スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告
「祭りの苦情」に苦情を言う身勝手な主婦
 そろそろ、「祭りの音がうるさい」という声が上がる季節になりました。

 私自身がどんな祭りの音に不愉快な思いをしているか。それはこれまでのエントリーに書いているので繰り返しません。
 それにしても「祭りの音がうるさいなんて、なんという世の中だ!」などと一方的に嘆き、「正義の拳」を振り上げる人が世の中にはたくさんいるもの。これこそ「厚顔無恥」と言うんだろうなあと思わせる新聞の読者投稿があります。
 朝日新聞の「声」欄に、2年ほど前に掲載された投稿です。

――――――

帰る前に片付けられた灯籠

主婦 ××××(神奈川県 34)

 先日、近所の公園でお祭りがありました。夕方から夜にかけて子どもたちが将来の夢などを描いた灯籠(とうろう)を池に放します。夜の水面にたくさんの夢が光を放ち、神秘的でした。

 しかし、最後の舞台演奏が終わった頃、「もっと楽しみたいところですが、ご近所から苦情がきています」というアナウンスとともに終了。さらに灯籠は来場者の帰りを待たずに引き上げられ、池のほとりに無造作に山積みされました。

 それを目にした6歳の長男は苦笑いし、4歳の娘は「大人はお祭り楽しくないのかな」と言いました。

 人との関わりが希薄になりつつある中、私には騒音に苦情を言う人も、早々に灯籠を片づけたスタッフも、地域の行事を「自分とは関係ないもの」と考えているように映りました。このような態度は、子どもたちに「自分さえよければ」と思わせてしまわないでしょうか。お祭りは子どもが他人を尊重することを学ぶいい機会でもあるのに、とても残念に思いました。

帰る前に片付けられた灯籠.jpg

――――――

 やれやれ、としか言いようがありません。スクラップしてある新聞の読者投稿の中でも、不快指数ベストテンにランクインする内容です。

 <灯籠を池に放します>とあるからには、この祭りはいわゆる「灯籠流し」なんでしょう。
 お盆の時期に先祖の霊を弔って、灯りを点けた灯籠を川に流す。灯籠流しはそういうものだと思うのですが、それが<子どもたちが将来の夢などを描いた灯籠を池に放>すことになっているのは、まあいい。どちらにしろ、灯籠流し自体はこの主婦が言うとおり神秘的で、おごそかな、すばらしい伝統行事だと思います。

 しかし、それならなおのこと、なぜ<舞台演奏>が必要なのか――。まず、ここがわからない。

 先祖の霊を弔うにしろ、子供が将来の夢を願うにしろ、音楽があるかどうかなんて関係なく、親子でしんみり語り合えばいいじゃないか。
 そのとき、バックに流れるのは「リンリンリン」と鳴く虫の音や、風が水面を揺らす「さらさらさら」という音こそふさわしいでしょう。周囲の人たちのざわめきや、(どうせあるんでしょうが)屋台で焼きそばを焼く「ジュージュー」という音も悪くない。遠くからかすかに聞こえてくる電車の音なんかを加えたっていい。あ、向こうの草むらから「アン、アン、ア~ン」と甲高い音がするぞ。新種の虫かな見に行こう!

 そういう「自然の音」に耳を傾けることなく、「舞台の演奏がないと物足りない! 音楽がないと情緒も何も感じられないのよワタシ!」と主張する、この主婦の不感症的ワガママ口調はなんなんだろうか。

 <灯籠は来場者の帰りを待たずに引き上げられ、池のほとりに無造作に山積みされました>
 この灯籠流しが、どのような場所で、どれくらいの規模でおこなわれたのかわかりませんが、いろいろと想像することはできます。なぜ、スタッフは祭りが終わった途端、灯籠を回収したのか。

 ●時間が経つと灯籠が池に沈み、引き上げるのが難しくなるから。
 ●灯籠が川に流れ込むと、回収できなくなるから。
 ●池は川にはつながってないが、排水口(?)に詰まるとまずいから。
 ●池とはいえ、火の点いた灯籠をそのままにしておくわけにいかないから。
 ●この日は日曜日でスタッフは翌日も仕事がある。当日のうちに灯籠を引き上げるしかないから。

 もちろん、本当はどんな理由だったのかわかりません。単に「終わったらさっさと引き上げよーぜ。あーめんどくせー」というだけだった、という可能性もあるでしょう。近所から苦情がくるほどの音楽を流すスタッフをかばう気は私にはないし、この主婦が<無造作に山積みされ>た灯籠を見て、スタッフを非難したくなる気持ちもわからないでもありません。

 でも、灯籠をすぐに回収した理由は何かしらあるはずで、疑問に思うなら「どうして、すぐに引き上げてしまうんですか」と聞けばいい。そして納得がいかなければ「おかしいと思います。もっとこうしたらどうでしょう」と、代案を出して話し合えばいいんです。

 それなのにこの主婦は、スタッフに何も聞かないまま<無造作に山積みされました>と嘆き、夜遅くまで流す音楽が近隣の住人にどんな影響を与えているか想像もせず、ただ、ぶうぶうと文句を垂れているだけ。
 そんなに不満があるなら、自分がスタッフの一員になって「もっと良い祭りにするには、どうすればいいんだろう」と考える選択肢もあるのに、そうした主体的な行動をとる気はさらさらないようです。
 6歳と4歳の子供が<苦笑い>したり、<大人はお祭り楽しくないのかな>とイヤミなことを言うのを誇ったり(しかしこれ、本当かね。話を“盛って”ねぇか?)。ここまでくると「なんてひねこびた親子なんだ」と<苦笑い>するしかありません。

 納得のいかないことがあったら相手と話してみればいいのに、自分は何もせず、子供をダシにまでして苛立ちを新聞に投稿する「正義の味方」もどき。こういう人が最も始末に負えません。
 この投稿の締めは、こんなふうに書き換えたほうがしっくりきます。

 『人との関わりが希薄になりつつある中、私には騒音に苦情を言われたことに文句を言う人も、早々に灯籠を片づけたスタッフに不満をぶつける人も、周囲への配慮を「自分とは関係ないもの」と考えているように映りました。このような態度は、子どもたちに「自分さえよければ」と思わせてしまわないでしょうか。お祭りは子どもが他人を尊重することを学ぶいい機会でもあるのに、とても残念に思いました。』

 自分の言葉が自分自身に返ってくることを、こういう人は気付きもしないんでしょう。

 しかしまあ、このエントリーはイヤミったらしい内容だな。私の頭の中も4歳児並みってことなんでしょう。

スポンサーサイト
カテゴリ:祭り・路上ライブ
だから「路上ライブ解放区」でも作れっちゅ~の
 こういうことが、必ず起きると思ってました。10月8日の朝日新聞朝刊から。

――――――

新宿駅前で無許可ライブ容疑、アイドルら10人書類送検

 東京・新宿駅前の路上で無許可でライブをしたとして、警視庁は8日、関西を拠点に活動する女性アイドルグループのメンバー7人を含む18~26歳の男女計10人を道路交通法違反(道路の不正使用)の疑いで書類送検し、発表した。

 メンバーの他に書類送検されたのは、グループ責任者の男(24)=大阪市=と、24~25歳のものまねタレントの男2人=同。

 新宿署によると、10人は8月13日午後1時20分から午後2時10分ごろまで、新宿区新宿3丁目のJR新宿駅南口前の歩道で、道路使用許可を得ずにライブを開いて客を集め、道路を不正に使用した疑いがある。

 グループはこれまでに少なくとも9回、新宿駅前で路上ライブを開きCDを販売。その都度、署が注意し、誓約書を書いていた。

 新宿駅周辺での路上ライブをめぐっては、今年に入って545件の苦情などが寄せられているという。

路上ライブ書類送検.jpg

――――――

 以前のエントリーに書いた通り、このままならそのうち、バカな自称ミュージシャンだのアイドルだのの間で、路上ライブをめぐって場所取りの喧嘩や殺人事件なんかも起きるんじゃないですかね。いや、もう起きてたりして。

 こういうことにならないよう、誰もが「道路は公共物である」という認識を持ち、「道路を私的に占有しない」よう心がけ、「違反した者は取り締まる」ことが必要なのに、日本人というのは「公共」という概念が理解できないのだからどうしようもありません。
 廃品回収車や移動販売車の騒音、デモや政治屋の演説、商店街のアナウンスやBGM(おまけに、おびただしい数の違法看板やはみ出し陳列!)まで、ライブに限らず日本の道路というのは「やりたい放題」の場所ですからね。

 「道路を私的に利用するな。路上ライブはやめろ」と言うと、「表現の自由をなんだと思ってるんだ!」などとわめく人間がたくさんいるようですが、公共の場である道路で大きな音を出さない、私的に占有しないというのは「表現の自由」ではなく「社会的規則」の話。「車は左、人は右」と同じ社会のルールの問題です。
 路上ライブができない=あらゆる表現活動ができないわけじゃないんだから、音楽をやりたい人間は自分でCDを作って売ったり、ライブハウスで演奏したりすればいいだけです。

 それでも、CDを作ったりライブハウスに出演したりするほどのカネも実力もない自称ミュージシャン連中が、「もっと手軽に、カネをかけずに演奏できる場所が欲しい」と考えるのも、わからなくはありません(ずいぶん自分勝手な望みだとは思いますがね)。
 だからこそ、行政や警察が「ここで演奏するならいいぞ」というしっかりしたルールのもとで、路上ライブ解放区を作ればいい。
 これも以前のエントリーに書いたことですが、新宿なら歌舞伎町のコマ劇場前なんかぴったりです。秋葉原も、どうせあれだけやかましくて、もう無茶苦茶な町になっているんだから、電気街の道路を路上ライブOKと正式に認めてしまえばいいんです。都内ならほかに、渋谷や池袋あたりに1カ所ずつあれば十分でしょう。

 もちろん、これらの場所を野放図に「路上ライブOK」にするのではなく、曜日や時間を区切り、申込み制にすること。先着順か抽選かなど細かいことはともかく、税金で整備された公共の道路を無料で使わせるのはおかしな話なので、演奏者からは1000円程度でも道路使用料を取るべきでしょうね。パーキングと同じことですよ。
 どうせなら、CDの売り上げや聴衆の「お布施」からも、その場で何%かマージンを取ったらどうですか? 警察や公務員のみなさんも裏金が作れてうはうはだ!

 もっとも大切なのは、近隣住民に「ここを路上ライブOKにしていいか」と聞いて100%の同意を得ること。コマ劇場周辺に住んでいる人がいるのかどうか知りませんが、秋葉原の場合、再開発された青果市場周辺には、まだ古くからの住民がいるので、その人たちの中から一人でも「迷惑だ」と反対されたら中止すべきでしょう。

 そういうふうに「ライブができる場所を作ってくれ」という声を上げず、路上で身勝手な演奏ばかりする自称ミュージシャン連中も、前向きなアイデア一つ出そうとせず、ただ誓約書(そんなもの、法的にどんな意味があんの?)を書かせ、従わなかったら見せしめに吊し上げるだけという警察も、知恵を出したり「公共とは何か」を考える力がなさすぎる。
 だいたい、今回の事件も「書類送検」で終わらせるだけじゃ、なんの抑止力にもならないんじゃないですかね。どうして「逮捕」しないのか理解に苦しみます。

 ところで、以前のエントリーで取り上げた朝日新聞の記事は、同じ新宿駅南口の路上ライブを情感たっぷりに褒めそやしていたわけですが、今回の事件を受けて、記事を書いた上沢博之という記者や朝日新聞は、路上ライブのあり方についてどう考えるのか。ぜひ聞いてみたいものです。
 あなたたちが褒めている路上ライブは、違法行為ですから~、残念!(古すぎる……)

カテゴリ:祭り・路上ライブ
祭りの本音は「絆」じゃなくて「金儲け」?
 祭り(の騒音)について、思うところをだらだら書きます。

 いよいよ夏祭りの季節になり、昨日、うちの近くの保育園で「子供祭り」が開かれました。近隣では、ほかに小学校の校庭でおこなわれる(やはり)子供祭りと、地域で一番大きな夏祭りが8月にあります。
 ほかにもいくつかの神社や公園で開かれる小規模な祭りはあるみたいですが、私の家に「音」の影響があるのはこの三つです。

 去年、保育園の子供祭りでは、いきなり大音量の「ソーラン節」が始まってしまい、その練習も含めてかなりうるさかったことはこのエントリーに書きました。
 1年たって、そんなことはすっかり忘れていましたが、今年は(なぜか)ソーラン節はなかったようです。それどころか、祭りをやっていることにこんな私でも、まったく気がつかなかったほど「静か」だったのです。それがなぜなのかはわかりませんが。

 しかし、夕方近くなって、どこからかハンドマイクで「*〒*○●〃♂〆∥#@§!」とがなり立てる声が。やや遠くからだったのではっきり聞こえませんでしたが、私はこれを共産党か共産党後援会か東京土建(騒音3バカトリオ)の演説だと思ってしまいました。
 「また来たか!」とうんざりしたものの、ちょうど仕事が一区切りついたばかりで疲れていたので、このまま近づいてきても「やめろ!」と言いに行く気力はありません。そこで、さっさと着替えてどこかへ避難することに決めました。

 ところが外に出ると、ハンドマイクの音は子供祭りの会場からとわかりました。そして、なんだ避難することはなかったと思うと同時に、やっぱり日本のスピーカー騒音に「やれやれ」とあきれてしまいました。

 ハンドマイクは「これから屋内で人形劇をおこないます! ご覧になられるお子さんや保護者の方は、保育園の中にお越しください!」とがなり立てているようでした。
 これがバカでかいのなんのという音量で。
 子供祭りは、保育園の園庭にたくさん屋台が並び、近隣の住民にも開放している祭りで、子供も大人も大勢集まっていました。ハンドマイクの音が聞こえるまで、どんな催しをやっていたのかわかりませんが、すぐ近くの家で仕事をしていた私がまったく気づかなかったので、今年はわりと「粛々とした」祭りだったんでしょう。

 別に祭りをやめろと言うつもりは一切ないし、年に一度のことなんだから、多少の音楽や歓声が聞こえてくるのは全然かまいません。でも、祭りそのものの音はほとんど聞こえてこなかったのに、職員のハンドマイクの音だけが飛び抜けて大きい。とにかくこれが、日本のスピーカー騒音の現実を表しているようで、なんとも腹立たしくなってしまいます。

 たいして大きな園庭じゃないんだから、「保育園の中にお越しください!」なんてわざわざハンドマイクで叫ばなくても、ちょっと大きな声で知らせれば、周りの人に十分聞こえるはずなのに。
 そして、その声を聞いた参加者が、知り合いでも知り合いじゃなくても「人形劇だそうですよ奥さん!」なんて声をかけあったり、屋台のおっさん(プロではなくおそらくボランティアの住民)が「人形劇だって。行っておいで」なんて子供に言ってあげたりするほうが、よほど「地域の絆」を作ることになるんじゃないかと私は思うんですけどね。
 そういうことを考えるより、てっとり早くハンドマイクを使って「*〒*○●〃♂〆∥#@§!」とがなり立て、軍隊のように一律に行動させることを無意識のうちにでも選んでしまうんだから、これぞ日本のスピーカー騒音の典型的な現象でしょう。

 その後、祭りは夜7時半くらいまで「東京音頭」を踊ってお開きになったようです。この音頭はもちろんうちにも聞こえてきましたが、耳をつんざく大音量というわけでもなかったし、別に全然かまわないです。あまり夜遅くまでやられたらいろいろ考えたでしょうが、7時半くらいなら許容範囲だと思いますし。

 それにしても、祭りの音は(ハンドマイクと東京音頭を除けば)たいしたことがないのに、日頃、この保育園から聞こえてくる子供の奇声、絶叫は凄まじいけたたましさ。これが逆ならわかるのですが、どうしてそんな「ねじれ現象」を生んでしまうのか、正直なところ私には理解できません。

 そういえば、うちの地域で一番大きな祭りは、数年前まで1㎞以上に渡って道路を歩行者天国にしておこなわれていました。
 ところが、協賛している商店街のうち、周縁地域の商店街が「メリットがない(つまり客寄せにならない、金儲けにならない)」ということで、協賛から降りてしまったそうです。
 そのせいで、祭りの会場は3分の2程度の大きさになり(やっていることは変わらないので「密度」が高くなった)、何より協賛金が確保できなくなって、主催者は試行錯誤しているようです。

 私はこういう話を聞くと「『祭りで地域の絆を作ろう!』なんて美しいこと言ってるけど、金儲けにならないとわかったとたん、さっさと降りてしまうんだから、ずいぶん現金なものですね」と思ってしまいます。
 我ながらちょっと皮肉が過ぎるとは思いますが、日頃、この手の「音」に苦情を言うと「人と人との繋がりは大切だぞお」「人は一人では生きられないんだよ」なんて、いかにも善人が悪党を裁いたり、諭したりするような建前ばかり言ってくるのが日本の社会です。

 その善人が本音では「金にならないとわかれば、さっさと祭りを拒否する」んだから、なかなか面白いものです。やっぱり、ちょっと皮肉が過ぎるとは思いますが、そう思ってしまうものは仕方ありません。
 「地域、地域」なんて言うわりに、私が「こんなに町を汚してるんですよ」と指摘する不動産業者の違法看板については、なんの問題意識も持たないしね。

 この祭りは、300m以上離れた私の家にも聞こえてくるほどの大音量でカラオケの音を響かせたり、「いくらなんでも考えてほしい」という点が多々ありました。それらのあまりにも過剰な「音」については2年前のエントリーに書きましたが、その後、主催者に電話で苦情と要望を伝えました。
 そのときに聞いた話では、私よりもっと会場の近くに住んでいる人たちから、祭りの最中に何本も「うるさすぎる!」というクレームがあったそうです。

 去年の祭りでは、その苦情が受け入れられたのか、それとも「たまたま」なのかどうかわかりませんが、一昨年より聞こえてくる「音」が控えめで、これならそれほど苦痛を感じなくて済む、というレベルになっていました。
 今年はどうなることやら。

カテゴリ:祭り・路上ライブ
10km先まで響いてきた大島優子コンサート
 昨夜、大島優子とかいう人のコンサートの音が、ものすごくうるさかったんですが。ちなみにうちは、そのコンサートが行われた味の素スタジアムから、直線距離で10kmは離れています……。

 夜6時頃、ズンズンズンズン耳障りな重低音が響いているのに気づきました。最初は、近所の誰かがステレオでも鳴らしているのかと思い「鬱陶しいな」と腹を立てていたのですが、それにしてはなんというか、音の伝わり方が「近所のステレオ」という感じではない。

 7時過ぎ、ベランダに出てみると、やっぱり「近所の音が響いている」というより、「そこら中の空気が、ズンズンズンズン振動している」という感じで、音源がものすごく大きく、しかも、かなり遠くにありそうでした。
 たまたま空を見たら味スタ方面でレーザー光線が光っていたので、もしやと思いホームページを見ると「大島優子コンサート」と書いてあったので納得。まず間違いないでしょう。

 間違いないと言っても、本当は「10kmも離れているのに」と半信半疑だったのですが、うちの近所にはイベント会場などないこと、レーザー光線の見える方向が味スタ方面だったこと、音とコンサートの時間帯がぴったり合っていたことなどを考えると、やはりこのコンサートが騒音の原因と判断して間違いないと思います。

 その後、重低音は8時過ぎに一旦収まったものの、9時前からまたうるさくなり、ようやく静かになったのは9時半頃。何考えてんだかまったく。

 私は以前、調布市の仙川という、味スタから5㎞ほどの町に住んでいたことがあります。当時も年に何度かコンサートの重低音が響いてきて、メロディーがはっきり聞き取れることもあったので、味スタからだとすぐにわかりました。
 今、住んでいる場所に引っ越してからも、「なんだ、この鬱陶しい重低音は」と思うことは何度もあったのですが、どこが音源なのかわからず、ずっともやもやしていました。
 うちから数㎞のところにある大学が、学園祭でもしているのかと思ったこともあるのですが、それにしては夜だし、学園祭でこんなところまで響く音を出すのもおかしいし、と考え込んだこともありましたが、全部、味スタからの音だったのか……。

 今回、レーザー光線が見えたので味スタからだとわかりましたが、それはたまたま空を見上げてレーザー光線が目に入ったからです。これに気づかなかったら、音源がどこなのかわからないままだったでしょう。

 市街地で、ここまで大きな音を鳴らしてコンサートを、しかも夜9時半まで続けることが許されてしまうなんて、どういうことなんだろう。今、いちいちコンサートやイベントなどの騒音規制について調べるつもりはありませんが、どうせなんの規制もないか、あっても「まあ、それはそれとしてですね」で処理してしまうんでしょうね、この騒音鈍感大国の人たちは。
 そんなに大音量でコンサートをしたいなら、どこか太平洋の無人島にでもイベント会場を建てて、そこで思いきり騒いでくれないものかね。

 それにしても、私なんかよりもっと味スタの近くに住んでいる人たちは、この音が平気なんでしょうか。ツイッターで検索してみたら、「今日の味スタは、いつもよりうるさい」という書き込みがいくつかありましたが、大量にというほどでもありませんでした。
 でも、10㎞離れたところにいる私が言っても信憑性がないかもしれませんが、昨日のコンサートは、やっぱり「いつもよりうるさかった」と思いますよ。

 で、大島優子って誰?

カテゴリ:祭り・路上ライブ
ほんとに怖~い「団地祭」騒音
知人から見せられた、団地関係の新聞に載っていた記事。グリーンタウン久米川という団地で行われた「団地祭」の様子だそうです。

グリーンタウン久米川.jpg

人が暮らしている部屋の目の前(というか周囲は全部、部屋に囲まれているわけでしょう)で、「力強い太鼓の音」「大正琴の調べ」「父ちゃんバンド」などが、とてつもない音を出し続けるそうです。
知人はこの団地に住んでいるのですが、祭の日はとても自分の部屋にいられないので、必ず逃げ出すことにしているとか。ほかにもそういう住人は少なからずいるそうです。

団地というところは、ただでさえ音が反響しやすい場所だろうに、ここまで部屋の真ん前で楽器を鳴らし、マイクをつかんでがなり立てれば、そりゃあうるさいでしょう。
せめてアンプやスピーカーなど使わずに、生の音だけが聞こえるもっと落ち着いた祭をするか、ここまでやるなら広い公園を借りるかすればいいのに。
どうして日本人は、こういう自分たちが住んでいる住環境のことすら顧みず、いかにも血圧が上がりそうなことをするのが大好きなんでしょうか。

なお、本会の機関誌『AMENITY』31号には、こういう団地に住んで騒音に悩まされ続けている会員の座談会、「ほんとに怖~い団地騒音」が載っています。読んでいるだけですぅーっと気が遠くなってきます。

カテゴリ:祭り・路上ライブ
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  >  祭り・路上ライブ

■プロフィール

Author:H・K
市民グループ「静かな街を考える会」会員H・Kのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。