廃品回収車への110番通報回数(2015年5月~16年1月)
 仕事が忙しかったり体調が悪かったりで、ブログを書くのが大変になってきたので、内容の薄いエントリーでごまかします。2015年5月以降の廃品回収車への110番通報回数。

5月  0回
6月  2回
7月  0回
8月  0回
9月  1回
10月  1回
11月  0回
12月  0回
1月  1回

 ひと月に現れる業者が6、7台くらいで、そのほとんどは「こちらわああああ」と聞こえてきても、サーッと走り去ったり、あまり家の近くまで寄って来なかったりという状況。「こんなのが居着いたら大変だ」と110番するのは、あいかわらずこの程度の回数で済んでいます。
 確か去年の年末は30日、今年の年始は3日から業者の音が聞こえて身構えていたのですが、すぐにどこかへ消えていきました。それ以降、急に増えそうな気配も今のところなさそうです。

 まあ、「廃品回収車の騒音」については、台数が減ったのも、しつこくうろつく業者が減ったのも、こうして地道に通報しているから──ではなく、あくまでも「たまたま」なのでしょう。
 でも、人様の家のドアや窓を蹴破って、まるで強盗のように侵入してくる騒音には、たとえ台数が少なくてもやるべき対処をしっかりとやる。それだけは変わらない。毎度同じことを書くだけです。

 うちの周囲に限っては、今の状態なら防災無線の乱用、救急車の大音量サイレンや運転手の絶叫、共産党の演説テロ、トラックの過剰な警告音やボイスアラーム、近所の小学校・中学校の金切り声の校内放送などのほうが、廃品回収車よりよほどやかましいかもしれません。
 廃品回収の騒音に関してだけは、ほんの数年でずいぶん落ち着いたなあと思います。

──────

●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回
2013年6月  1回
2013年7月  2回
2013年8月  4回
2013年9月  0回
2013年10月  3回
2013年11月  1回
2013年12月  1回
2014年1月  1回
2014年2月  3回
2014年3月  1回
2014年4月  0回
2014年5月  1回
2014年6月  0回
2014年7月  1回
2014年8月  0回
2014年9月  1回
2014年10月  1回
2014年11月  1回
2014年12月  1回
2015年1月  1回
2015年2月  1回
2015年3月  0回
2015年4月  1回
2015年5月  0回
2015年6月  2回
2015年7月  0回
2015年8月  0回
2015年9月  1回
2015年10月  1回
2015年11月  0回
2015年12月  0回
2016年1月  1回

カテゴリ:廃品回収・移動販売
廃品回収車への110番通報回数(2014年11月~15年4月)
 2014年11月の廃品回収車への110番通報は1回。12月も1回、15年1月も1回、2月も1回、3月だけ0回、4月は1回でした。

 最近は、この廃品回収車の騒音についてはあまり変化がなく、書くことがありません。
 相変わらず、業者が現れるのは月に6~7台くらい。(おそらく)業者の自滅で以前より台数が減ったのはうれしいですが、これがゼロになることはないんでしょう。スピーカー騒音にとことんまで甘い国で、そんな期待をしても無駄なだけ。
 今、110番するのはよほど長時間徘徊されたときか、家の前の道路まで進入されたときに限ってますが、その回数がここまで減少しただけましだと考えなければならないのかもしれません。

 一つ気になったのは、最近、遠方からの業者が立て続けに現れたこと。ここは東京ですが、4月に110番したのは湘南ナンバーの業者だったし、その前、3月には群馬ナンバーまで現れました。

 湘南ナンバーは以前からたまに見かけることがありました。ほかに春日部、熊谷、とちぎ(なんでひらがななんだ? 恥ずかしい)などもあって、今度は群馬か。
 しかもこの群馬ナンバーの業者、なんとハンドルの上にまんが雑誌を置いて、読みながら運転していたのだから驚きです。こういうのがねえ、野放しにされてていいのかねえ。群馬ナンバーなななないちになんだけど。
 110番した湘南ナンバーの業者は、堂々とケータイで話しながら運転してたし。

 まあ、当面はこのまま、しつこい業者は110番というやり方を続けるしかないんでしょう。

 で、いきなり話が変わるようですが、「SFマガジンが隔月刊になってしまった」と知って、それも時代の流れかと図書館で隔月化1号目をぱらぱらめくったところ、椎名誠氏の連載エッセイ「椎名誠のニュートラル・コーナー」が、廃品回収を含めたスピーカー騒音の話題でした。

 椎名氏は以前のエントリー『椎名誠氏が本会の活動に言及』でも紹介したとおり、日本の拡声器騒音について「なんなんだ、この状況は」と問題意識を持っている方のようです。この連載はユーモア脱力系エッセイなので、そうした状況をおもしろおかしく書いていますが、ほんの一部を紹介します。SFマガジン15年4月号から。

――――――

椎名誠のニュートラル・コーナー

「猛蛇注意」
日本では、機械がよく喋るのだが、あんまりしつこいのもどうかと思うぞ。

おねえちゃんとクマゴロウ

 諸外国の事情はくわしくはわからないが、日本には「喋る機械」がうんとこさある。

《中略》

 毎日自宅で仕事をしていて嫌でも何回も聞かされるのは「不要品回収」の軽トラックのかなり不必要にボリュームをあげた「回収」のよびかけアナウンスだ。「回収」といったってゴミをだすと金をとられる。あの小さなスピーカーで喋っている録音声もたいてい若い女である。一日に十回ぐらいはやってくる。そのうち同じ声で同じことを喋っているのが七割ぐらい。

 ぼくは最初同じクルマが六回も七回もまわっているのか、そんなに何回まわっても要らないテレビや冷蔵庫が一時間後にでるわけないだろが。なんてバカな奴だ、などと思っていたが、あれはおそらく「専用テープ」を卸しているところがあって、同じのを買って使っているいろんなクルマが走っているからなのだろう、と最近思うようになってきた。

 しかしあの「あまったるーい声」で、しかも言い方も文法も間違えてるバカ娘のニチャニチャ声を聞かされるほうの苦痛代はどうなるんだ。

 あまり丁寧語を喋ったことがないヒトが台本を書いているのだろう。

「○○もおうけたまわりいたして申し上げております」

 なんてバカ家老の口上みたいで、たかが粗大ゴミなどにそんなに丁寧にならなくてもいいじゃないか。粗大ゴミが照れてますねん。

《中略》

 それにしてもよく思うのはこんなふうに都心とはいえ、毎日のようにテレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコン、バイク、などといったものが捨てられている国、というのが世界にどのくらいあるのだろうか。このあいだは使わなくなった「農機具はありませんか」なんて言っているクルマがあった。このあたりどこに畑があるんじゃい。すぐそばに都庁が見えるところだけどな。

 ヨーロッパの多くの国は「空間も住人共通の静寂財産」というふうに認識されているから、あのような一日中ひっきりなしの「不要騒音」はゆるされない。

 物量の国、アメリカはあんがいコンサバティブであまり機械などのシステムを変えないから、壊れたら修理してつかう、という健全な精神がある。日本の場合は壊れたものを直すよりも新しいのを買ったほうがいいですぜ、のひったくりシステムだからああいう商売がなりたつのだろう。

みんな何かしゃべってる

 ちょっとハナシがそれた。

 喋る機械の話であった。

 都会の街をいくと喋る機械だらけだ。

 盛り場などはめちゃくちゃにそういう機械音が重層しているからどの機械が何を喋っているのか判別つかない。ああいうのは別に判別しなくてもいいのだろうけれど。

《中略》

 駅にいくと例によってエスカレーターが一日中喋っている。これも女の声だ。全部エスカレーターの乗りかたの注意だ。真ん中に立って前を見て子供の手は放さず息をとめて(まではいわないが)とにかく注意事項を連続して喋り続けている。でもあれを注意深く聞いている人はまずいないだろう。

 声を出している側は、何かあったときの責任のがれ(ちゃんと四、六時中注意をよびかけてますよ)で、あれを続けている。誰も聞いていない注意事項はただの騒音なだけで聞いている人の神経をマヒさせ、本当に危ないときに役にたたなかったりする。

 このエスカレーターの警告はデパートのなかでも同様で、日本語のわかる外国人がはじめて日本に来たとき、日本人はみんなエスカレーターの乗り方をしらないのだな、と思うかもしれない。《後略》

――――――

●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回
2013年6月  1回
2013年7月  2回
2013年8月  4回
2013年9月  0回
2013年10月  3回
2013年11月  1回
2013年12月  1回
2014年1月  1回
2014年2月  3回
2014年3月  1回
2014年4月  0回
2014年5月  1回
2014年6月  0回
2014年7月  1回
2014年8月  0回
2014年9月  1回
2014年10月  1回
2014年11月  1回
2014年12月  1回
2015年1月  1回
2015年2月  1回
2015年3月  0回
2015年4月  1回

カテゴリ:廃品回収・移動販売
拡声器の「いしや~きいも~」が冬のメロディーねえ
 今日の朝日新聞夕刊が、また拡声器騒音を賛美してます。ニュースがなくなり暇になると必ずこれをやるマスコミには、もううんざりなんだけど。

――――――

デコトラ、石焼きイモを売る 見てもおいしい現代アート

2015年1月27日13時32分

 「いしや~きいも~」。聞き慣れた冬のメロディーに振り返ると、ど派手な改造車が――。城の天守閣のような飾りに極彩色の電飾、イモを焼く窯からは8本のとがった筒が伸びている。その正体は、れっきとした「アート作品」だ。

 手がけたのはアートユニットYottaの木崎公隆さんと山脇弘道さん。京都造形芸術大学で講師を務めながら、授業のない日には東京都内各地で石焼きイモ屋を営む。最近では見かけなくなった日本独特の文化や美意識を作品化し、その魅力を改めて発信するのが狙いだという。

 作品のテーマは「デコトラ」。陸運局に通って法規を学び、トヨタ自動車の高級車「センチュリー」を中古で購入し改造。実際に公道を走行できる車両に仕上げた。飾りも窯も、すべて積載物扱いだ。「六本木アートナイト2010」の出展作品として制作したのが始まりで、毎年冬になるとイベントや街頭で石焼きイモを販売してきた。

 なぜ現代美術作家がイモを売るのか。木崎さんは「現代美術ってどうしても小難しいイメージなので、遠目に見るだけじゃなく、近くに寄ってきてほしい」と話す。

 昨年は若手の登竜門として知られる「岡本太郎現代芸術賞」に入選。2月からは川崎市の岡本太郎美術館に展示されるが、平日は街に出て営業する予定だ。(内田光)

デコトラ石焼き芋屋

http://www.asahi.com/articles/ASH1W36JBH1WUQIP007.html?iref=comtop_list_nat_n04

――――――

 ふ~ん。

 うちの近所には、4年ほど前から3年前にかけて、たびたび軽トラの焼き芋屋が現れて、そのうるささに閉口しました。いくつかの業者が入れ替わり立ち替わり来ていたようで、警察に立ち会ってもらい「都の環境確保条例違反、および道路交通法違反」と苦情を言い追い払ったこともあります。
 当時は同時にラーメン屋の軽トラも徘徊していて(なんと深夜2時まで!)、移動販売業者の騒音に悩まされたものです。

 結局、焼き芋屋もラーメン屋も、いつの間にか河岸を変えたらしく現れなくなりましたが、それでも今も一冬に2、3回は姿を見せます。一昨日の日曜日も夜7時ごろ「おいも~おいも~おいもだよ~ほっかほか~のおいもだよ~」と間の抜けたスピーカー音が聞こえてきて、近づいてくるかとイライラしていたらどこかに消えていったので、胸をなで下ろしたばかりです。

 この記事の冒頭の<「いしや~きいも~」。聞き慣れた冬のメロディー>という、スピーカーから垂れ流される音を季節の風物詩のように受け止める感受性が、私には理解できません。
 本当の季節の音というのは、冬ならびゅーびゅー吹き荒ぶ北風の音、その中を歩く人たちが口々に交わす「寒いね」というざわめき、テーブルの上で鍋がぐつぐつ煮える音、そういう音のことを言うんじゃないでしょうか。
 拡声器で増幅され、誰が何をしていようが無理やり聞かされる<いしや~きいも~>の濁声が<冬のメロディー>だなどと、少なくとも私はちっとも思いません。
 デコトラの石焼き芋がアートだか現代美術だかなんだか知らないけど、頼むからうちの<近くに寄って>こないでくれよ。

 そもそも、このアートユニットとやらは<最近では見かけなくなった日本独特の文化や美意識を作品化し、その魅力を改めて発信するのが狙い>なんて言っているようですが、<最近では見かけなくなった日本独特の文化や美意識>ってなんのこと?
 それがこのデコトラ石焼き芋のような、日本文化の一面を確かに表している「婆娑羅」な美意識を指しているなら、原色ギトギトの看板やのぼり、あらゆる場所から錯乱炸裂するスピーカー音に埋め尽くされた日本の町に、相変わらず健在じゃないか。というよりも、そのドギツサは酷くなる一方です。それを<見かけなくなった>と感じるのがアートな感性っちゅーんですか? けっ。

 もう一つ、指摘しておきたいのは、この焼き芋屋がスピーカー音については東京都の環境確保条例、路上での商売については道路交通法を守っているかどうかという点です。

 動画を見る限りでは、実際にどんな<いしや~きいも~>のメロディーを流してるのかよくわかりませんが(冒頭のテクノっぽい音楽?)、環境確保条例で定められた「拡声器の音量は(区域によって異なるが住居専用地域では)55dB以下」(55dBは人間の話し声程度)や、「スピーカーの使用は午後7時まで」という規則は守ってるんでしょうか。
 道路交通法の第七十七条「場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者は、管轄する警察署長の許可を受けなければならない」は遵守してるのかな? 動画では明らかに路上(しかも見通しの悪いトンネル内のカーブ)に車を停めて営業しているようですが、いくらなんでも危険過ぎるんじゃないのかね。

 そもそも、車の改造については<陸運局に通って>まで、違法にならないよう神経を使っている(と、わざわざ強調している)のに、その車を使った商売の方法については無神経さしか感じられないバランスの悪さは、いったいなんなんでしょうか。
 以前のエントリー『「静かに笑顔で」商売するアイスクリーム屋』で紹介した、ロンドンのスマートなアイスクリーム屋台と比べると、あまりの違いに涙がちょちょ切れそうです。

カテゴリ:廃品回収・移動販売
無資格でタンクローリーを運転する灯油販売業者
 自分のためのメモ。

 灯油販売車を運転するには、消防法に基づく国家資格である「危険物取扱者」の資格のうち、最低でも丙種の資格が必要(または、それより上の乙種第4類資格)。

 http://goo.gl/y6Ufa

 https://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/

 灯油の巡回販売業者が、危険物取扱者の資格を持たずにタンクローリーを運転している実例。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-05-01/2006050101_03_0.html

シューワ石油の違法行為.jpg

 業界最大手(そうなのか)のシューワ石油がこれなら、ほかの業者も推して知るべしなのか、ここだけが特に堂々と違法行為をしているのか。今もホームページには「危険物取扱者歓迎」とあるだけで、「有資格者に限る」とは書いていない。

 http://www.shu-wa.jp/jobs/01_Patrol_sale02.html

 電話で求人について問い合わせたら、「危険物取扱者の資格はいらない」と言われたというブログもある。

 http://blogs.yahoo.co.jp/zzzz_kougaihantai/5368324.html

 一般的な自動車より大きく、灯油という可燃物を満載し、狭い路地まで走り回るタンクローリーが、普通自動車免許で運転できるというのも疑問だ。

カテゴリ:廃品回収・移動販売
廃品回収車への110番回数(2014年9月~10月)
 2014年9月の廃品回収車への110番通報は1回。10月も1回でした。

 数年前、うちの周囲に決まった曜日の決まった時間に定期的に現れ、110番で警察を呼び、何度注意させても来続ける業者がいました。市の環境課に連絡し、現場で直接「一般廃棄物処理法違反。これ以上この周囲には来ないように」と指導させ、ようやく姿を消したということがあったのですが(しかし中途半端な指導だ)、その業者が9月の頭頃、また連日現れるようになりました。
 とりあえず警察や市には連絡せず様子を見ていたところ、今回は1週間もしないうちにいなくなったので、よけいな手間をかけることなく済みました。

 それ以外は9月も10月も、相変わらずの状況。3、4日に一度、1カ月に8~10台くらいの業者がうちの周囲をうろつきますが、家の前の道路まで入り込んでこなければ無視するようにしているので、通報したのは1回ずつということになりました。
 本当はつい先日、大音量の業者がうちの回りを走り始めたので110番してもよかったのですが、仕事が大詰めでそんな暇さえ惜しかったので我慢。これを入れれば10月は通報2回ということになっていたかもしれません。

●2010年6月以降の110番回数

2010年6月  2回
2010年7月  5回
2010年8月  8回
2010年9月  7回
2010年10月  8回
2010年11月 14回
2010年12月  6回
2011年1月  4回
2011年2月  2回
2011年3月  1回
2011年4月  0回
2011年5月  1回
2011年6月  5回
2011年7月  5回
2011年8月  1回
2011年9月  5回
2011年10月  1回
2011年11月  7回
2011年12月  4回
2012年1月  3回
2012年2月  1回
2012年3月  1回
2012年4月  3回
2012年5月  2回
2012年6月  1回
2012年7月  2回
2012年8月  1回
2012年9月  2回
2012年10月  5回
2012年11月  3回
2012年12月  5回
2013年1月  1回
2013年2月  2回
2013年3月  4回
2013年4月  4回
2013年5月  0回
2013年6月  1回
2013年7月  2回
2013年8月  4回
2013年9月  0回
2013年10月  3回
2013年11月  1回
2013年12月  1回
2014年1月  1回
2014年2月  3回
2014年3月  1回
2014年4月  0回
2014年5月  1回
2014年6月  0回
2014年7月  1回
2014年8月  0回
2014年9月  1回
2014年10月  1回

カテゴリ:廃品回収・移動販売
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  廃品回収・移動販売

■プロフィール

Author:静かな街を考える会 別館
市民グループ「静かな街を考える会」会員のブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad