよ」と説得しても、「人のやさしさをなんだと思ってるんだー!」「私はあの音で癒やされてるのよぉぉ!」などと歯をむいて激高するか、「ふん」と黙殺するか、「はあ?」とあきれ顔で思考を停止するか、まあ反応はそんなところです。
 個を圧殺して「みんな一緒なんだよ!」を押しつけてくるのは日本社会の宿命みたいなものだから、そこから発生するスピーカー騒音問題を根本から解決するのは不可能です。

 でも、この事件のようなバイク騒音というのは、100人中100人が「それは、うるさいよねえ」と思うであろう典型的な近隣騒音・迷惑騒音です。そんな騒音にも、ここまで対応がにぶいという現実には愕然としてしまいます。

カテゴリ:近隣騒音
騒音解決のための制度や団体など
近隣騒音やスピーカー騒音というのは、どうしてもある程度限られた範囲で生じる被害となってしまいます。
ですから、米軍の騒音のような広い範囲に生じる問題で、しかもマスコミが飛びつくような政治的な背景などがない限り、騒音が社会的な問題として広まらないのでしょう。
それにそもそも、どう考えても日本人は他の公害に比べて騒音に鈍感すぎます。何より被害者自身が「これも●●(安全、仕事、近所づきあいetc)のためだから」といった理由で黙り込んで何も言わないのですから、どうしようもありません。

参考までに東京都を例に挙げると、都のホームページに「東京都環境パートナー団体名簿」というページがあり、公害問題に取り組んでいる民間団体がいろいろと紹介されています。
https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/policy_others/partnership/partner_list.html
このうち「騒音振動」をクリックすると出てくるのが、
https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/policy_others/partnership/noise.html
です。他の「地球環境」だの「自然保護全般」では数十もの団体が表示されるのに、騒音振動ではたった5つです。
しかも、そのうち下の2つは単なる業界団体(運送業界や測定器業界など)。
そして上の3つのうち、「静穏権確立をめざすグループ」はホームページは記載されていますが、クリックしても何もでてきません。
「騒音被害者の会」は、ホームページもないようなので、活動しているのかどうかよくわかりません(どちらも、電話をしてみればわかるかもしれませんが)。
「住環境の騒音・振動・低周波音を考える会(NPO法人住環境騒音SOS)」というのは、ホームページを見ると現在も活動を続け、騒音に悩む人への相談会などを定期的に開催しているようです。
http://www.geocities.jp/sosnoise/

また、行政の調停制度を利用する場合ですが、その流れについては総務省の「公害等調整委員会」のページにある図1がわかりやすいです。
http://www.soumu.go.jp/kouchoi/
東京都の場合なら、その前段階として「東京都公害審査会」を利用することになります。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/policy_others/conference/pollution_comitee/index.html

次に、他のエントリーにも書いた書き込みをそのまま転載します。
――――――――――
役所も警察も管理者も当てにならないとなったら、ハッキリ言って無駄なのかもしれませんが、次は弁護士です。役所が開催している月に一度の弁護士無料相談会とか、法テラスとか、そういう場に足を運んでみてはいかがでしょう。
裁判を起こすにしても、民事調停とかADRとかいろいろやり方はあるし、裁判ではなく民間の調停機関を利用するという活動も広がっているようです(どこまで実効性があるのかはわかりませんが)。
そのためにもまず、一人より集団になれたほうがいいのではないでしょうか(なにしろ相手が集団で音の暴力を振るってくる輩なのですから)。
http://www.kokusen.go.jp/adr/index.html
http://www.moj.go.jp/KANBOU/ADR/index.html
http://www.adr.gr.jp/
http://www.tokyokai.jp/consult/free_consult.html#freeInterview
http://www.houterasu.or.jp/
http://www.npo-jmc.jp/
――――――――――

「静かな街を考える会」は、会としてこうした紛争を支援したり、自ら裁判を起こしたりする活動ではなく、「音の害を社会に知って欲しい」という啓蒙的な活動を主軸にしているので、直接的な行動は起こしません。
私個人はそれでは物足りないと思っているのですが、まあ「音」に関する99%の日本人の鈍感な感受性を考えれば、それもやむを得ないかなと思っています。
本当に世の中の人が「なんでこんなにうるさいんだ」と思っているのなら、例えば東京メトロには1日に500万人もの利用者がいるらしいので、このうち0.1%でいいから原告となって「もっと静かなアナウンスにしろ」という裁判が起きてもいいはずなのですが、そんな動きはまったく出てきません。むしろ日本人のメンタリティを考えれば、「うるさいくらいなんだ、わがままを言うな!」と、悪役にされてしまうだけでしょうからね。

追記:騒音・低周波音・振動・悪臭の紛争を専門にしている弁護士・村頭秀人氏のサイト「感覚公害法律相談」
http://www.kougailaw.jp/

カテゴリ:近隣騒音
近隣騒音を擁護するマスコミと学者
土曜日の朝日新聞が、また「騒音擁護」の記事を載せていました。テーマは近隣騒音です。
430466_1353215831.jpg
この記事の中で、「近隣トラブルに詳しい」八戸工業大学の橋本典久という教授は、「音に対する感受性が変わり、(騒音の被害者が異様なまでに)敏感になっている」「セミやカエルの鳴き声がうるさいから何とかしろ、と(単なるクレーマーとしか思えない)苦情も行政に寄せられる」などとコメントしています(かっこ内は私の解釈)。
そして、社会心理学者で目白大学の渋谷昌三という教授は、「(音にいちいち文句をつけるような)自分の殻に閉じこもる人が増えた」「孤独なほど人と交わりたいという欲求が強ま(る。だから)しつこく苦情を言う人ほど、実はコミュニケーションを取りたがっている」などとコメントしています。

まあ、どうしてここまで「騒音に文句を言う奴は、音に敏感になりすぎた引きこもりのクレーマー」で「本当はみんなさみしい奴なんだよ」とでも言いたげな、さげすみのコメントばかりできるのか不思議です。

住宅地に住んでいれば、炊事や掃除、洗濯といった必要不可欠な「生活音」が、近隣にまである程度聞こえるのは仕方のないことです。しかし近隣「騒音」というのは、そんな「生活音」のレベルをはるかに超えたものだからこそ「騒音」になるのです。
私自身がこれまでに経験し、苦情を言ってきた近隣騒音には、
●住宅地で平気で大音量のエレキギターを弾くバカ
●一日中吠え続ける犬のバカ飼い主
●朝まで酒を飲んでどんちゃん騒ぎを繰り広げるバカ学生
●毎日、必ず同じ時間に30分近く、私の家の前の駐車場でアイドリングを続けるタクシーのバカ運転手
などなどがあります。この夏も、夜中に突然、窓を開けっ放しにした部屋で大音量の音楽を鳴らし始めた近所の住人をやめさせるため、警察を呼びました。

こんな例は枚挙にいとまないのですが、いったい、これらのどこが生活に必要な「生活音」なのか。
生活音ですら、夜中に掃除機をかけたり洗濯機を回したりすれば、特に集合住宅では迷惑になる場合が多いし、「常識外れだよね」というのは、まあまあ大方の人が理解していることでしょう。しかし、これらを超えた騒音を出す「騒音主」というのは、このような「常識」さえ理解せず、自分勝手に、自分の都合で、一般的な生活に必要な範囲を遙かに超えた迷惑な音を出して当然だと思っている連中ばかり。そして、そのことに苦情を言っても理解したり、きちんと対策を取ろうとしたりする頭脳や行動力を持っていない場合がほとんどなのです。
エレキギターなら、私が「住宅地で大音量でギターを弾くのはやめてくれ。どうしても弾きたければ、アンプにヘッドホンをつなげばいいだろう」と言っても相手がなかなか実行せず、ほぼ解決するまでに2年近く、5回ほど苦情を言い続けるはめになりました。
犬の例については、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-87.html
に書いたような経験があります。

子どもの遊び声についても同様です。確かに子どもが公園や道路などの屋外で遊び回るのは当然のことですし、遊べばある程度の「歓声」が発生するのは仕方ありません。それを騒音と感じるか、「ほほえましい」と感じるかは人それぞれレベルが違うでしょう。しかし、日本の社会は、あまりにも「子どもの発する騒音」に寛容で、「人の迷惑になることはやめましょう」「周囲に配慮しましょう」という、きちんとしたしつけをしなさすぎる。それについては、
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-59.html
に書いたような考えを私は持っています。
今回の記事も、見出しに「子どもの歓声に『すら』苦情」と書き、「子どもの遊ぶ声に苦情を言うなんて信じられない!」と、騒音に悩む人を一方的に「クレーマー」だと断罪する内容になっています。

記事の中でも触れられている1974年の「ピアノ殺人事件」は、これについて書かれたドキュメント「狂気―ピアノ殺人事件」を読んだことがあるのですが、じつに身につまされました。団地という集合住宅の中で娘にピアノを弾かせるバカな一家のせいで、どんどん精神的に追い詰められていく犯人の気持ちは痛いほどよくわかります。
当時、あの有名な音楽家の団伊玖磨氏は、「日本の狭い家屋でピアノを弾くのは、バスの中で野球をしようとするほど無茶なこと」と言って、音楽家でありながら日本の音楽教育のあり方を批判したようですが、これはもっともとしか言いようのない発言だと思います。
しかし、こうした発言があったにもかかわらず、日本が「騒音に寛容であることを強制する社会」である事実はいっこうに変わりません(それどころか、どんどんひどくなっています)。
特にマスコミレベルでは、このブログで取りあげた一連の記事にもあるように、常に「音を気にする奴こそ異常者」とでも言いたげな論調ばかり。手に余る騒音に悩み、行政や警察に相談すれば、たちどころに新聞が「クレーマーだ!」と「叩いてくる」のですから始末に負えません。

八戸工業大学の橋本典久というのは、確かに近隣トラブルに詳しい研究者という触れ込みで、何冊かの著書も出しているようです。私はそのうちの一冊を読んだことがあるのですが、基本的に「話にならない本だ」という印象しか残っていません。
アメリカで、騒音トラブルを解決するために導入されている制度について紹介している部分は参考になりましたが、根本的にこの人が言っているのは「騒音問題の解決は、お互いの対話や意思の疎通が必要」などというあたりまえの話ばかり。しかし現実には(加害者も被害者もお互いに)「対話もできない、意思の疎通もできない」相手ばかりになりがちだからこそ、騒音問題の解決は難しいのだ、ということをまったく理解していないようです。

目白大学の渋谷昌三の理解はもっと浅い。浅いというより「(騒音加害者が被害者の)話を聞いてやれば、相手がすっきりすることもある」などと、完全に加害者の立場になって「被害者を丸め込む」ことしか考えていない、もっとも最悪な考え方の持ち主のようです。こんな人物が社会心理学者で大学教授だというのですから、教授というのは実に安っぽいお手軽な商売だなあと思います。

こうした考えに全面的に賛同しながらこの記事を書いた朝日新聞の北林晃治、そして八戸工業大学の橋本典久、目白大学の渋谷昌三、この3人はもう少し「騒音問題の本質」を考えてみてはいかがでしょう。
そのために必要なら、私がこの3人の自宅の横に引っ越して、日夜ステレオをかけ、楽器を弾き、夜中でも洗濯機を回したり、犬を鳴かせたりしてさしあげましょう。もし文句を言ってきたら、渋谷教授のおっしゃるとおり、「相手の話を聞き、傾聴の姿勢を見せ、『意外といい人じゃないか』」と思わせて、あなたを「すっきり」させつつも、騒音は一切やめずに生活をしてさしあげましょう。そのとき渋谷教授、あなたはどうしますか?

カテゴリ:近隣騒音
嫌がらせで夜間作業をする工務店
前のエントリー
http://bunkasouonn.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
に書いた工務店の件で、少し詳しいいきさつを思い出しました。

その工務店の騒音が条例か何かにひっかからないのかと思い、まず自分で調べたところ、確か都の騒音関連の条例の一つに明らかに違反するものであることがわかりました。
その条例によれば、工務店のような作業場の騒音は、確か午前8時から午後8時までは60デシベル以下、午後8時から翌朝8時までは50デシベル以下にしなければならない、というような内容でした(詳しく調べ直す余裕はないので適当ですが)。
その工務店は夜間作業こそしていなかったものの、昼間の騒音は明らかに条例の設定を超えた音量を出していました。

そこで当時住んでいた市役所の環境課に行き、職員と話したところ、条例違反であることはわかってもらえ、「もちろん指導をします」という返事ももらいましたが、「『条例を守りなさい』という主旨で指導するのは、あなたのためにもやめたほうがいい」と言われてしまいました。
なぜなら「条例を守れ」と言って、仮に昼間の騒音が条例を遵守したものになったとしても、逆に嫌がらせのためにその工務店がわざと夜間作業を始めて、今よりさらにひどい騒音に悩むことになるかもしれないから、ということでした。
実際に、その市内の別の工務店に近所の住人が苦情を言ったところ、工務店が「条例を守ればいいんだろ」と、嫌がらせで夜間作業を始め、ますます問題がこじれてしまったという事例があったそうです。

こちらとしても、昼間の騒音が少しばかりマシになるからといえ、嫌がらせで夜間に騒音を出される可能性もあると言われればそれは困るので、結局、上記エントリーのとおり妥協した指導をしてもらい、さらにこちらがひょんなことからその後すぐ引っ越すことになったので、結果としては事なきを得たのですが、いずれにしろ昼間はもちろん、夜中にまで住宅地で工務店が騒音を伴う作業を「できる」となっている条例そのものがおかしい。だから嫌がらせで夜中に騒音を出すなどということが法律上「許されてしまう」のは、ちょっとどうかしている。
もっと自治体は騒音の取り締まりに対して、法や条例や罰則の整備をきちんとしてほしい、ということを担当者に伝えましたが、その後、そちら(工場騒音)関連にの動向については詳しく把握していないので、どうなっているのか全然分かりません。

カテゴリ:近隣騒音
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  近隣騒音

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad