「静かな街を考える会」の紹介
●わたしたちの主張

日本人は静けさを愛する国民と言われてきました。しかし、今日の日本はまさに「音」の洪水であり、それが私たちの心の安らぎを奪っています。そこで、私たちは生活環境をより快適にするために、公共空間における拡声器音を減らそうという運動を続けています。

当会が対象とする拡声器音とは次の様なものです。

1.移動営業車の商業宣伝
2.商店街における店頭放送・街頭放送・音楽
3.観光地などにおける音楽・宣伝放送
4.警察や役所など公共機関が行う注意・お知らせ放送
5.交通機関における大音量の過剰アナウンス
6.学校が流す大音量の校内放送・チャイム
7.選挙時の連呼など種々の営業外宣伝活動

私たちは、これら公共の場所における拡声器の暴力性を一人でも多くの方が認識して下さるよう訴えると共に、安易な拡声器の使用を止めて下さるようお願いするものです。

会は1984年の結成(旧名称・拡声器騒音を考える会)以来、機関誌『AMENITY』を発行したり、ミーティング(親睦会)を開いたり、ホームページを運営したりして活動を続けています。ぜひ、詳細をご覧ください。

「ストップ・ザ・ノイズハラスメント!」

音も環境問題の一つです。
「静穏権」の大切さについて、もっと真剣に考えてみませんか?


『AMENITY』36号

関連記事
カテゴリ:「静かな街を考える会」について
『AMENITY』36号発行のお知らせ
静かな街を考える会は
35年の歴史があって
先生方も超一流
機関誌『AMENITY』を読むだけで
読むだけで 読むだけで……
まあ 読んだからって何が変わるわけじゃないけどね!

 というわけで、『AMENITY』36号は2018年10月発行。購読のお申し込みは会のホームページからどうぞ。購読料は発送1回につき何冊でも1000円。同時にバックナンバーを注文しても、発送1回あたり1000円でお送りします(送料を負担していただく場合あり)。
 36号の内容は下記のとおり。

●東京メトロの車内BGMの行方は C.J.ディーガン……1
 2018年1月から始まった、東京メトロ日比谷線の車内BGM。これを紙面で大きく取り上げた東京新聞へ、会員に呼びかけてメールや電話で「うるさい。不要だ」と意見を伝えてもらった。

●東京メトロのBGM放送が終了していた 香山弘行……4
 車内BGMの苦情を東京メトロにメールで送信。すると、7月31日に「BGMの試験放送は終了した」という返事がきた。いつ終了したのか尋ねると「非公開」という。ひとまずほっとすると同時に、いつ「試験放送を終え、本格的な放送を始めます」となってもおかしくないと危惧する。

●京都の多言語の救急車 C.J.ディーガン……8
 京都・嵐山で、救急車のアナウンスを4カ国語に増やしたという新聞記事を読んだ。当局に問い合わせると「通行人が避ける効果があった」と言う。しかし、どんな国の人でもサイレンを鳴らせば緊急車両だとわかるはずだが……。

伊豆大島のヘリも騒音だけど、防災無線も騒音なんですが。 Sptaka……10
 伊豆大島では、自治体が報道機関にヘリコプターの飛行自粛を要請した。しかし本当にうるさいのは、その自治体が絶え間なく放送する防災無線だ。ブログからの転載。

●航空機は公害発生源です。 五味広美……12
 羽田空港に着陸する航空機が、人口密集地の上空を低空飛行する計画が進行中だ。騒音をはじめとするさまざまな被害が予想されるのに、住民の関心は薄い。

横浜市 防災無線未整備、検証へ タウンニュース……18
 防災無線がない横浜市。過去に「音が聞こえにくい」「100億円以上の費用がかかる」という理由で設置を見送ると決定したにもかかわらず、再び、整備に向け検討を始めたという。地域新聞の記事から抜粋。

●うるさい団地のチャイム、防災無線、東京メトロの車内BGM C.J.ディーガン、大嶋良子、岩永星路、安澤梨花、薄井欣一、森川由美、木村造之、香山弘行……20
 初参加の会員を迎えた会のミーティング。団地の屋上に設置されたスピーカーから、1日3回も放送されるチャイムに苦情を言うが、「ここのしきたりに従え」と自治会に言われる。大音量の防災無線に苦しみ市長に手紙を出すも「住んでいるのは、あなた一人じゃない」という返事しか来ない。そのほか東京メトロのBGMや大型ビジョンの放送、店員が繰り返す「いらっしゃいませこんにちはー」という“最初から返事を期待しない”無機質な挨拶まで、さまざまな騒音を語り合う。

●サービスとしての謝罪 吉田博道……34
 わずか1分の遅れで謝罪を繰り返す電車のアナウンスなど、「サービスとしての謝罪」は不快だ。こうした過剰な謝罪が日本の文化であり、決してなくならないと考えるだけで暗澹たる気持ちになる。

●新宿区の公園デモ規制に想う 合田寅彦……38
 さまざまなデモに参加してきた。しかし、宣伝カーばかり目立つ日本のデモに違和感を覚えるようになった。東京の新宿区が公園のデモ利用を規制するようだが、デモ参加者も拡声器の使用を自粛するなど、静かで表情の見えるデモをするよう考えるべきだ。

●車内BGMについて──なぜ不快なのか? 中島義道……40
 ほとんどの日本人は、痴漢やセクハラの不快は理解しても、セルフレジや車内BGMの騒音という不快を理解しようとしない。「やさしい人」の想像力は恐ろしくお粗末で、「公認された苦痛」しか認めようとしないのだ。

●静かな朝をこうして取り戻したの記 永井広……44
 資源ごみの回収日に始まった拡声器放送。突き止めると、隣町の町内会が回収を委託している業者によるものだった。似たような目に遭った過去の経験を生かして交渉し、自宅の近くではスピーカーのスイッチを切らせることに成功。静かな朝を取り戻した。

●「東京オリンピック」と「電車内アナウンス」 加賀野井秀一……46
 長々と言葉を重ねることが丁寧であると思い込んでいる日本人。東京オリンピックを機に電車の車内アナウンスを見直すというなら、必要最低限の内容を簡潔に放送するよう心がけるべきだ。

●電車の放送は過剰で、うるさい 新聞の読者投稿から……50
 新聞の紙面から、バスや電車の車内放送がうるさいという趣旨の読者投稿を抜粋。

●うるさいドイツ・オーストリアの諸局面 吉田修一……52
 ドイツやオーストリアは、カフェのBGMが日本とは比べものにならないほどやかましい。深夜に野外コンサートをするなど、特に音楽が絡むとうるさくなるようだ。

●九州の片隅から 古賀知行……56
 通信販売の商品を発送する封筒に、「静けさは文化のバロメーター」と書いたテープを貼ることにした。JR東日本が発車メロディーの音量を下げるテストを始めたそうだが、どうせなら聞き取れないアナウンスの整理まで進めて欲しい。「客が買い物に集中できなくなる」という理由で、子供服の西松屋がBGMを流していないと知ったがもっともだ。

Jアラートは火の用心 パオロ・マッツァリーノ……58
 Jアラートも火の用心も防犯パトロールも、危機管理に必要な情報を伝えないただの警報。情緒ですべてを解決しようとするからデマがはびこり、かえって人々が危険な行動に走ってしまうのだ。ブログからの転載。

●防災無線は役立つのか 新聞の切り抜きから……60
 防災無線の騒音や誤情報の放送について、新聞記事や読者投稿から抜粋。

『AMENITY』36号

関連記事
カテゴリ:「静かな街を考える会」について
選挙カーうるせえ、くだらねえ
 選挙カーうるせえ。幼稚、あさましい、くだらねえ、誇大広告、嘘つきばかり、日本語として意味不明、うぐいすばあさんのヒステリーは動物以下、馴れ馴れしく近寄ってくるな、食事も喉を通らない、仕事の邪魔、暮らしの迷惑、こんな制度は不要、奴らには絶対に投票しない、地獄、ストレスで死にそう、うんこちんちん。言いたいことは、ただそれだけだ!
 忙しいので詳しくは過去記事を。

関連記事
カテゴリ:政治家・団体・デモ
『AMENITY』35号発行のお知らせ
 いかんいかん。「なぜ人はおっさんになると、耳の穴から毛が生えてくるのか」という難問に悩み続けているうちに、本会の機関誌『AMENITY』35号の告知を1年近くさぼってしまいました。
 『AMENITY』35号は2017年10月発行。購読のお申し込みは会のホームページからどうぞ。購読料は発送1回につき何冊でも1000円。同時にバックナンバーを注文しても、発送1回あたり1000円でお送りします(送料を負担していただく場合あり)。

 35号の内容は下記のとおり。今なら、身に着けるだけで異性にモテモテ、宝くじにも大当たりと人気の「エジプトから来た、幸運を呼ぶ高枝切りばさみ」を10本、まとめて10本お付けします。わお、これはとってもお買い得ですね!

●拡声器騒音大戦争 その壱 vs共産党 香山弘行……1
 定期的に住宅地に現れ、ハンドマイクで演説を繰り返す「共産党後援会」との激しいバトル。自分たちの正義を大音量の演説で押し付けようとする老人たちとは、まったく話が噛み合わない。

過剰な謝罪アナウンスは違和感あり 松沢友紀……8
 事故が起きたりダイヤが乱れたりするたびに、しつこく繰り返されるJRの謝罪アナウンス。だがエスカレートする謝罪の連呼は、かえって乗客を不愉快にさせるだけだ。ブログからの転載。

●機械からのあいさつはイヤ C.J.ディーガン……12
 近所のスーパー・西友で始まった「イラッシャイマセ」「アリガトウゴザイマシタ」というスピーカーからの機械的な挨拶。なぜ、このような不快な音声を流すのか、店に問い合わせても意味不明な返事しか来ない。あらためて本社に手紙を送り電話をかけてみた。

●子供の声も騒音です(後半) 五味広美……16
 東京とその近郊から、4カ所の「静かそうな保育園」や「騒音の苦情がありそうな保育園」を選び、立地や運営方針、問題点などを調べた。

●犬とテレビと防災無線、そして新しい提案 秋沢勇次……23
 吠える犬の飼い主に苦情を言うと「犬は吠えて当然」と開き直り、警察に相談しても「田舎へ引っ越せばいい」と無視される。静かであるべき病院や薬局はテレビだらけ。週に一度だけで済んでいる防災無線の放送も、これから増やされる可能性がある。

●車内放送のフシギ 川浦康至……26
 自動放送で流される「挨拶」の車内放送など、ありがたくもなんともない。日本特有の駅名の2回放送も、「どうせ繰り返される」と真剣に聞く人を減らすだけだと指摘。

●増え続けるスピーカー騒音と「静かな街を考える会」の今後 C.J.ディーガン、吉田修一、大嶋良子、ジュリアン・ロング、岩永星路、安澤梨花、香山弘行……28
 初参加の会員を迎えた会のミーティング。救急車の過剰なサイレンや「お礼のアナウンス」、防災無線からの「子供を見守りましょう」、図書館での「飲食は禁止です」など、ありとあらゆる放送が増え続ける。そしてコンビニのように、人間の言葉すら機械的に「バカ丁寧化」していく現状にはうんざりする。

●日ごろの出来事 大嶋良子……38
 朝6時半からのラジオ体操、大音量の防災無線、夜10時頃まで続く広場で子供が遊ぶ声など、団地のさまざまな騒音について。

●背筋も凍る防犯対策に関する一考察 安澤梨花……40
 「不審者を見かけたら通報を」と繰り返す防災無線の放送や、乱立する「怪しいと思ったらすぐに110番」などの危険を煽る看板は、むしろ人々の不安感情を高め「不審者を捏造する」集団心理を生み出すようになる。

●聞こえているという神話 ウチダ サトシ……45
 さまざまな自治体や国の、防災無線に関する有効性の調査を分析。見えてきたのは「よく聞こえる」「なんとか聞こえる」を合わせても4割程度の結果を、驚くほどかさ上げし防災無線に「効果がある」と見せかけたい行政の思惑だった。

●防災無線騒音の被害者の叫び S.S.……50
 1日3回の音楽と、それ以上の回数で広報放送を流し続ける防災無線。市に相談しても対応を町内会に丸投げし、「大多数の賛成で立てたのだ」と言われる。やがてスピーカーの向きだけは変わったものの、「防災無線の音が聞こえない」という住民からの村八分が始まった。

●カルチャーショック 永井広……52
 語学の勉強会で日本人が「デパートの館内放送に感動した」と発表。しかし、ロシア人とドイツ人は口を揃えて「ああいうのはうるさい」「売り場のテープ音と重なって耳障りだ」と言う。知人のアメリカ人も、小学校の廃品回収車の放送を止めさせた。

●『うるさい日本の私』その後 中島義道……54
 『うるさい日本の私』の著者による現在の心境。拡声器騒音の原因の一つ「思いやりを」「優しさを」という掛け声がますます高まっている。もはや日本人にはまったく期待しない。「音」への抗議もほとんどせず、ただぼんやりと周囲を眺めているだけだ。

駅のアナウンスは過剰で不快! 旗本退屈爺……58
 駅にホームドアが設置されると、その説明のためにアナウンスが増える。過剰なアナウンスはひどくなる一方だ。こんな国は日本以外に知らない。喋りすぎは無言より情報が伝わらない。ブログからの転載。

●九州の片隅から 古賀知行……60
 九州の水害では「役に立たなかった防災無線」との報道があった。何を言っているのかわからずに戸を開けたら水が入ってきたという。幼稚園の騒音も「大きな声は元気な証拠」などという勘違いに無自覚だ。

『AMENITY』35号

関連記事
カテゴリ:「静かな街を考える会」について
NHK「球辞苑」の「音」の取り上げ方がピント外れ
 プロ野球のマニアックなプレーや記録を掘り下げるNHK BS1の「球辞苑」という番組を見ていたら、視聴者から1通しか応募がなかった少数派テーマの一つに「音」というのがありました。これをリクエストした「しんいちさん(70代・審判マニア)」のコメント。

──────

 一塁クロスプレーの判定をするうえで、「音」がひとつの判断要素であることを知っていますか? それはベースを踏む音と送球をキャッチする音です。昔の球場は静かでした。だからこの両方の音の時間差でアウト、セーフの判定ができました。野球は音のスポーツでもあります。バットとボールが当たる打撃の音。ボールを捕るキャッチの音。そして、アウト、セーフを判定する音。それらを楽しめるのが野球の醍醐味のひとつではないでしょうか?

──────

 しかしこのコメントを読み上げた後、司会のお笑い芸人も、ゲストだった元マリーンズの里崎も無反応。「音って審判側の音なんやなあ」という、お笑い芸人のピント外れな一言で終わりでした。
 でも、このコメントは明らかに「鉦や太鼓、トランペットをのべつまくなしに吹き鳴らし、応援歌を絶叫し続けるやかましい応援団の音」のことを指しているんだから、〈審判側の音〉ではなく「審判にすら聞こえない音」の問題に決まってるっしょ。けたたましい応援団のせいで選手や審判はプレーを妨害され、観客も野球観戦の楽しみを奪われていると言っているわけです。

 まあ、最大の問題は選手も審判もファンも、ほとんどがこのキチガイじみた応援のせいで〈野球の醍醐味〉を奪われていると思っていないところにあるのでしょう。それにもし思っていたとしても、うっかり批判的な意見を口にすれば「オレ様たちが必死の応援をしてやっているのに、それに文句を言う選手は裏切り者だ! 応援が嫌なファンはファンじゃねえし球場に来るな!」なんて罵声を浴びるだけ。怖くてとても口にできないだろうしね。

 以前のエントリーでも同じことを書きましたが、私はこの応援団の音(特に調子っぱずれなトランペットの音)が不愉快で、プロ野球の中継をまったく見なくなりました。スポーツニュースも見ません。それでもマニアックな記録の話は好きなのでこの番組は見ていますが、VTRで試合の模様が流れると、漏れなく「ぷっぷかぷうー」と耳障りなトランペットの音も付いてくるので、すぐにテレビの音量を下げ、VTRが終わるとまた上げるという涙ぐましい(バカバカしい)努力を続けています。
 もし、この番組でプロ野球の音について取り上げたとしても、どうせ「日本の応援はすばらしいですね!」なんて内容になるのは見え見えだから、そこはもう触らなくていいっすよ。

 本当は、この番組にはもう一つ不愉快な点があって、それはお笑い番組やバラエティー番組などと同じように、わざわざ録音した声を効果音として付け加えていることです。「わはははは」という大げさな笑い声や、「おー」だの「あー」だのというわざとらしい驚きの声を後付けする番組は願い下げ。ああいう押しつけがましい演出はやめてもらえないでしょうかねえ。

 それともう一つどうしても気になるのが、「プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち」というサブタイトルです。「~たち」という言葉は、本来、無生物や抽象的な事物には使わないはず。「人間たち」「犬たち」「トカゲたち」とは言っても「ボールペンたち」「建物たち」「ニュースたち」とは言わないのです。「キーワード」も抽象的な事物を指す言葉なのだから、「キーワードたち」と言われると、尻の穴を綿棒で撫でられるようなむずむずした感覚に襲われてしまいます。いや、それはそれで気持ちいいのか……。こんなのはじめて!

関連記事
カテゴリ:プロ野球の応援
TOP PAGE

 前のページ>>

 
■パンくずリスト

TOP PAGE  > 

■プロフィール

Author:S.B
市民グループ「静かな街を考える会」会員S.Bのブログ。日本の街にあふれるスピーカー騒音や絶叫騒音、うるさい接客、醜い景観などの問題について書き綴っています。

下記の「カテゴリ」から、気になるテーマを選ぶと読みやすいと思います。また「ブログ内検索」で検索すると、その言葉の含まれたエントリー一覧が表示されます。

「静かな街を考える会」については、このブログのトップエントリーで簡単にご説明しています。詳しくは「静かな街を考える会」のホームページをご覧ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■全記事表示リンク
■ブログ内検索

■会員の著書(上から順におすすめ)
■リンク
■RSSフィード
■QRコード

QR

■アクセスカウンター

FC2Ad